株式会社 協同病理
B
最終更新日:2014.07.10

We are not selling antibodies. / Nous ne vendons pas d'anticorps. / Wir verkaufen keinen Antikorper.
No vendemos un anticuerpo. / 我們沒銷售抗體 / мы не продавать антило.
 抗体は販売していません。


Anti- 抗体名 略称 別名 HOST CLONE名 適用
Human B7-1 CD80 →CD80 Mouse MAB104 P
Human β-Catenin bCte →Catenin,β Mouse 17C2 P*
Human β-Galactosidase b-Gal   Rabbitt Poly P*
Human β-Galactoside binding lectin Gal3 →Galectin 3,CBP35,GALBP Mouse 9C4 P*
Human β2-Microglobulin β2M   Rabbit Poly P
  Bacillus Callmette Guerin BCG →Mycobacterium bovis Rabbit Poly P
H/M/R basic FGF bFGF →FGF-2 Rabbit Poly P
Human bcl -1 Cy-D1 →Cyclin D1 (CCND1),→PRAD1 Rabbit SP4 P*
Human bcl -2 protein bcl-2 B-cell lymphoma 2, N-19 Mouse 3.1 P*
Human bcl -6 protein bcl-6 BCL6,LAZ3,ZFP51,ZBTB27 Mouse LN22 P*
Human Ber-EP4 EA →EA Mouse Ber-EP4 P
Human Ber-H2 CD30 →CD30,→Ki-1 Mouse Ber-H2 P
  Biotin Bio   Rabbit Poly P
Human Blood group antigen A Anti-A  BG-2 Mouse T36 P
Human Blood group antigen B Anti-B  BG-3 Mouse CLCP19B P
Human Blood group antigen H Anti-H   Mouse 92FRA2 P
  Bromodeoxyuridine(BrdU) BrdU BrdUrd,5-bromo-2-deoxyuridine Mouse 131-14871 P*
Human BRST-2 GCDFP15 →GCDFP15,PIP,SABP,GP17 Mouse D6 P


Bacillus Callmette Guerin ( BCG )  ( 別名:Mycobacterium bovis ) (参考)
BCG
BCG 肺結核 X1000
BCG/Z-N
BCG/Z-N重染 X1000
結核の予防接種で知られるBCGはウシ型結核菌(M. bovis )の弱毒菌を用いる。(ちなみにCallmetteとGuerinは人名で、 彼らはこの菌を得るために13年間連続培養したという)本抗体はこれに対する抗体でヒト型(M. tuberculosis )を含む結核菌群の他、らい菌(M. leprae )、非定型抗酸菌(M. kansasii など)のMycobacterium属に陽性となる。抗酸菌の検出には一般的にZiehl-Neelsen(Z-N)染色が 用いられるが組織切片上では陰性のことが多く(特に線維化石灰化巣などでは)、またらい菌などは通常の方法では染まらないことが多いので サルコイドーシスなどとの鑑別にこの抗体による免疫組織化学的検索との併用は有用である。ただし、近縁菌である Corynebacterium属など他の菌との交差反応が知られていることと、Z-N染色とはかなり異なった染まり方をするので注意が必要。(菌体そのものはわかりにくい) Z-N染色との二重染色を行うと、抗酸菌を中心にかなり広範囲の周囲に存在する組織球の細胞質に顆粒状あるいは 泡沫状に陽性所見がみられる。おそらく貪食・消化された菌体成分に対する反応と思われる。ホルマリン固定組織可。
左図下は抗BCG抗体による酵素抗体法とZ-N染色との二重染色で、抗BCGを先に反応させた後にZ-N染色を行ったもの。(この順を逆にすると染分けが不鮮明となる。)画像が小さいのでわかりにくいかもしれないが、菌体そのものはカルポールフクシン(赤色)に強く染まり、周囲組織球の細胞質内のDAB発色部位はメチレンブルーがかぶって暗緑色調に見える。 (リストより削除しました。)

bcl -1 (BCL1)
   →  【 C 】 CyclinD1 の項参照

bcl -2 protein (BCL2)
bcl-2
bcl -2 LN X400
bcl -2遺伝子は染色体18q21.3にあり、t (14;18) (q32;q21)染色体転座をきたした濾胞性リンパ腫から発見されたため、B cell lymphoma/leukemiaに関連する癌遺伝子として「bcl」と名付けられた。これがコードする約26kDaの蛋白はApoptotic protease activating factor(Apaf)であるチトクロームC放出の抑制や Caspaseの活性化を抑制することによってApoptosis抑制因子として働くので、癌例での過剰発現は悪性度がより高いとする意見がある。ただし、二量体形成の際に同じbclファミリーに属するbaxなどとヘテロダイマーを形成すると逆にApoptosisを促進することも知られている。細胞質(核膜周囲を含む)に発現し、リンパ節マントルゾーンの細胞の他に、正常でも神経系、腸粘膜、表皮基底層などにみられることがある。熱処理が有効。 bcl-2α:bcl-2はスプライシングにより2つのタイプができるが、βの細胞内発現は確認されていない)
MAHAGRTGYD NREIVMKYIH YKLSQRGYEW DAGDVGAAPP GAAPAPGIFS SQPGHTPHPA ASRDPVARTS PLQTPAAPGA
AAGPALSPVP PVVHLTLRQA GDDFSRRYRR DFAEMSSQLH LTPFTARGRF ATVVEELFRD GVNWGRIVAF FEFGGVMCVE
SVNREMSPLV DNIALWMTEY LNRHLHTWIQ DNGGWDAFVE LYGPSMRPLF DFSWLSLKTL LSLALVGACI TLGAYLGHK 

bcl -2 associated X protein ( bax )  ( 別名:BAX,Bax ) (参考)
bax
bax 子宮体部癌 X400
免疫沈降法によってbcl -2 遺伝子産物(BCL2)と共に沈殿する約21kDaの蛋白。Gene:19q13.3-q13.4、スプライシングにより4つのisoformがある。ミトコンドリアからのCytochrome Cの遊離を促進しCaspaseを活性化させるなど bcl-2に拮抗する作用を示す。細胞内ではホモダイマー(bax/bax)か、bcl-2とのヘテロダイマー(bax/bcl-2)のニ量体を形成してApoptosisを調節しているが、p53によりbaxの発現が促進され、bcl-2より過剰になるとApoptosisが誘導される。細胞質に染まり、ホルマリン固定組織では熱処理が必要。(現在、リストより削除しています。)
α MDGSGEQPRG GGPTSSEQIM KTGALLLQGF IQDRAGRMGG EAPELALDPV PQDASTKKLS ECLKRIGDEL DSNMELQRMI
   AAVDTDSPRE VFFRVAADMF SDGNFNWGRV VALFYFASKL VLKALCTKVP ELIRTIMGWT LDFLRERLLG WIQDQGGWDG
   LLSYFGTPTW QTVTIFVAGV LTASLTIWKK MG 
 
β 161 LLKPPHPHHR ALTTAPAPPS LPPATPLGPW AFWSRSQWCP LPIFRSSDVV YNAFSLRV 

bcl -6 protein (BCL6) ( 別名:LAZ3, ZNF51, ZBTB27 )    
bcl-6
bcl -6 LN X400(右:拡大)
bcl -6遺伝子(3q27)のある3番染色体の転座を示すB細胞性リンパ腫から同定された706 aaの核蛋白で転写制御因子として働く。C末端側で6つのZink finger motifを有しており、Zinc finger protein 51(ZNF51)、Zinc finger and BTB domain-containing protein 27(ZBTB27)、lymphoma-associated zinc finger gene on chromosome3(LAZ3)とも呼ばれる。 正常ではリンパ組織胚中心の centroblastやcentrocyteに発現しており、濾胞性リンパ腫、びまん性大細胞性Bリンパ腫(DLBCL)、Burkittリンパ腫、リンパ球優勢型の結節型Hodgkin病等で遺伝子再構成がみられる場合に陽性となる。(クローン変更しました)
MASPADSCIQ FTRHASDVLL NLNRLRSRDI LTDVVIVVSR EQFRAHKTVL MACSGLFYSI FTDQLKCNLS VINLDPEINP 
EGFCILLDFM YTSRLNLREG NIMAVMATAM YLQMEHVVDT CRKFIKASEA EMVSAIKPPR EEFLNSRMLM PQDIMAYRGR 
EVVENNLPLR SAPGCESRAF APSLYSGLST PPASYSMYSH LPVSSLLFSD EEFRDVRMPV ANPFPKERAL PCDSARPVPG 
EYSRPTLEVS PNVCHSNIYS PKETIPEEAR SDMHYSVAEG LKPAAPSARN APYFPCDKAS KEEERPSSED EIALHFEPPN 
APLNRKGLVS PQSPQKSDCQ PNSPTESCSS KNACILQASG SPPAKSPTDP KACNWKKYKF IVLNSLNQNA KPEGPEQAEL 
GRLSPRAYTA PPACQPPMEP ENLDLQSPTK LSASGEDSTI PQASRLNNIV NRSMTGSPRS SSESHSPLYM HPPKCTSCGS 
QSPQHAEMCL HTAGPTFPEE MGETQSEYSD SSCENGAFFC NECDCRFSEE ASLKRHTLQT HSDKPYKCDR CQASFRYKGN 
LASHKTVHTG EKPYRCNICG AQFNRPANLK THTRIHSGEK PYKCETCGAR FVQVAHLRAH VLIHTGEKPY PCEICGTRFR 
HLQTLKSHLR IHTGEKPYHC EKCNLHFRHK SQLRLHLRQK HGAITNTKVQ YRVSATDLPP ELPKAC 
 

β-Amyloid protein   ( 別名:Amyloid-βprotein:Aβ,Amyloid beta A4 protein ) (参考)
β amyloid
βamyloid 脳動脈 X400
アミロイドβ蛋白(Aβ)は脳に沈着するアミロイドの主成分を成す4kDaほどのポリペプチドで、770aaの膜貫通糖蛋白である前駆体 Amyloidβ precursor protein(APP,ABPP,pre A4:770aa)の細胞外ドメインの一部が切断されてできる。切断部位によりアミノ酸残基は38〜43まであるが、40残基のもの(Aβ40)が多数を占めると言われる。アルツハイマー病の老人斑の中心部や脳 Amyloid angiopathy(脳血管アミロイドーシス:CAA)でのクモ膜下腔の動脈壁などに沈着が見られるほか、APPの遺伝子(APP,AD1)が21番染色体上(21q21.2)にあることからダウン症候群(21トリソミー)においても沈着がみられる。種間相同性は高く、ホルマリン固定組織でも可。なお、Aβにはα1-AntichymotrypsinApoEなどが結合し微量成分として含まれている。特にApo Eについては幾つかある種類の内、Apo E4がアルツハイマー病の危険因子といわれている。        → 【 A 】 Amyloidの項参照 (現在、リストより削除しています。)
MLPGLALLLL AAWTARALEV PTDGNAGLLA EPQIAMFCGR LNMHMNVQNG KWDSDPSGTK TCIDTKEGIL QYCQEVYPEL 
QITNVVEANQ PVTIQNWCKR GRKQCKTHPH FVIPYRCLVG EFVSDALLVP DKCKFLHQER MDVCETHLHW HTVAKETCSE 
KSTNLHDYGM LLPCGIDKFR GVEFVCCPLA EESDNVDSAD AEEDDSDVWW GGADTDYADG SEDKVVEVAE EEEVAEVEEE 
EADDDEDDED GDEVEEEAEE PYEEATERTT SIATTTTTTT ESVEEVVREV CSEQAETGPC RAMISRWYFD VTEGKCAPFF 
YGGCGGNRNN FDTEEYCMAV CGSAMSQSLL KTTQEPLARD PVKLPTTAAS TPDAVDKYLE TPGDENEHAH FQKAKERLEA 
KHRERMSQVM REWEEAERQA KNLPKADKKA VIQHFQEKVE SLEQEAANER QQLVETHMAR VEAMLNDRRR LALENYITAL 
QAVPPRPRHV FNMLKKYVRA EQKDRQHTLK HFEHVRMVDP KKAAQIRSQV MTHLRVIYER MNQSLSLLYN VPAVAEEIQD 
EVDELLQKEQ NYSDDVLANM ISEPRISYGN DALMPSLTET KTTVELLPVN GEFSLDDLQP WHSFGADSVP ANTENEVEPV 
DARPAADRGL TTRPGSGLTN IKTEEISEVK MDAEFRHDSG YEVHHQKLVF FAEDVGSNKG AIIGLMVGGV VIATVIVITL 
VMLKKKQYTS IHHGVVEVDA AVTPEERHLS KMQQNGYENP TYKFFEQMQN 	
(APP 672-711:Aβ40、672-713:Aβ42、Aβとして Bos:100、Sus:100、Rab:100、Gall:100%)
	

β-Catenin
   →  【 C 】 Catenin の項参照

β-Galactosidase (参考)
b-Gal
Beta-Gal 骨髄 X400
β-Galactosidase(β-Gal)は細胞内小器官であるLysosomeに含まれる加水分解酵素(EC 3.2.1.23)で、通常は微量しか存在しないが、基質となるβ-D-Galactosideなどが存在すると増加する誘導酵素(inducible enzyme)。遺伝子は3p21.33;GLB1 で、常染色体劣性遺伝病であるGM1 Gangliosidosis(Mucopolysaccharidosis type IVB:MPS-IVB/MPS4B,Morquio syndrome)では酵素欠損によりガングリオシド、糖タンパクGM1の蓄積が主として中枢神経系におこり、進行性の神経症状を呈する。 実際問題として臨床材料でのβ-Galの診断的意義は乏しい。むしろ(1)β-Galは通常の状態では内因性の発現量が微量であるため適切な発色基質があれば免疫染色(酵素抗体法)での標識酵素となり得る。(2)β-Galを発現する大腸菌由来のLacZ遺伝子をレポーター遺伝子とした細胞標識法での利用価値が高い。しかし後者についてはX-Galを用いた簡便な組織化学(酵素)染色キットが市販されており、免疫染色での需要は少ない。左図は4%PFA固定・EDTA脱灰1週間後に60℃パラフィン包埋したマウス骨髄組織で免疫染色を行ったもの。(リスト削除)
MPGFLVRILL LLLVLLLLGP TRGLRNATQR MFEIDYSRDS FLKDGQPFRY ISGSIHYSRV PRFYWKDRLL KMKMAGLNAI 
QTYVPWNFHE PWPGQYQFSE DHDVEYFLRL AHELGLLVIL RPGPYICAEW EMGGLPAWLL EKESILLRSS DPDYLAAVDK
WLGVLLPKMK PLLYQNGGPV ITVQVENEYG SYFACDFDYL RFLQKRFRHH LGDDVVLFTT DGAHKTFLKC GALQGLYTTV 
DFGTGSNITD AFLSQRKCEP KGPLINSEFY TGWLDHWGQP HSTIKTEAVA SSLYDILARG ASVNLYMFIG GTNFAYWNGA 
NSPYAAQPTS YDYDAPLSEA GDLTEKYFAL RNIIQKFEKV PEGPIPPSTP KFAYGKVTLE KLKTVGAALD ILCPSGPIKS 
LYPLTFIQVK QHYGFVLYRT TLPQDCSNPA PLSSPLNGVH DRAYVAVDGI PQGVLERNNV ITLNITGKAG ATLDLLVENM 
GRVNYGAYIN DFKGLVSNLT LSSNILTDWT IFPLDTEDAV RSHLGGWGHR DSGHHDEAWA HNSSNYTLPA FYMGNFSIPS 
GIPDLPQDTF IQFPGWTKGQ VWINGFNLGR YWPARGPQLT LFVPQHILMT SAPNTITVLE LEWAPCSSDD PELCAVTFVD 
RPVIGSSVTY DHPSKPVEKR LMPPPPQKNK DSWLDHV (29-677) 

β-Galactoside binding lectin   ( 別名:Galectin )
   →  【 G 】 Galectin 3 の項参照

β2-Microglobulin
Beta2MG
Beta2MG 滑膜 X400
β2-microglobulin(β2MG)は染色体15q21-q22.2上の遺伝子にコードされる約12kDa(11800)のポリペプチド(アミノ酸数99個)で HLA-A,B,C(MHC classI)の軽鎖として多くの有核細胞の表面に存在しているが、悪性腫瘍ではその減少・欠除がみられるという。また正常では腎臓で分解されるため、長期に渡る人工血液透析患者に手根管症候群、破壊性骨関節症や多発性関節炎などを起こすいわゆる透析アミロイドーシス(AH)での沈着蛋白の主要な成分でもあり、滑膜生検などでの同症の診断に有用である。なお、他のアミロイドの主要成分は前駆蛋白からの変性物であることが多いがβ2MGの場合は正常分子構造のまま沈着する。 ホルマリン固定組織可だが、HLA class Iの発現が増強している場合や血漿蛋白の漏出がある場合は沈着部以外にも過染しやすいので注意。Trypsin処理で軽減されることがある。
 → 【 A 】 Amyloidの項参照
MSRSVALAVL ALLSLSGLEA IQRTPKIQVY SRHPAENGKS NFLNCYVSGF HPSDIEVDLL KNGERIEKVE HSDLSFSKDW 
SFYLLYYTEF TPTEKDEYAC RVNHVTLSQP KIVKWDRDM (21-119) 

β-Tubulin (参考)
   →  【 T 】 Tubuin の項参照

(Human) Blood group related antigen A (BG-2:type 1 & 2 chain)
(Human) Blood group related antigen B (BG-3:type 2 chain)
抗A
抗A 胃生検 A型 X400
抗B
抗B 胃生検 A型 X400
抗H
抗H 胃生検 A型 X400
ABO式血液型物質は染色体9q 34上の遺伝子に支配される糖蛋白で、赤血球、血管内皮、上皮細胞の細胞膜表面にみられる。この糖蛋白の糖鎖基本構造はGalactose(Gal)とN-acethylglucosamine(GlcNAc)の結合で、そのGal還元末端側にFucose(Fuc)が結合したものがO型の糖鎖であるH物質で、これにさらにA型物質ではN-acethylgalactosamine(GalNAc)が、B型物質はGalが結合したものである。 (なお、GlcNAcの側にFucが結合するとLewis A(Lea)となり、さらにこれの Gal側にFucが結合してLewis B(Leb)となる)
細胞膜表面の糖蛋白は分泌型では唾液や胃液など分泌物にも含まれており、これらの細胞や分泌物を含む組織切片上でも免疫組織化学を用いて血液型を確認できるので、血液型既知の患者と検体との照合確認が必要な場合には重宝する。
通常、血液での血液型検出用に調整された抗血清は免疫組織化学用には不適だが、免疫組織化学用に調整された抗体はホルマリン固定組織でも比較的よく反応する。なお、糖の付加は遺伝的支配を受けた糖転移酵素によって行われるが、癌細胞においては酵素の欠損により血液型物質の合成が阻害され陰性となる場合がある(代わりにその前駆物質が蓄積される)ほか、日本人では約20%ほどと言われる非分泌型の人では分泌細胞の表面やその分泌物中では陰性であり、また分泌型・非分泌型を問わず胃の腸上皮化生細胞では血液型物質の合成がみられないことが多いので注意が必要。
左に示した画像はA型の人の胃生検材料(ホルマリン固定)を染めたもので、抗Aでは粘液、粘液分泌細胞の細胞膜と毛細血管内皮、血球が反応しており、分泌型であることがわかる。また、抗Bは陰性、抗Hは陽性であり、A物質とH物質とを有することがわかる。  (抗A、抗Bともにクローン変更しました)

  O A B AB
A (GalNAc-Gal-Fuc)
B (Gal-Gal-Fuc)
H(Gal-Fuc)


BM-1 ( Myeloid-specific DNA binding protein ) (参考)
BM-1
BM-1 骨髄 X400
骨髄球特異的DNA結合蛋白は骨髄前駆細胞、顆粒球の細胞質及び核に検出される約183kDaの蛋白質。Estelase染色に代えて骨髄生検での骨髄球系細胞の同定やCML、AMLのM2,M3(FAB分類)の鑑別に利用される。(M1,M4,M5,M6AMLでは陰性であるという。Epstein etal.:Blood,70(4),1124-1130,1987) この抗体はホルマリン固定に対しても安定で、酸を用いた脱灰処理をした標本でも比較的よく反応している。ただし、類似のクローン名称で別の抗原を認識するものがあるので注意。(リストより削除しました。)
  
Bromodeoxyuridine ( 5-Bromo-2-deoxyuridine:BrdU,BrdUrd )
BrdU
BrdU ラット 腸 X400
BrdU(C9H11BrN2O5,MW=307.098,CAS番号[59-14-3])はピリミジンpyrimidine環(ベンゼン環の1位と3位のCがNに置換されたもの)のメチル基(CH3)のひとつがプロム(Br)に置換されたThymidine(T,C10H14N2O5,MW=242.229,CAS番号[50-89-5])の誘導体で、5位の位置にBrが付いている他は構造が共通している。本来は細胞内に存在しないが、外部から投与されるとThymidineの代わりにDNA合成期(S期)の細胞の核内に取り込まれる性質があるので、免疫組織化学的にこれを検出することによってS期の細胞を同定することができる。また、本来生体内に存在しないものであるため抗体には種特異性がないことから種々の動物に適用できる利点がある。ただし、代謝されてしまう前に検査するために、in vivo では組織採取の30分〜1時間前にBrdUを投与または反応させる必要がある。

BrdUの免疫染色と塩酸処理
BrdU with HCl
BrdU 塩酸処理あり X40
BrdU without HCl
BrdU 塩酸処理なし X40
BrdUはホルマリン固定−パラフィン切片でも反応し、核内に陽性となる。ただし、核内の二本鎖DNA内ではアデニン(A)と水素結合をしており、そのままでは抗体の反応が阻害されるので、塩酸処理を行い二本鎖DNAを解離させる必要がある。このため切片は通常よりも損傷を受けやすくなるので注意が必要である。

BRST-2   ( 別名:GCDFP15, PIP, GP17,SABP )
BRAST-2
BRAST2 乳癌 x40
乳癌患者の血漿中に発現する抗原に対する特異的モノクローナル抗体として研究されたもののひとつで、Gross cystic disease fluid protein-15(GCDFP15)とも呼ばれ、分子量約16kDの単量体分泌型の糖蛋白(Gene:7q34)を認識する。

→  詳しくは【 G 】 GCDFP15 の項参照