株式会社 協同病理
E
最終更新日:2016.02.17

We are not selling antibodies. / Nous ne vendons pas d'anticorps. / Wir verkaufen keinen Antikorper.
No vendemos un anticuerpo. / 我們沒銷售抗體 / мы не продавать антило.
 抗体は販売していません。


Anti- 抗体名 略称 別名 HOST CLONE名 適用
Human E-Cadherin E-Cd →Cadherin(E) Mouse 36B5 P*
Human Elastase, Macrophage MMP12 →MMP-12 Mouse 82902 P
Human Elastase, Neutrophil NEla →Neutrophil Elastase Mouse NP57 P
Human Elastin     Mouse BA-4 P*
Bovine* Elastin     Rabbit Poly P*
Human Emerin Eme   Mouse 4G5 F(P*)
Human Endoglin CD105 CD105 Mouse 4G11 P*
Human Enolase, γ-isozyme NSE →Neuron Specific Enolase Mouse BBS/NC/VI-H14 P
Human Eosinophil chemotactic protein-2(Eotaxin-2) CCL24 CCL24, MPIF-2, SCYA24, Ckb-6 Goat Poly P
Human Epidermal growth factor receptor EGFR →c-erbB-1, ERBB1, HER-1 Rabbit SP84 P*
Human Epithelial Antigen EA →Ber-EP4 Mouse Ber-EP4 P
Human Epithelial Membrane Antigen EMA Episialin,PEM Mouse E29 P
Human Epithelial Specific Antigen ESA Ep-CAM Mouse VU-1D9 P
Human Epstein-Barr virus Early small RNAs (EBERs) EBER EBERs
In Situ Hybridizatin
P
Human Epstein-Barr virus encoded
nuclear antigen2
EBNA2 EBV-NA2 Mouse PE2 P*
Human Epstein-Barr virus encoded LMP-1 LMP-1 →Latent Membrane Protein1 Mouse CS1-CS4 P*
Human E-selectin CD62E →LECAM-2,ELAM1 Mouse 1 2B6 F
Human Estradiol Est Es2.E2 Rabbit Poly P
Human Estrogen receptor (ER) ER ER1, ESR1, NR3A1 Mouse 6F11 P*
Human Estrogen receptor (ER) beta ERβ ER2, ESR2, NR3A2 Mouse EMR02 P*
Human Ets-1 oncoprotein Ets-1 E26 transformation specific-1 Mouse 1G11 P*
Human ERK(ERK1,ERK2) ERK →p44/42,→MAPK Mouse E10 P


E-Cadherin (Epithelial cadherin)
   別名:Uvomorulin,Cadherin-1,cell-CAM120/80,Arc-1,Liver cell adhesion molecule
E-Cadherin
E-Cad 直腸癌 X400
CadherinはCa++依存性の接着分子(Adhesion molecule)という意味で名付けられたように、Ca++イオンの存在下で接着活性を示しTrypsinなどによる分解に抵抗性をもつ。ほとんどの多細胞生物にみられる細胞間結合装置であるadherence junction(接着帯)における接着分子で、構造的に共通する多数の分子でファミリーを形成している。一般的に言われる「カドヘリン」はクラッシックカドヘリンと呼ばれ、I型とII型がある。I型にはE(上皮)型、N(神経)型、P(胎盤)型など10種類以上が知られており、 同一の型のもの同士が結合(homophilic結合)する性質がある。発生期における同一細胞の結合に関係するほか、特にE-カドヘリンは癌細胞における浸潤・転移に関わる ものとして注目されている。E-カドヘリンは16q22.1の遺伝子に支配される分子量123kDa前後(糖鎖の修飾により一定しない)の細胞膜貫通性の単鎖糖蛋白で、上皮細胞の細胞膜に分布している。細胞外に突き出したN末端側が相互に接着し、C末端側の細胞内ドメインでβ-cateninなどの細胞内蛋白と結合し接着能が調整されると考えられている。ホルマリン固定組織には熱処理が有効。
MGPWSRSLSA LLLLLQVSSW LCQEPEPCHP GFDAESYTFT VPRRHLERGR VLGRVNFEDC TGRQRTAYFS LDTRFKVGTD 
GVITVKRPLR FHNPQIHFLV YAWDSTYRKF STKVTLNTVG HHHRPPPHQA SVSGIQAELL TFPNSSPGLR RQKRDWVIPP 
ISCPENEKGP FPKNLVQIKS NKDKEGKVFY SITGQGADTP PVGVFIIERE TGWLKVTEPL DRERIATYTL FSHAVSSNGN 
AVEDPMEILI TVTDQNDNKP EFTQEVFKGS VMEGALPGTS VMEVTATDAD DDVNTYNAAI AYTILSQDPE LPDKNMFTIN 
RNTGVISVVT TGLDRESFPT YTLVVQAADL QGEGLSTTAT AVITVTDTND NPPIFNPTTY KGQVPENEAN VVITTLKVTD 
ADAPNTPAWE AVYTILNDDG GQFVVTTNPV NNDGILKTAK GLDFEAKQQY ILHVAVTNVV PFEVSLTTST ATVTVDVLDV 
NEAPIFVPPE KRVEVSEDFG VGQEITSYTA QEPDTFMEQK ITYRIWRDTA NWLEINPDTG AISTRAELDR EDFEHVKNST 
YTALIIATDN GSPVATGTGT LLLILSDVND NAPIPEPRTI FFCERNPKPQ VINIIDADLP PNTSPFTAEL THGASANWTI 
QYNDPTQESI ILKPKMALEV GDYKINLKLM DNQNKDQVTT LEVSVCDCEG AAGVCRKAQP VEAGLQIPAI LGILGGILAL 
LILILLLLLF LRRRAVVKEP LLPPEDDTRD NVYYYDEEGG GEEDQDFDLS QLHRGLDARP EVTRNDVAPT LMSVPRYLPR 
PANPDEIGNF IDENLKAADT DPTAPPYDSL LVFDYEGSGS EAASLSSLNS SESDKDQDYD YLNEWGNRFK KLADMYGGGE 
DD (155-882)                                        
	

E-Selectin (参考)
  【 S 】Selectin family の項参照

Early growth response protein 1(EGR-1, Egr-1)  (参考)
EGR-1
EGR-1 直腸癌 X400
EGR-1はマウスから発見された哺乳類の核内蛋白。構造的にzinc finger domainと呼ばれる亜鉛結合部を有しておりzinc finger protein 225とかZif268と呼ばれるほか、Nerve growth factor-induced protein A(NGFI-A),Krox-24,ZENK,TIS8,AT225等とも呼ばれる。ヒトでは543aa(unprocessed)、約57.5kDの核蛋白(Gene:NGFI-A, Chr:5q31)で、転写因子として細胞の増殖・分化に関与するほか、腫瘍抑制遺伝子としても注目されている。(リストから削除しました)
	
MAAAKAEMQL MSPLQISDPF GSFPHSPTMD NYPKLEEMML LSNGAPQFLG AAGAPEGSGS NSSSSSSGGG GGGGGGSNSS 
SSSSTFNPQA DTGEQPYEHL TAESFPDISL NNEKVLVETS YPSQTTRLPP ITYTGRFSLE PAPNSGNTLW PEPLFSLVSG 
LVSMTNPPAS SSSAPSPAAS SASASQSPPL SCAVPSNDSS PIYSAAPTFP TPNTDIFPEP QSQAFPGSAG TALQYPPPAY 
PAAKGGFQVP MIPDYLFPQQ QGDLGLGTPD QKPFQGLESR TQQPSLTPLS TIKAFATQSG SQDLKALNTS YQSQLIKPSR 
MRKYPNRPSK TPPHERPYAC PVESCDRRFS RSDELTRHIR IHTGQKPFQC RICMRNFSRS DHLTTHIRTH TGEKPFACDI 
CGRKFARSDE RKRHTKIHLR QKDKKADKSV VASSATSSLS SYPSPVATSY PSPVTTSYPS PATTSYPSPV PTSFSSPGSS 
TYPSPVHSGF PSPSVATTYS SVPPAFPAQV SSFPSSAVTN SFSASTGLSD MTATFSPRTI EIC 
                                (Equ:96%, Can,Sus,Bos,Ovi:94%, Rab:93%, Mus,Rat:91-90%)
        

Elastase,Macrophage (Macrophage elastase,MMP-12)  (別名:Metalloelastase)
M-elastase
M-elastase 皮膚 凍結 X800
マクロファージの細胞質より分泌される加水分解酵素(EC3.4.24.65,分子量は前駆体として約54000,Gene:11q22)で、金属(亜鉛)依存性に活性を示すのでMetalloelastase(Metalloendopeptidase)とも呼ばれる。即ち、Matrix metalloproteinase(MMP)に属するMMP-12でもある。基質特異性は低く、ペプチド結合の加水分解作用はElastinのみならず、FibronectinLamininCollagenの一部,α1ATMBPなどにも及ぶ。また、MMP-2MMP-3を活性化する作用も示す。
MKFLLILLLQ ATASGALPLN SSTSLEKNNV LFGERYLEKF YGLEINKLPV TKMKYSGNLM KEKIQEMQHF LGLKVTGQLD 
TSTLEMMHAP RCGVPDVHHF REMPGGPVWR KHYITYRINN YTPDMNREDV DYAIRKAFQV WSNVTPLKFS KINTGMADIL 
VVFARGAHGD FHAFDGKGGI LAHAFGPGSG IGGDAHFDED EFWTTHSGGT NLFLTAVHEI GHSLGLGHSS DPKAVMFPTY 
KYVDINTFRL SADDIRGIQS LYGDPKENQR LPNPDNSEPA LCDPNLSFDA VTTVGNKIFF FKDRFFWLKV SERPKTSVNL 
ISSLWPTLPS GIEAAYEIEA RNQVFLFKDD KYWLISNLRP EPNYPKSIHS FGFPNFVKKI DAAVFNPRFY RTYFFVDNQY 
WRYDERRQMM DPGYPKLITK NFQGIGPKID AVFYSKNKYY YFFQGSNQFE YDFLLQRITK TLKSNSWFGC (106-470)
        

Elastase,Neutrophil (Neutrophil elastase)  (別名:Leukocyte elastase,Medullasin)
N-elastase
N-elastase 結腸 X800
好中球の細胞質に含まれる分子量約26000の糖蛋白(Gene:19p13)で、ペプチド結合を加水分解するSerine endopeptidaseに属する酵素(EC3.4.21.37)。弾力線維の主たる蛋白であるElastinを分解する酵素という意味での名前ではあるが、基質特異性は低く、IL-8などの刺激により細胞質から放出されると(細菌のみでなく)様々な細胞外基質蛋白を分解して組織に障害を与える。慢性関節リウマチにおける軟骨の破壊や肺気腫、重症肺炎、敗血症に伴う肺障害などではSP-Aなどのサーファクタント活性の阻害にも関係する。 Elastase-2,Human leukocyte elastase(HLE),Lysosomal elastase,PMN elastase,Bone marrow serine protease,Medullasin(メラシン)とも呼ばれる。膵から分泌されるElastase(EC 3.4.21.36)との相同性は40%といわれるが、Metalloendopeptidaseに属するMacrophage elastase(MMP-12,EC3.4.24.65)とは異なる。
MTLGRRLACL FLACVLPALL LGGTALASEI VGGRRARPHA WPFMVSLQLR GGHFCGATLI APNFVMSAAH CVANVNVRAV 
RVVLGAHNLS RREPTRQVFA VQRIFENGYD PVNLLNDIVI LQLNGSATIN ANVQVAQLPA QGRRLGNGVQ CLAMGWGLLG 
RNRGIASVLQ ELNVTVVTSL CRRSNVCTLV RGRQAGVCFG DSGSPLVCNG LIHGIASFVR GGCASGLYPD AFAPVAQFVN 
WIDSIIQRSE DNPCPHPRDP DPASRTH (30-267)
        

Elastin (参考)
Elastin
Elastin 血管 X400
Elastin(64-70kDa,Gene:7q11.23;ELNは動脈壁、黄色靱帯、弾性軟骨、皮膚、肺、子宮などに含まれる弾性線維(Elastic fibrer)の主要な成分。加熱・弱酸・塩基に抵抗性で、trypsinでは消化されず、Elastase及び酸性下でPepsinにより消化される。構造に疎水性アミノ酸が多く、疎水性領域と架橋結合領域の特徴的な繰返し部分を有しており、37℃以上で立体構造が変化する。ヤツメウナギなどの円口類を除く全ての脊椎動物に存在するが選択的スプライシングが多く、特に非架橋結合領域で動物種間に特異性がある。可溶性の前駆体(Tropoelastin)として線維芽細胞や血管平滑筋細胞、軟骨細胞で合成分泌され、細胞外でリジルオキシダーゼの作用を受けて不溶性のコイル状蛋白となる。TGF-βIGF-1IL-1β等によって合成が促進され、EGF、VitaminC等で抑制される。 Elastinの遺伝子異常としては大動脈弁上狭窄(SVAS)、心奇形、肺気腫、膀胱憩室などを伴うWilliams-Beuren syndrome (WBS)がある。 ホルマリン固定組織でも可能だが、蛋白分解酵素処理時には比較的消化力の軽いTrypsinを用いたほうが無難であろう。isoformがあり使用する抗体によって種間交差性が異なることがあるので注意が必要。(リストから削除しました)
MAGLTAAAPR PGVLLLLLSI LHPSRPGGVP GAIPGGVPGG VFYPGAGLGA LGGGALGPGG KPLKPVPGGL AGAGLGAGLG 
AFPAVTFPGA LVPGGVADAA AAYKAAKAGA GLGGVPGVGG LGVSAGAVVP QPGAGVKPGK VPGVGLPGVY PGGVLPGARF 
PGVGVLPGVP TGAGVKPKAP GVGGAFAGIP GVGPFGGPQP GVPLGYPIKA PKLPGGYGLP YTTGKLPYGY GPGGVAGAAG 
KAGYPTGTGV GPQAAAAAAA KAAAKFGAGA AGVLPGVGGA GVPGVPGAIP GIGGIAGVGT PAAAAAAAAA AKAAKYGAAA 
GLVPGGPGFG PGVVGVPGAG VPGVGVPGAG IPVVPGAGIP GAAVPGVVSP EAAAKAAAKA AKYGARPGVG VGGIPTYGVG 
AGGFPGFGVG VGGIPGVAGV PSVGGVPGVG GVPGVGISPE AQAAAAAKAA KYGAAGAGVL GGLVPGPQAA VPGVPGTGGV 
PGVGTPAAAA AKAAAKAAQF GLVPGVGVAP GVGVAPGVGV APGVGLAPGV GVAPGVGVAP GVGVAPGIGP GGVAAAAKSA 
AKVAAKAQLR AAAGLGAGIP GLGVGVGVPG LGVGAGVPGL GVGAGVPGFG AGADEGVRRS LSPELREGDP SSSQHLPSTP 
SSPRVPGALA AAKAAKYGAA VPGVLGGLGA LGGVGIPGGV VGAGPAAAAA AAKAAAKAAQ FGLVGAAGLG GLGVGGLGVP 
GVGGLGGIPP AAAAKAAKYG AAGLGGVLGG AGQFPLGGVA ARPGFGLSPI FPGGACLGKA CGRKRK (27-786)
                                                    (Bos:56% Mus:56% Rat:56% Gal:45%)    
	

Emerin (参考)
Emerin
Emerin 骨格筋 X400
核膜にあってアクチンフィラメントとラミニンとを繋ぎ筋肉のような強い収縮をする細胞の核を保護する約34kDaの膜貫通型の蛋白。遺伝子がX染色体上(Xq28)にあるため、この欠損による拡張型心筋症を伴う筋ジストロフィーである Emery-Dreifuss muscular dystrophy (EDMD)は伴性遺伝する。また筋ジストロフィーを発症しない女性保因者においても心筋の不整脈や徐脈など刺激伝導系の異常がみられることより刺激伝導にも関係していると考えられている。ホルマリン固定組織では熱処理が必要で、正常心筋・骨格筋細胞の核に陽性となる。 → See 【 D 】 Dystrophin
(リストから削除しました)
MDNYADLSDT ELTTLLRRYN IPHGPVVGST RRLYEKKIFE YETQRRRLSP PSSSAASSYS FSDLNSTRGD ADMYDLPKKE 
DALLYQSKGY NDDYYEESYF TTRTYGEPES AGPSRAVRQS VTSFPDADAF HHQVHDDDLL SSSEEECKDR ERPMYGRDSA 
YQSITHYRPV SASRSSLDLS YYPTSSSTSF MSSSSSSSSW LTRRAIRPEN RAPGAGLGQD RQVPLWGQLL LFLVFVIVLF 
FIYHFMQAEE GNPF 
    

Endoglin (別名:CD105)
Endoglin
Endoglin X400
Endoglin(CD105)は血管内皮細胞に発現する約180kDaのホモ二量体膜貫通型糖蛋白(ヒトで658aa、マウスで653aa)で、 TGF-β受容体蛋白(III型)としてTGF-β1,β3に高い親和性をもち、ALK−Smadを介したシグナル伝達に関わる。 血管形成にも関与しており、そのコード遺伝子(9q33-q34.1;ENG )は常染色体性優性遺伝性疾患である遺伝性出血性末梢(毛細)血管拡張症1型(Hereditary hemorrhagic telangiectasia1:HHT1, Osler-Rendu-Weber syndrome 1:ORW1ともいう)の原因遺伝子として知られる。ホルマリン固定パラフィン切片(FFPE)では要熱処理。
MDRGTLPLAV ALLLASCSLS PTSLAETVHC DLQPVGPERG EVTYTTSQVS KGCVAQAPNA ILEVHVLFLE FPTGPSQLEL 
TLQASKQNGT WPREVLLVLS VNSSVFLHLQ ALGIPLHLAY NSSLVTFQEP PGVNTTELPS FPKTQILEWA AERGPITSAA 
ELNDPQSILL RLGQAQGSLS FCMLEASQDM GRTLEWRPRT PALVRGCHLE GVAGHKEAHI LRVLPGHSAG PRTVTVKVEL
SCAPGDLDAV LILQGPPYVS WLIDANHNMQ IWTTGEYSFK IFPEKNIRGF KLPDTPQGLL GEARMLNASI VASFVELPLA 
SIVSLHASSC GGRLQTSPAP IQTTPPKDTC SPELLMSLIQ TKCADDAMTL VLKKELVAHL KCTITGLTFW DPSCEAEDRG 
DKFVLRSAYS SCGMQVSASM ISNEAVVNIL SSSSPQRKKV HCLNMDSLSF QLGLYLSPHF LQASNTIEPG QQSFVQVRVS
PSVSEFLLQL DSCHLDLGPE GGTVELIQGR AAKGNCVSLL SPSPEGDPRF SFLLHFYTVP IPKTGTLSCT VALRPKTGSQ 
DQEVHRTVFM RLNIISPDLS GCTSKGLVLP AVLGITFGAF LIGALLTAAL WYIYSHTRSP SKREPVVAVA APASSESSST 
NHSIGSTQST PCSTSSMA (26-658)           (Bos:64% Sus:65% Mus:68% Rat:69% Gal:33%)
    

Eosinophil chemotactic protein 2 (Eotaxin-2) (別名:CCL24)
Eotaxin-2
Eotaxin-2   X400
Eotaxin-2(CCL24)はEotaxin-1(CCL11)、Eotaxin-3(CCL26)と同様に好酸球に対する選択的な化学的走化性(遊走活性)を有しアレルギー性炎症を増幅するC-C型ケモカイン(C-Cモチーフと呼ばれるCys-Cys配列を有する)のひとつ。Gene:7q11.23、3exon、前駆体として119aa、約13kDの分泌蛋白で、C-C motif chemokine ligand 24 (CCL24)、Myeloid progenitor inhibitory factor 2(MPIF-2)、Small inducible cytokine subfamily A,member 24(SCYA24)、CK-beta-6(Ckb-6)などとも呼ばれる。
MAGLMTIVTS LLFLGVCAHH IIPTGSVVIP SPCCMFFVSK RIPENRVVSY QLSSRSTCLK AGVIFTTKKG QQFCGDPKQE 
WVQRYMKNLD AKQKKASPRA RAVAVKGPVQ RYPGNQTTC (27-119)  (Can:63% Bos:63% Mus:60% Rat:56%)
    

Eosinophil Peroxidase (EPO,EPP)  (参考)
EPO
EPO 胸水 NewFucshin発色X400
好酸球に含まれる約78kDaの酵素(EC 1.11.1.)で遺伝子座は17番染色体。この抗体は赤血球の glutathione peroxidase、好中球のMPO、巨核球・血小板のPPOとは反応しないので好酸球・好酸球性白血病の同定に有用だが、残念ながらホルマリン固定材料では反応しない。凍結組織では可能だが、細胞塗抹標本の方が反応は強い。左の画像は95%アルコール固定、ALP標識、NewFuchsin発色の条件で行ったEosinophilic pleural effusion(EPE)(気胸症例)だが、塗抹標本ではかなり良い反応が得られる。 (この抗体は販売中止となり、リストから削除しました)

Epidermal growth factor (EGF) (参考)
EGF
EGF 唾液腺 X400
上皮細胞増殖因子。遺伝子は4q25上にあり、53個のアミノ酸からなる6kDaほどの蛋白。上皮系細胞を標的としその増殖と角化を誘導するが血管平滑筋・内皮細胞の増殖も促進する。 特に扁平上皮癌ではこれに対するレセプター(EGFR,c-erb B-1)の過剰発現がみられる。
(リストより削除しました)
971 NSDSECPLSH DGYCLHDGVC MYIEALDKYA CNCVVGYIGE RCQYRDLKWW ELR 1023 (pro-EGF 1185aa)
    

Epidermal growth factor receptor (EGFR)  (別名:c-erb B-1,HER-1)
EGFR
EGFR 肺癌 SCC X400 
→ see 【 C 】 c-erb B-1

Epithelial Membrane Antigens (EMA)  
EMA
EMA 結腸癌 X400
EMA(上皮膜抗原)と呼ばれるものは265〜400kDaほどの細胞膜上に存在するムチン型糖蛋白の分子群で、Episialin(MUC-1)を含むと思われる。 認識する抗原が単一の分子ではないため、同じような名称の抗体であってもクローンによって反応が若干異なることがある。種々の上皮細胞に検出され(特に乳管上皮など腺管細胞の表面に強い反応をみる) 上皮性腫瘍の鑑別に利用される。ただし、腫瘍では抗原構造に変化が起きることがあり全ての上皮性腫瘍で同じ反応性が得られるわけではない。特に扁平上皮系では反応は不均一で、また中皮腫や滑膜肉腫などでも反応することがある。

Epithelial Antigen (EA)  (clone:Ber-EP4)
Epithelial Specific Antigen (ESA)  (clone:VU-1D9) (参考)
Ber-EP4
Ber-EP4  X400
Epithelial Antigen(clone名:Ber-EP4)と呼ばれるものは分子量34あるいは39kDaほどの、 Epithelial Specific Antigen(clone名:VU-1D9)と呼ばれるものは約40kDaの細胞膜上の糖蛋白を認識する。ともにほとんど類似の反応を示し、重層扁平上皮の表層細胞、肝細胞、胃底腺の壁細胞などを除く種々の上皮細胞に検出され、特に乳管上皮など腺管細胞の表面に強い反応をみる。中皮細胞ではほとんど反応しない。
(ESA(VU-1D9)はリストより削除しました)
抗体の名称(1)
(EAとかESAとかは上皮細胞の鑑別に有用という「商品価値」を強調して付けられた名称であり、純粋な抗原蛋白名称というより「商品名」に近い。モノクローナル抗体の場合、cloneが違うものは別個の抗原基を認識することが多い。従ってclone名称で抗体を識別するのが本来望ましいのかもしれない。さりとてすべての抗体をclone名で呼ぶのは煩雑で覚えるのも困難である。だからEMAも含めてこういった名称で呼ばれるのもやむを得ないことと思うが、それはそれで余計な混乱や誤解を起こす可能性もなきにしも、と思うのだが...)

Epstein-Barr virus Early small RNAs (EBERs)
Epstein-Barr virus encoded Nuclear Antigen2 (EBNA2)
Epstein-Barr virus encoded Latent Membrane Protein1 (LMP-1)
EBER リンパ節
EBER リンパ節 X400
NBT/BCIP発色(核染無)
EBER リンパ節
EBER リンパ節 X400 DAB

EBNA2
EBNA2 胸壁腫瘍 X400

LMP-1
LMP-1 リンパ節 X400
Epstein-Barr virus(EBV)は1964年にEpsteinとBarrらによりバーキットリンパ腫の培養細胞から発見されたヘルペスウィルスに属するDNAウィルス(HHV-4;Gammaherpesviridae亜科,lymphocryptovirus属)で、 4層構造をした直径120-200nm前後の球状の粒子。咽頭の上皮細胞やBリンパ球などの細胞膜の補体受容体CR2がレセプターとなり細胞内に潜伏感染し、経口的に伝播する。咽頭炎や伝染性単核症、また上咽頭癌、Lymphomaなどの腫瘍の発生にも関係し、さらに胃癌との関連も注目されている。
EBERs(EBER1とEBER2)はEBV感染細胞の核内に存在する全長170bpほどの低分子RNAであり、免疫染色ではなくIn situ hybridization(ISH)法で検出する。核内に陽性。細胞1個あたりに10の6〜7乗・分子コピーと多量に存在するので パラフィン切片でも比較的検出感度が高い。(それでもEBERはRNaseにより経時的に分解されます。 薄切時に滅菌水を使うなど相応の注意がなされていない場合や薄切後時間の経過した切片では検出感度が低下します。)
EBNAはEBV遺伝子が作り出す感染細胞の核内特異的蛋白で、EBV-DNAの複製に必須の蛋白として比較的早期に発現する。EBNAには6種類あり、中でもEBNA2は感染 Bリンパ球の不死化(発ガン)に中心的な役割を果たすと考えられている。核内に染まるがEBNA1に比べEBNA2は陽性例が少ない。(下表参照)
LMP-1はEBV BNFL1遺伝子がコードする約63kDの膜蛋白でbcl -2を活性化しアポトーシスから感染細胞を守る働き、ICAM-1などの接着分子やCD23(細胞増殖因子レセプター) を増加させる働きなどをする。細胞障害性Tリンパ球(CTL)の標的蛋白でもある。細胞膜から細胞質内にドット状〜球状に染まる。

Latent type Disease EBERs EBNA1 LMP-1 EBNA2
Lat I (type I ) Burkittリンパ腫など
Lat II (type II ) 上咽頭癌 Hodgkinなど +/−
Lat III (type III) 膿胸リンパ腫など
ほとんどの人は幼児期にEBVに感染し多くは不顕性感染のまま感染細胞の核内に潜伏する。
潜在期に発現するEBV遺伝子は少なく、その特異的蛋白は9種類(核内蛋白6種、膜蛋白3種)と
いわれるが、全ての遺伝子が常に発現するのではなく、
発現する遺伝子(特にEBER,EBNA2,LMP-1の発現差)によって潜在期はLatT、LatII、LatIIIの3型に
分けられている。


Estradiol (Estrogen)  (参考)
Estrogen
Estrogen Thecoma X400
Estrogen
Oil Red Thecoma X400
Estrogenは、FSHLHhCGにより刺激され卵巣、胎盤、副腎でAndrogen (teststerone)からAromataseを触媒として合成されるステロイドホルモンで、 Estrone(E1)、Estradiol(E2)、Estriol(E3)があり卵胞ホルモンとも呼ばれる。女性ホルモンとして生殖器、乳腺の発育、機能促進に働くほか、腎、視床下部、肝臓などにも作用する。 その受容体(ER)は核内にあり遺伝子転写制御因子として機能する。卵巣性腺間質腫瘍(顆粒膜細胞腫、莢膜腫)で高値を示す。(2012年にリストより削除しました)

    
Estrogen receptor (ER) Estrogen receptor α(ERα, ER1, ESR1, NR3A1)
ER
ER 乳癌 X400
PgR
PgR 乳癌 X400
ステロイドホルモンであるEstrogenには乳腺や子宮内膜など特定の標的細胞に作用してその増殖を促進させる働きがあり、こうしたEstrogenの標的となる臓器に発生した癌の中にはEstrogenがその発育に深く関与しているものがある。そのようなEstrogen依存性増殖をする癌細胞の核内にはEstrogen受容体(ER)が強く発現している。ERは染色体6q24-27上の遺伝子にコードされる約180kDaの二量体で、PgRARと同じ核内受容体(NR)スーパーファミリーの一つ(NR3A1)として熱ショック蛋白と結合して核内に存在しており、 Estrogenと結合して活性化されるとDNA転写因子として作用しPgRや増殖因子となる特定の蛋白の生産を促す。従って乳癌などではER陽性であればEstrogenを抑制するか、あるいはERとの結合を阻害する内分泌療法によって腫瘍の増殖抑制・退縮効果が期待できる。ホルマリン固定標本でも熱処理によって可能で、DCC法などとの相関も良いが固定過剰の場合は反応が弱くなったり、時に細胞質に薄く反応することがある。
なお、1996年に新たにERβ(ER2/NR3A2)が発見されたのに伴い従来のERはERα(ER1/NR3A1)と呼ばれるが、単に「ER」と呼ぶときは一般にはERαを指す。
(2014.7.7よりcloneを6F11に変更しました)
MTMTLHTKAS GMALLHQIQG NELEPLNRPQ LKIPLERPLG EVYLDSSKPA VYNYPEGAAY EFNAAAAANA QVYGQTGLPY 
GPGSEAAAFG SNGLGGFPPL NSVSPSPLML LHPPPQLSPF LQPHGQQVPY YLENEPSGYT VREAGPPAFY RPNSDNRRQG 
GRERLASTND KGSMAMESAK ETRYCAVCND YASGYHYGVW SCEGCKAFFK RSIQGHNDYM CPATNQCTID KNRRKSCQAC 
RLRKCYEVGM MKGGIRKDRR GGRMLKHKRQ RDDGEGRGEV GSAGDMRAAN LWPSPLMIKR SKKNSLALSL TADQMVSALL 
DAEPPILYSE YDPTRPFSEA SMMGLLTNLA DRELVHMINW AKRVPGFVDL TLHDQVHLLE CAWLEILMIG LVWRSMEHPG 
KLLFAPNLLL DRNQGKCVEG MVEIFDMLLA TSSRFRMMNL QGEEFVCLKS IILLNSGVYT FLSSTLKSLE EKDHIHRVLD 
KITDTLIHLM AKAGLTLQQQ HQRLAQLLLI LSHIRHMSNK GMEHLYSMKC KNVVPLYDLL LEMLDAHRLH APTSRGGASV 
EETDQSHLAT AGSTSSHSLQ KYYITGEAEG FPATV
    
    
ER・PgR評価法の変遷
 ER・PgRの免疫組織化学的な結果の表記に関しては、我々は複数部位より腫瘍細胞の核を1000個以上観察して明瞭な陽性核数の比率を%で示してきたが、施設によっては最も良く反応している部分のみを選択して計数しているところもあった。また「陽性/陰性」の区分(いわゆる"Cut off")については10%のほかに5%や1%以上を境界とするなど様々であった。
 欧米での評価法のひとつとして「H score」というものも紹介されたが、これは個々の細胞の反応を、陰性=0、弱陽性=1、中等度陽性=2、強陽性=3に分類し、かつその細胞の割合(%)をそれぞれの1〜3の数値に掛けて得られたscoreを合計して、total score=50以下を「陰性」とする方法であった。(例えば強陽性細胞のみが17%以上あれば3X17=51で「陽性」となる。)しかし実際やってみるとかなり煩わしく、また1,2,3の区分が明確でないこともあって(再現性も悪い)、ほとんど普及しなかった。
 1999年に提唱された「Allred score」も基本的には似ているが、@陽性細胞の比率を"Proportion score"(PS)とし、陽性細胞数が 0 %であれば"score 0"、1/100以下であれば"score 1"、1/100〜1/10の範囲であれば"score 2"、1/10〜1/3の範囲は"score 3"、3/1〜2/3は"score 4"、2/3以上であれば"score 5"とする。Aさらに染色(呈色)性の強弱を"Intensity score"(IS)として、陰性を"score 0"、weak(弱陽性)を"score 1"、intermed.(中等度陽性)を"score 2"、Intense(強陽性)を"score 3"とする。BPSとISを足して"Total score"(TS)とし、TS=3以上を「ER陽性」とするというもので、これはある程度普及したようである。 このAllred scoreは、英国では「Quick score」(United Kigdom National External Quolity Assessment Service)として継承されている。
 一方、我が国においては、2006年に日本乳癌学会の研究班によって提示された「J-score」では、陽性細胞が見られなければ"score 0"、陽性細胞が腫瘍細胞の1%未満の場合は"score 1"、1%以上10%未満は"score 2"、10%以上は"score 3"(50%未満:3a、50%以上:3b)とし、score 0は「陰性」、score 1と2は「境界域」、score 3は「陽性」とされている。 (この詳細は、唐ほか;「病理と臨床」第29巻,臨時増刊,249-254,2011で解説されている)

    
Estrogen receptor beta (ERβ, ER2, ESR2, NR3A2) (参考)
1996年にラットの前立腺から発見されたERで、従来のER(ERα)と区別してERβ(NR3A2)と呼ばれる。遺伝子は14q21-22と、ERαとは異なっているが両者は特にDNA結合領域で構造的な相同性が高い。一方、特にC末端側(F domain)、次いでN末端側(A/B domain)で構造に差があり、ERβに対する抗体は主にC末端側のアミノ酸配列の一部をエピトープとするものが多い。 ERβには幾つかのisoform(1,2cx,2A,3,4,5,5A,6など)がある。また、両者は相同性が高いにも関わらず、ERβはαよりもEstrogen結合性が弱いと言われ、分布も卵巣、卵管、精巣、前立腺、脳、肺、腎など広範囲に及ぶとされている。 (リストより削除しました)     
MSSSLSPTLQ TVNGMDQDEP LPLFPSHYPT ALGVDRGTVC IPSPYADNGH AEMSFCGPSA PENPAIAPPL SPSLFWSSHN 
PHAMPALPLH CPPALPYSEP HIHTAWVDTK PHTSGRHSSF LSRPKLFGKR PEDGDGDEAL DDDDPSSSSS GAVVKRDMHF 
CVVCHDYASG YHYGVWSCEG CKAFFKRSIQ GHNDYICPAT NQCTIDKNRR KSCQACRLRK CYEMGMMKCG ARRERCGYRA 
SRRTAPMRDG SARPVGVRGQ SQRLPHTPLH VSLSIPVSRA SAESGFSGLS PEQLVYCILE AEPPQIYLKQ QMKKPYTEST 
VMMSLTQLAD KELVLMISWA KKIPGFVELS LAHQVQLLEC CWLEVLMLGL MWRSIDHPGK LIFSLDLKLN RDEGNCVEGI 
MEIFDMLLAG SSRFRELKLQ KEEYVCLKAL ILLNSSMYMT SSACEKDLES RTKLLRLLDA VTDALVWAIS RTGLSTQQQS 
ARLAHLLMLL SHIRHLSNKG MEHLSSMKRK NVVLLYDLLL EMLDANMAQS RHVSTSVCTD PVTPATSPNT PLPPQLHSPV 
AHHVTQVNES QCSQE 
    
Ets-1 (E26 transformation specific-1) oncoprotein (参考)
Ets-1
Ets-1 扁桃 X400
ニワトリの赤白血病ウィルスE26のもつ発癌遺伝子v-ets に対応するc-ets-1(11q23.3)はヒトでも t (4;11)を示すALL(L1,L2)や t (9;11)を示すAML(M4,M5)に関連する遺伝子とされている。これがコードする441aaのEts-1蛋白は本来、細胞外基質の再構築に関係する遺伝子の発現を調節する転写因子で、特にMMP-1,3,9,Integrinβ3PTHrpc-MetVEGFなどの発現を促進する働きをする核内蛋白である。胎生期のtrophoblast、神経堤、血管などに一過性に発現し、生後は通常リンパ球に発現しているが、低酸素下にHIF-1により、或いはVEGFbFGFによりERK1/2の活性化を介して発現が誘導され血管新生や腫瘍細胞の間質浸潤に関係する。腫瘍細胞(胃癌、乳癌、悪性黒色腫などでの発現率が高い)におけるその発現はstageと相関すると言われている。 熱処理によりホルマリン固定組織でも可能。 なお、Ets-1はC末端側(335-415)にDNA結合ドメインを有しており、 Elf、Elk、Ergなどこれと共通したDNAモチーフ(3'-GGAA-5'を中心とする構造)を認識するEtsドメインを有する転写因子群はEts遺伝子ファミリーと呼ばれている。 (リストより削除しました)
MKAAVDLKPT LTIIKTEKVD LELFPSPDME CADVPLLTPS SKEMMSQALK ATFSGFTKEQ QRLGIPKDPR QWTETHVRDW 
VMWAVNEFSL KGVDFQKFCM NGAALCALGK DCFLELAPDF VGDILWEHLE ILQKEDVKPY QVNGVNPAYP ESRYTSDYFI 
SYGIEHAQCV PPSEFSEPSF ITESYQTLHP ISSEELLSLK YENDYPSVIL RDPLQTDTLQ NDYFAIKQEV VTPDNMCMGR 
TSRGKLGGQD SFESIESYDS CDRLTQSWSS QSSFNSLQRV PSYDSFDSED YPAALPNHKP KGTFKDYVRD RADLNKDKPV 
IPAAALAGYT GSGPIQLWQF LLELLTDKSC QSFISWTGDG WEFKLSDPDE VARRWGKRKN KPKMNYEKLS RGLRYYYDKN 
IIHKTAGKRY VYRFVCDLQS LLGYTPEELH AMLDVKPDAD E         (Rab:95% Mus:94% Rat:95% Gal:93%)
    

Extracellular signal regulated kinase 1,2 (ERK1/2,Erk1/2,MAPK p44/42) (参考)
ERK
ERK1/2 肺癌 X400
p38JNK/SAPK等と共にMAPKファミリーに属する 44kD(p44)と42kD(p42)の相同性の高い分子はそれぞれERK-1(Extracellular signal regulated kinase 1,Gene:16p11.2)及びERK-2(Gene:22q11.2)と呼ばれる。(総称して"classic MAPK"などと言われたりもする) 活性酸素による酸化ストレスやTNFαなどのサイトカインの刺激、受容体型チロシンキナーゼを介したEGFFGFの増殖刺激により燐酸化されて活性化するセリン/スレオニンキナーゼ(EC:2.7.11.24)。活性化するとシグナル伝達分子として細胞質から核内に移行しCyclin D1の遺伝子発現を促して細胞を増殖させるほか細胞の分化にも関係している。また、シグナル伝達経路にrasなどの「癌遺伝子」産物を含むところから細胞の癌化との関連も注目されている。ホルマリン固定組織でも可で、核〜細胞質に反応、マウス・ラット・ハムスターとも交差する。 (リストより削除しました)
ややこしいことに別名として、ERK-1はERT-2、ERK-2はERT-1とも呼ばれるほか、ERK-1:Mitogen-activated protein kinase 3(MAPK3)、Microtubule-associated protein 2 kinase、Insulin-stimulated MAP2 kinase、ERK-2:Mitogen-activated protein kinase 1ともMAPK2とも呼ばれており共にひっくるめないと非常に紛らわしい。
 
ERK1   MAAAAAQGGG GGEPRRTEGV GPGVPGEVEM VKGQPFDVGP RYTQLQYIGE GAYGMVSSAY DHVRKTRVAI KKISPFEHQT 
       YCQRTLREIQ ILLRFRHENV IGIRDILRAS TLEAMRDVYI VQDLMETDLY KLLKSQQLSN DHICYFLYQI LRGLKYIHSA 
       NVLHRDLKPS NLLINTTCDL KICDFGLARI ADPEHDHTGF LTEYVATRWY RAPEIMLNSK GYTKSIDIWS VGCILAEMLS 
       NRPIFPGKHY LDQLNHILGI LGSPSQEDLN CIINMKARNY LQSLPSKTKV AWAKLFPKSD SKALDLLDRM LTFNPNKRIT 
       VEEALAHPYL EQYYDPTDEP VAEEPFTFAM ELDDLPKERL KELIFQETAR FQPGVLEAP 
 
ERK2   AAAAAAGAGP EMVRGQVFDV GPRYTNLSYI GEGAYGMVCS AYDNVNKVRV AIKKISPFEH QTYCQRTLRE IKILLRFRHE 
       NIIGINDIIR APTIEQMKDV YIVQDLMETD LYKLLKTQHL SNDHICYFLY QILRGLKYIH SANVLHRDLK PSNLLLNTTC 
       DLKICDFGLA RVADPDHDHT GFLTEYVATR WYRAPEIMLN SKGYTKSIDI WSVGCILAEM LSNRPIFPGK HYLDQLNHIL 
       GILGSPSQED LNCIINLKAR NYLLSLPHKN KVPWNRLFPN ADSKALDLLD KMLTFNPHKR IEVEQALAHP YLEQYYDPSD 
       EPIAEAPFKF DMELDDLPKE KLKELIFEET ARFQPGYRS