株式会社 協同病理
T
最終更新日:2017.02.03

We are not selling antibodies. / Nous ne vendons pas d'anticorps. / Wir verkaufen keinen Antikorper.
No vendemos un anticuerpo. / 我們沒銷售抗體 / мы не продавать антило.
 抗体は販売していません。


Anti- 抗体名 略称 別名 HOST CLONE名 適用
Human Tartrate resistant
acid phosphatase
TRAP TRACP, ACP5(EC 3.1.3.2) Mouse 26E5 P*
Human T cell restricted
intracellular antigen-1
TIA-1 TIA-1-p17,GMP-17,Nucleolysin,RNA binding protein TIA-1 Mouse #6604593 P
Human Tenascin C TN-C Hexabrachion,Cytotactin,Neuronectin Mouse 49 P*
Human Terminal deoxynucleotidyl
transferase(TdT)
TdT (EC 2.7.7.31) Mouse SEN28 P*
  TdT-dUTP Nick End Labelling method (TUNEL) 検出法であり、抗体名ではありません P*
Human Thrombomodulin CD141 →CD141 Mouse 1009 P*
Human Thyroglobulin ThG   Rabbit Poly P
Human Thyroid stimulating hormone TSH Thyrotropin Rabbit poly P
Human Thyroid transcription factor-1 TTF-1 Thyroid nuclear factor 1,Homeobox protein Nkx-2.1 Mouse SPT24 P*
Human Tissue inhibitor of matrix
metalloproteinase-1
TIMP1 Metalloproteinase inhibitor-1,EPA,Collagenase inhibitor(CLGI) Mouse 2A5 P*
  Tomato lectin LEA Lycopersicon esculentum agglutinin Plant lectin P
Human Transforming growth factor-β1 TGF-β1   Rabbit Poly P*
Human Transthyretin TTR Thyroxine binding prealbumin Rabbit Poly P*
Human Tryptase, Mast cell Tryp Mast cell protease II (EC 3.4.21.59) Mouse 10D11 P
Human Tumor necrotic factor-α TNFα Cachectin Rabbit Poly P*


Tartrate resistant acid phosphatase (TRAP/TRACP)(別名:Acid phosphatase 5,ACP5)
TRAP
TRAP 骨Howship's lacuna X400
破骨細胞(EDTA脱灰標本)
酸性フォスファターゼ(ACP)は鉄イオンと結合し燐酸モノエステルを加水分解する酵素(EC3.1.3.2)で、赤血球のACP1、LysosomeのACP2や前立腺に含まれるACP3など5つのアイソザイムがある。酒石酸(tartrate)に対して抵抗性の活性をもつACP5(Gene:19p13.3-p13.2,3.02kb,5 Exon,325aa,36.4kDa)はTRAP(“トラップ”)あるいはTRACP,TR-AcPとも呼ばれ、マクロファージや血小板などに由来する5a型と破骨細胞にみられる5b型とがある。他にHairly cell leukemiaでの発現が有名だが、B,T lymphomaの一部、胎盤絨毛などにもみられる。FFPE切片でも熱処理で検出可能、び漫性〜小顆粒状に細胞質に反応する。
TRAP・・・組織化学 と 免疫組織化学
TRAPはアルコール固定で比較的酵素活性がよく保たれるため骨の形態検査ではその活性を酵素化学反応として検出する「TRAP染色」(組織化学)が行われているが、本抗体を用いた免疫反応(免疫組織化学)ではTRAPを抗原蛋白として検出する。同様のものとしては「Peroxidase染色」と「MOP 免疫染色」、「ALP染色」と「ALP 免疫染色」、「ATP染色」と「SERCA 免疫染色」など多くあるが、要するに同一の酵素=蛋白に対して酵素としての活性から検出するのか、蛋白としての抗原性から検出するのかというアプローチの方法が違うだけである。免疫組織化学では抗原性の保存性には影響されるが、酵素活性の保存性には影響されないので、固定などにより活性が失われた試料でも retrospectiveに検出できる利点がある。特にTRAPはEDTA脱灰したパラフィン切片では免疫組織化学的な検出が非常に有効である。
(同様に意外と知られていないのですが、褪色した蛍光色素−FITCや発光蛋白-GFPなども免疫組織化学を利用すれば検出できるのですが・・・)
MDMWTALLIL QALLLPSLAD GATPALRFVA VGDWGGVPNA PFHTAREMAN AKEIARTVQI LGADFILSLG DNFYFTGVQD 
INDKRFQETF EDVFSDRSLR KVPWYVLAGN HDHLGNVSAQ IAYSKISKRW NFPSPFYRLH FKIPQTNVSV AIFMLDTVTL 
CGNSDDFLSQ QPERPRDVKL ARTQLSWLKK QLAAAREDYV LVAGHYPVWS IAEHGPTHCL VKQLRPLLAT YGVTAYLCGH 
DHNLQYLQDE NGVGYVLSGA GNFMDPSKRH QRKVPNGYLR FHYGTEDSLG GFAYVEISSK EMTVTYIEAS GKSLFKTRLP 
RRARP  (22-325)                                       (Sus:87% Rab:85% Mus:88% Rat:88%)

T cell restricted intracellular antigen-1 (TIA-1)
 ( 別名:cytotoxic granule associated RNA binding protein-1 )
 (参考)
TIA-1
TIA-1 Lymphoma X400
NK細胞や細胞傷害性T細胞(CTL)は比較的大型で、細胞質内にアズール顆粒を有しており Large granular lymphocyteとも呼ばれている。TIA-1は、Granzyme Bなどと共にCTLの細胞質内顆粒(cytotoxic granule)に発現する約17kDaの蛋白で、Nucleolysin,Granule membrane protein 17(GMP-17)とも呼ばれる。遺伝子は2p13;TIA1 で、p40,p53のアイソフォームがあり(他にp15というのも聞かれるが17kDと同じもの)、これらが限定分解されて作用し、FAS(CD95)/FASLに誘導されるApoptosisのプロセスへの関与が疑われている。ホルマリン固定材料でも可だが、単球、顆粒球にも反応する。(左図の右上に嵌め込んでいる拡大像を参照)
(けっこう高い抗体でしたが、入手困難となりました。残念ですがリストより削除しました。 2016/05/19)
MEDEMPKTLY VGNLSRDVTE ALILQLFSQI GPCKNCKMIM DTAGNDPYCF VEFHEHRHAA AALAAMNGRK IMGKEVKVNW 
ATTPSSQKKD TSSSTVVSTQ RSQNHFHVFV GDLSPQITTE DIKAAFAPFG RISDARVVKD MATGKSKGYG FVSFFNKWDA 
ENAIQQMGGQ WLGGRQIRTN WATRKPPAPK STYESNTKQL SYDEVVNQSS PSNCTVYCGG VTSGLTEQLM RQTFSPFGQI 
MEIRVFPDKG YSFVRFNSHE SAAHAIVSVN GTTIEGHVVK CYWGKETLDM INPVQQQNQI GYPQPYGQWG QWYGNAQQIG 
QYMPNGWQVP AYGMYGQAWN QQGFNQTQSS APWMGPNYGV QPPQGQNGSM LPNQPSGYRV AGYETQ (p40)

Tenascin C
TN-C
TN-C 乳癌間質 X400
Tenascin(ネイシン:TN)は1986年に発見された特異な発現を示すECMの高分子糖蛋白で、Myotendinous antigenとか Glioma associated extracellular matrix antigen、Neuronectin、GMEM、GP150-225とも呼ばれる。脊椎動物では TN-C,X,R,Wなどのファミリーが現在知られているが、単に「テネイシン」と呼ぶ場合は一般にはTN-Cのことを指す。 TN-C(Gene:9q33.1)は胎児組織では強く発現しているものの、出生後の正常組織では殆どみられず、乳癌等の間質にみられることから、最初は一種の癌胎児性抗原のように考えられていたが、炎症の活動期や、創傷治癒に伴いCollagen線維形成に先行してIL-1bFGFなどによって誘導されて発現、MMPで分解される。機能は明確ではないが、細胞の接着、増殖などに関係し組織再構築を促すらしい。他に細胞の遊走にも関係しCytotactinとも呼ばれる。 190-250kDaほど(2179aa)のポリペプチド鎖がN末端で結合した六量体構造をとることからHexabrachionとも呼ばれ、EGF様、Fibronectin様、Fibrinogen様構造を有する。 現在使用している抗体(clone:49)はN末端側のAssembry domainを認識し、ホルマリン固定組織でも可だが、熱処理+Trypsin処理を要する為に切片が傷みやすいので注意。(吉田利通ほか:「病理と臨床」vol.29,臨時増刊号:418-422,2011に市販抗体のエピトープマップが掲載されており参考になる)
MGAMTQLLAG VFLAFLALAT EGGVLKKVIR HKRQSGVNAT LPEENQPVVF NHVYNIKLPV GSQCSVDLES ASGEKDLAPP 
SEPSESFQEH TVDGENQIVF THRINIPRRA CGCAAAPDVK ELLSRLEELE NLVSSLREQC TAGAGCCLQP ATGRLDTRPF 
CSGRGNFSTE GCGCVCEPGW KGPNCSEPEC PGNCHLRGRC IDGQCICDDG FTGEDCSQLA CPSDCNDQGK CVNGVCICFE 
GYAGADCSRE ICPVPCSEEH GTCVDGLCVC HDGFAGDDCN KPLCLNNCYN RGRCVENECV CDEGFTGEDC SELICPNDCF 
DRGRCINGTC YCEEGFTGED CGKPTCPHAC HTQGRCEEGQ CVCDEGFAGL DCSEKRCPAD CHNRGRCVDG RCECDDGFTG 
ADCGELKCPN GCSGHGRCVN GQCVCDEGYT GEDCSQLRCP NDCHSRGRCV EGKCVCEQGF KGYDCSDMSC PNDCHQHGRC 
VNGMCVCDDG YTGEDCRDRQ CPRDCSNRGL CVDGQCVCED GFTGPDCAEL SCPNDCHGQG RCVNGQCVCH EGFMGKDCKE 
QRCPSDCHGQ GRCVDGQCIC HEGFTGLDCG QHSCPSDCNN LGQCVSGRCI CNEGYSGEDC SEVSPPKDLV VTEVTEETVN 
LAWDNEMRVT EYLVVYTPTH EGGLEMQFRV PGDQTSTIIQ ELEPGVEYFI RVFAILENKK SIPVSARVAT YLPAPEGLKF 
KSIKETSVEV EWDPLDIAFE TWEIIFRNMN KEDEGEITKS LRRPETSYRQ TGLAPGQEYE ISLHIVKNNT RGPGLKRVTT 
TRLDAPSQIE VKDVTDTTAL ITWFKPLAEI DGIELTYGIK DVPGDRTTID LTEDENQYSI GNLKPDTEYE VSLISRRGDM 
SSNPAKETFT TGLDAPRNLR RVSQTDNSIT LEWRNGKAAI DSYRIKYAPI SGGDHAEVDV PKSQQATTKT TLTGLRPGTE 
YGIGVSAVKE DKESNPATIN AATELDTPKD LQVSETAETS LTLLWKTPLA KFDRYRLNYS LPTGQWVGVQ LPRNTTSYVL 
RGLEPGQEYN VLLTAEKGRH KSKPARVKAS TEQAPELENL TVTEVGWDGL RLNWTAADQA YEHFIIQVQE ANKVEAARNL 
TVPGSLRAVD IPGLKAATPY TVSIYGVIQG YRTPVLSAEA STGETPNLGE VVVAEVGWDA LKLNWTAPEG AYEYFFIQVQ 
EADTVEAAQN LTVPGGLRST DLPGLKAATH YTITIRGVTQ DFSTTPLSVE VLTEEVPDMG NLTVTEVSWD ALRLNWTTPD 
GTYDQFTIQV QEADQVEEAH NLTVPGSLRS MEIPGLRAGT PYTVTLHGEV RGHSTRPLAV EVVTEDLPQL GDLAVSEVGW 
DGLRLNWTAA DNAYEHFVIQ VQEVNKVEAA QNLTLPGSLR AVDIPGLEAA TPYRVSIYGV IRGYRTPVLS AEASTAKEPE 
IGNLNVSDIT PESFNLSWMA TDGIFETFTI EIIDSNRLLE TVEYNISGAE RTAHISGLPP STDFIVYLSG LAPSIRTKTI 
SATATTEALP LLENLTISDI NPYGFTVSWM ASENAFDSFL VTVVDSGKLL DPQEFTLSGT QRKLELRGLI TGIGYEVMVS 
GFTQGHQTKP LRAEIVTEAE PEVDNLLVSD ATPDGFRLSW TADEGVFDNF VLKIRDTKKQ SEPLEITLLA PERTRDLTGL 
REATEYEIEL YGISKGRRSQ TVSAIATTAM GSPKEVIFSD ITENSATVSW RAPTAQVESF RITYVPITGG TPSMVTVDGT 
KTQTRLVKLI PGVEYLVSII AMKGFEESEP VSGSFTTALD GPSGLVTANI TDSEALARWQ PAIATVDSYV ISYTGEKVPE 
ITRTVSGNTV EYALTDLEPA TEYTLRIFAE KGPQKSSTIT AKFTTDLDSP RDLTATEVQS ETALLTWRPP RASVTGYLLV 
YESVDGTVKE VIVGPDTTSY SLADLSPSTH YTAKIQALNG PLRSNMIQTI FTTIGLLYPF PKDCSQAMLN GDTTSGLYTI 
YLNGDKAQAL EVFCDMTSDG GGWIVFLRRK NGRENFYQNW KAYAAGFGDR REEFWLGLDN LNKITAQGQY ELRVDLRDHG 
ETAFAVYDKF SVGDAKTRYK LKVEGYSGTA GDSMAYHNGR SFSTFDKDTD SAITNCALSY KGAFWYRNCH RVNLMGRYGD 
NNHSQGVNWF HWKGHEHSIQ FAEMKLRPSN FRNLEGRRKR A(23-2201)   (Sus:66% Mus:67% Gal:50%)

Terminal deoxynucleotidyl transferase (TdT) (参考)
TdT
TdT Lymphoma X400
Terminal deoxynucleotidyl transferase(TdT)はDNAの3'ハイドロキシ末端に塩基を付加する作用をする約58kDaのDNAポリメラーゼ(EC 2.7.7.31,Gene:10q23-q24,509aa)で、Primitiveなリンパ球に強く発現する。T細胞とB細胞の鑑別には使えない。また一部の骨髄球系未熟細胞に反応するとも言われるが、ALL(L1)やLymphoblastic type lymphomaの診断には有用。ホルマリン固定組織では熱処理が必要で、核に反応する。
なお、次に記載するTUNEL法は、このTdTの塩基結合作用を利用したものである。
(残念ですがリストより削除しました。 2017/02/03)
MDPPRASHLS PRKKRPRQTG ALMASSPQDI KFQDLVVFIL EKKMGTTRRA FLMELARRKG FRVENELSDS VTHIVAENNS 
GSDVLEWLQA QKVQVSSQPE LLDVSWLIEC IGAGKPVEMT GKHQLVVRRD YSDSTNPGPP KTPPIAVQKI SQYACQRRTT 
LNNCNQIFTD AFDILAENCE FRENEDSCVT FMRAASVLKS LPFTIISMKD TEGIPCLGSK VKGIIEEIIE DGESSEVKAV 
LNDERYQSFK LFTSVFGVGL KTSEKWFRMG FRTLSKVRSD KSLKFTRMQK AGFLYYEDLV SCVTRAEAEA VSVLVKEAVW 
AFLPDAFVTM TGGFRRGKKM GHDVDFLITS PGSTEDEEQL LQKVMNLWEK KGLLLYYDLV ESTFEKLRLP SRKVDALDHF 
QKCFLIFKLP RQRVDSDQSS WQEGKTWKAI RVDLVLCPYE RRAFALLGWT GSRQFERDLR RYATHERKMI LDNHALYDKT 
KRIFLKAESE EEIFAHLGLD YIEPWERNA 

TdT-dUTP Nick End Labelling (TUNEL) method
TUNEL
TUNEL 精巣 X400
TUNEL2
TUNEL 肝 X400 X8拡大
Fragmentationの起こったDNAの検出方法。TdT-dUTP Nick End Labelling method (TUNEL:タネル)そのものは免疫反応ではなく、断片化したDNAの"nick end"(3'-OH末端)にビオチンで標識したdUTPをTdTにより結合させる方法であるが、酵素抗体法または蛍光抗体法の一部を応用することによって、組織切片上で反応(核内)を可視化できる。 通常、陽性細胞をカウントし Labelling Index(LI)によるApoptosisの指標化に用いる。組織材料に対しては4%PFA固定が推奨されているがホルマリン固定組織でも可能である。ただし固定条件と蛋白分解酵素処理の条件との兼ね合いで結果が影響を受けやすいので注意が必要で、時に過剰な反応も見られる。(特に標本辺縁部は“偽陽性”となりやすい)スライド培養細胞、細胞塗抹標本では95%アルコール固定でも可能だが、やはり蛋白分解酵素処理の条件(未処理も含め)をいろいろ変えて確認したほうがいい。INFORMATION No.91
左下図は400倍で撮影した画像をさらに拡大したもので、核質が丸く断片化したいわゆるapoptotic bodyがみられる。経験則的にTUNELの陽性所見には、1)あまり変化の著明でない核全体が陽性(左上図)、2)核の小型化や核質の凝集に伴い部分的にムラのある陽性(左下図、中央上の核)、3)核断片のみに陽性(左下図、中央下の核)などがある。

Thrombomodulin (CD141)
Thrombomodulin
Thrombomodulin X400
細胞膜を貫通する約75kDaの糖蛋白で、遺伝子は20p12-cen。名前の通りThrombinによる血液凝固機構の制御因子として働く。血管内皮細胞、胎盤絨毛のTrophoblast、中皮細胞などに発現し、その細胞外の部分(N末端側)にはLectin様部とともにEGF様ドメインが6個ありレセプターとしてThrombinと結合し、Fibrinのゲル化や第XIII因子を失活させて血液凝固を抑制する。血管内皮のマーカーとなるほか、腫瘍では肉腫型を除く中皮腫で高率に陽性を示すが、腺癌でも陽性になることもある。なお、ホルマリン固定材料では熱処理が必要。
MLGVLVLGAL ALAGLGFPAP AEPQPGGSQC VEHDCFALYP GPATFLNASQ ICDGLRGHLM TVRSSVAADV ISLLLNGDGG 
VGRRRLWIGL QLPPGCGDPK RLGPLRGFQW VTGDNNTSYS RWARLDLNGA PLCGPLCVAV SAAEATVPSE PIWEEQQCEV 
KADGFLCEFH FPATCRPLAV EPGAAAAAVS ITYGTPFAAR GADFQALPVG SSAAVAPLGL QLMCTAPPGA VQGHWAREAP 
GAWDCSVENG GCEHACNAIP GAPRCQCPAG AALQADGRSC TASATQSCND LCEHFCVPNP DQPGSYSCMC ETGYRLAADQ 
HRCEDVDDCI LEPSPCPQRC VNTQGGFECH CYPNYDLVDG ECVEPVDPCF RANCEYQCQP LNQTSYLCVC AEGFAPIPHE 
PHRCQMFCNQ TACPADCDPN TQASCECPEG YILDDGFICT DIDECENGGF CSGVCHNLPG TFECICGPDS ALARHIGTDC 
DSGKVDGGDS GSGEPPPSPT PGSTLTPPAV GLVHSGLLIG ISIASLCLVV ALLALLCHLR KKQGAARAKM EYKCAAPSKE 
VVLQHVRTER TPQRL 

Thyroglobulin
TG
TG 甲状腺癌 X400
TGは前駆体(2768aa)として分子量約67万の分泌型糖蛋白(Gene:8q24.2)で、甲状腺濾胞上皮、濾胞内に認められる。濾胞構造の明瞭でない濾胞上皮に由来する転移性甲状腺癌の鑑別に有用だが、髄様癌の他に未分化癌のなかにも陰性のものがある。非腫瘍性の甲状腺では、濾胞細胞と濾胞内のコロイドが陽性となるが、上皮が扁平になった大型の濾胞内のコロイドは弱く、これに対して小型の濾胞内のコロイドは強く反応する傾向がある。また、Graves病など機能亢進状態では陽性部位が多いことから、この現象はサイログロブリンのヨウ素貯蔵、輸送の活動性を反映するものと理解されている。なお、抗原性はホルマリン固定に対して安定。左図は甲状腺癌(乳頭癌)の症例で、画面左側の癌部では細胞質に、右側の非癌部では濾胞内に反応している。
MALVLEIFTL LASICWVSAN IFEYQVDAQP LRPCELQRET AFLKQADYVP QCAEDGSFQT VQCQNDGRSC WCVGANGSEV 
LGSRQPGRPV ACLSFCQLQK QQILLSGYIN STDTSYLPQC QDSGDYAPVQ CDVQQVQCWC VDAEGMEVYG TRQLGRPKRC 
PRSCEIRNRR LLHGVGDKSP PQCSAEGEFM PVQCKFVNTT DMMIFDLVHS YNRFPDAFVT FSSFQRRFPE VSGYCHCADS 
QGRELAETGL ELLLDEIYDT IFAGLDLPST FTETTLYRIL QRRFLAVQSV ISGRFRCPTK CEVERFTATS FGHPYVPSCR 
RNGDYQAVQC QTEGPCWCVD AQGKEMHGTR QQGEPPSCAE GQSCASERQQ ALSRLYFGTS GYFSQHDLFS SPEKRWASPR 
VARFATSCPP TIKELFVDSG LLRPMVEGQS QQFSVSENLL KEAIRAIFPS RGLARLALQF TTNPKRLQQN LFGGKFLVNV 
GQFNLSGALG TRGTFNFSQF FQQLGLASFL NGGRQEDLAK PLSVGLDSNS STGTPEAAKK DGTMNKPTVG SFGFEINLQE 
NQNALKFLAS LLELPEFLLF LQHAISVPED VARDLGDVME TVLSSQTCEQ TPERLFVPSC TTEGSYEDVQ CFSGECWCVN 
SWGKELPGSR VRGGQPRCPT DCEKQRARMQ SLMGSQPAGS TLFVPACTSE GHFLPVQCFN SECYCVDAEG QAIPGTRSAI 
GKPKKCPTPC QLQSEQAFLR TVQALLSNSS MLPTLSDTYI PQCSTDGQWR QVQCNGPPEQ VFELYQRWEA QNKGQDLTPA 
KLLVKIMSYR EAASGNFSLF IQSLYEAGQQ DVFPVLSQYP SLQDVPLAAL EGKRPQPREN ILLEPYLFWQ ILNGQLSQYP 
GSYSDFSTPL AHFDLRNCWC VDEAGQELEG MRSEPSKLPT CPGSCEEAKL RVLQFIRETE EIVSASNSSR FPLGESFLVA 
KGIRLRNEDL GLPPLFPPRE AFAEQFLRGS DYAIRLAAQS TLSFYQRRRF SPDDSAGASA LLRSGPYMPQ CDAFGSWEPV 
QCHAGTGHCW CVDEKGGFIP GSLTARSLQI PQCPTTCEKS RTSGLLSSWK QARSQENPSP KDLFVPACLE TGEYARLQAS 
GAGTWCVDPA SGEELRPGSS SSAQCPSLCN VLKSGVLSRR VSPGYVPACR AEDGGFSPVQ CDQAQGSCWC VMDSGEEVPG 
TRVTGGQPAC ESPRCPLPFN ASEVVGGTIL CETISGPTGS AMQQCQLLCR QGSWSVFPPG PLICSLESGR WESQLPQPRA 
CQRPQLWQTI QTQGHFQLQL PPGKMCSADY ADLLQTFQVF ILDELTARGF CQIQVKTFGT LVSIPVCNNS SVQVGCLTRE 
RLGVNVTWKS RLEDIPVASL PDLHDIERAL VGKDLLGRFT DLIQSGSFQL HLDSKTFPAE TIRFLQGDHF GTSPRTWFGC 
SEGFYQVLTS EASQDGLGCV KCPEGSYSQD EECIPCPVGF YQEQAGSLAC VPCPVGRTTI SAGAFSQTHC VTDCQRNEAG 
LQCDQNGQYR ASQKDRGSGK AFCVDGEGRR LPWWETEAPL EDSQCLMMQK FEKVPESKVI FDANAPVAVR SKVPDSEFPV 
MQCLTDCTED EACSFFTVST TEPEISCDFY AWTSDNVACM TSDQKRDALG NSKATSFGSL RCQVKVRSHG QDSPAVYLKK 
GQGSTTTLQK RFEPTGFQNM LSGLYNPIVF SASGANLTDA HLFCLLACDR DLCCDGFVLT QVQGGAIICG LLSSPSVLLC 
NVKDWMDPSE AWANATCPGV TYDQESHQVI LRLGDQEFIK SLTPLEGTQD TFTNFQQVYL WKDSDMGSRP ESMGCRKDTV 
PRPASPTEAG LTTELFSPVD LNQVIVNGNQ SLSSQKHWLF KHLFSAQQAN LWCLSRCVQE HSFCQLAEIT ESASLYFTCT  
LYPEAQVCDD IMESNAQGCR LILPQMPKAL FRKKVILEDK VKNFYTRLPF QKLMGISIRN KVPMSEKSIS NGFFECERRC 
DADPCCTGFG FLNVSQLKGG EVTCLTLNSL GIQMCSEENG GAWRILDCGS PDIEVHTYPF GWYQKPIAQN NAPSFCPLVV 
LPSLTEKVSL DSWQSLALSS VVVDPSIRHF DVAHVSTAAT SNFSAVRDLC LSECSQHEAC LITTLQTQPG AVRCMFYADT 
QSCTHSLQGQ NCRLLLREEA THIYRKPGIS LLSYEASVPS VPISTHGRLL GRSQAIQVGT SWKQVDQFLG VPYAAPPLAE 
RRFQAPEPLN WTGSWDASKP RASCWQPGTR TSTSPGVSED CLYLNVFIPQ NVAPNASVLV FFHNTMDREE SEGWPAIDGS 
FLAAVGNLIV VTASYRVGVF GFLSSGSGEV SGNWGLLDQV AALTWVQTHI RGFGGDPRRV SLAADRGGAD VASIHLLTAR 
ATNSQLFRRA VLMGGSALSP AAVISHERAQ QQAIALAKEV SCPMSSSQEV VSCLRQKPAN VLNDAQTKLL AVSGPFHYWG 
PVIDGHFLRE PPARALKRSL WVEVDLLIGS SQDDGLINRA KAVKQFEESR GRTSSKTAFY QALQNSLGGE DSDARVEAAA 
TWYYSLEHST DDYASFSRAL ENATRDYFII CPIIDMASAW AKRARGNVFM YHAPENYGHG SLELLADVQF ALGLPFYPAY 
EGQFSLEEKS LSLKIMQYFS HFIRSGNPNY PYEFSRKVPT FATPWPDFVP RAGGENYKEF SELLPNRQGL KKADCSFWSK 
YISSLKTSAD GAKGGQSAES EEEELTAGSG LREDLLSLQE PGSKTYSK  (20-2678)
                                                 (Can:78%, Bos:77%,Mus:74%,Rat/Sus:73%)

Thyroid stimulating hormone (TSH) ( 別名:Thyrotropic hormone, Thyrotropin )
TSH
TSH 下垂体 X400
下垂体の好塩基性細胞(チロトローフ)から分泌されるホルモンで、Thyroglobulinのヨウ素輸送を促進し甲状腺ホルモンの合成分泌を促す。分子量約 28000の糖蛋白で、LHFSHと共通構造を示すαサブユニット(分子量13600、アミノ酸96個)とβサブユニット(分子量14700、アミノ酸112個、Gene:1p13)のヘテロダイマーであるが、糖鎖構造の違う数種の分子がある。TSH産生下垂体腫瘍、異所性TSH産生腫瘍などの証明に使用され、ブアン固定、ホルマリン固定でよく反応する。
beta subunit(21-132) 
MTALFLMSML FGLACGQAMS FCIPTEYTMH IERRECAYCL TINTTICAGY CMTRDINGKL FLPKYALSQD VCTYRDFIYR 
TVEIPGCPLH VAPYFSYPVA LSCKCGKCNT DYSDCIHEAI KTNYCTKPQK SYLVGFSV  

Thyroid transcription factor-1 (TTF-1)
TTF-1
TTF-1 肺癌 X400
TTF-1は甲状腺濾胞細胞の核内でTSH受容体(TSHR)、Thyroglobulin(TG)、Thyroperoxidase(TPO)の発現を誘導する転写因子として発見されたのでこの名がついた。Thyroid nuclear factor 1、Homeobox protein NKX2.1とも言われる甲状腺特異的エンハンサー結合タンパク質(T/EBP)であり、Homeodomein transcription factor familyに属する38kDaほどの蛋白(371aa,Gene:14q13.3)で、IFNγTNFαなどにより発現が調節されているらしい。 90年代後半くらいから甲状腺細胞診断における応用が注目されたが、他に肺でのSurfactant proteinClara cell secretory proteinの発現に関係する"Pulmonary cell selective transcriptin protein"でもあることが判り、現在ではむしろ原発性肺癌と転移性肺癌あるいは中皮腫との鑑別においてよく利用されている。ホルマリン固定組織:要熱処理。げっ歯類との相同性は高い。
MSMSPKHTTP FSVSDILSPL EESYKKVGME GGGLGAPLAA YRQGQAAPPT AAMQQHAVGH HGAVTAAYHM TAAGVPQLSH 
SAVGGYCNGN LGNMSELPPY QDTMRNSASG PGWYGANPDP RFPAISRFMG PASGMNMSGM GGLGSLGDVS KNMAPLPSAP 
RRKRRVLFSQ AQVYELERRF KQQKYLSAPE REHLASMIHL TPTQVKIWFQ NHRYKMKRQA KDKAAQQQLQ QDSGGGGGGG 
GTGCPQQQQA QQQSPRRVAV PVLVKDGKPC QAGAPAPGAA SLQGHAQQQA QHQAQAAQAA AAAISVGSGG AGLGAHPGHQ 
PGSAGQSPDL AHHAASPAAL QGQVSSLSHL NSSGSDYGTM SCSTLLYGRT W   

Tight junction protein-1 (TJP-1)     ( 別名:ZO-1) (参考)

→ see 【Z】 Zonula occludens protein 1

Tissue inhibitor of matrix metalloproteinase-1 (TIMP-1)
  ( 別名:Metalloproteinase inhibitor-1, Fibroblast collagenase inhibitor:CLGI )
 (参考)
TTMP-1
TIMP-1 結腸 X400
207aa,前駆体として約23kDaの分泌蛋白(Gene:Xp11.23,TIMP1,6Exon)で、MMP(MMP-14を除く)と複合体を形成してその活性を阻害するほか、血管平滑筋の増殖、Apoptosisの抑制、赤芽球系の成熟や骨代謝などにも関係している多機能分子。サイトカイン刺激などにより間葉型細胞に発現するほか、腫瘍細胞でも過剰発現がみられることがある。Erythroid potentiating activity(EPA), Fibroblast collagenase inhibitor(CLGI)とも呼ばれる。 ホルマリン固定組織:要熱処理。
(この抗体は入手困難となったためリストより削除しました 2016.05.19)
MAPFEPLASG ILLLLWLIAP SRACTCVPPH PQTAFCNSDL VIRAKFVGTP EVNQTTLYQR YEIKMTKMYK GFQALGDAAD 
IRFVYTPAME SVCGYFHRSH NRSEEFLIAG KLQDGLLHIT TCSFVAPWNS LSLAQRRGFT KTYTVGCEEC TVFPCLSIPC 
KLQSGTHCLW TDQLLQGSEK GFQSRHLACL PREPGLCTWQ SLRSQIA (24-207)
                      (Bos:86% Ovi:86% Sus:83% Rab:83% Equ:82% Can:79% Rat:71% Mus:73%)

Topoisomerase I       ( 別名:Swivelase,Omega protein ) (参考)
Topoisomerase II alpha  ( 別名:DNA gyrase )

→ see 【D】 DNA topoisomerase

Toxoplasma Gondii P30 antigen (参考)
T.Gondii
T.Gondii X400
胞子虫類コクシジウム属に属する細胞内寄生性の原虫。終宿主であるネコの小腸粘膜内で有性生殖によりオーシストOocystを形成し、糞便とともに排出されたoocystは成熟して無選択性に様々な動物に感染する。ヒトにはネコの糞便、または感染動物の食肉を介して経口的に感染し、不顕性感染も多いが、免疫力の低下により肺炎、脳炎、リンパ節炎などを起こす。また母体からの垂直感染により新生児が障害を受けることがある。感染すると無選択性に様々な細胞内に寄生して無性生殖により増殖し、Tachyzoite(増殖型)と呼ばれる3X6μmの虫体と、それが多数集まったシストCystの2つの形態を示す。この抗体はTachyzoiteの表面抗原P30(SAG-1)を認識するが、ホルマリン固定組織では熱処理が必要。(抗体がなくなりましたのでリストより削除しました。)

Transforming Growth Factor-β1 (TGF-β1)
TGFβ1
TGFβ1 皮膚 X400
TGF-βは、390aaの前駆体(Gene:19q13)がplasminやMMPなどにより切断されて活性を示す112aa、25kDaほどの二量体蛋白で、Inhibin,ActivinなどとTGF-βファミリーを成す。哺乳類ではβ1〜β3のアイソフォームが知られているが種を越えて広く保存されている。線維芽細胞ほか広範な細胞から分泌され、Rb蛋白のリン酸化を阻害するなど細胞増殖の抑制、促進に関わるほか、Fibronectin等の間質物質の産生促進や血管の新生など、さらに細胞の遊走やApoptosisの制御など広範な作用を持つ。 ホルマリン固定組織では要熱処理、細胞質に反応し、多くの種と交差反応をする。(左図は皮膚創傷形成5日後の真皮内の線維芽細胞で、ちょっと見難いが右上に細胞の拡大像をはめ込んでいる。細胞質の一部に滴状に強い反応が見られる。)
MPPSGLRLLL LLLPLLWLLV LTPGRPAAGL STCKTIDMEL VKRKRIEAIR GQILSKLRLA SPPSQGEVPP GPLPEAVLAL 
YNSTRDRVAG ESAEPEPEPE ADYYAKEVTR VLMVETHNEI YDKFKQSTHS IYMFFNTSEL REAVPEPVLL SRAELRLLRL 
KLKVEQHVEL YQKYSNNSWR YLSNRLLAPS DSPEWLSFDV TGVVRQWLSR GGEIEGFRLS AHCSCDSRDN TLQVDINGFT 
TGRRGDLATI HGMNRPFLLL MATPLERAQH LQSSRHRRAL DTNYCFSSTE KNCCVRQLYI DFRKDLGWKW IHEPKGYHAN 
FCLGPCPYIW SLDTQYSKVL ALYNQHNPGA SAAPCCVPQA LEPLPIVYYV GRKPKVEQLS NMIVRSCKCS (279-390)
 
(Can:100 Bos:100 Sus:100 Rab:100 Rat:99% Mus:99%,390aaとしてもCan/Sus:83% Rat/Mus:80%)

Transthyretin (TTR)(別名:Prealbumin:PAL, Thyroxine binding prealbumin:TBPA)
TnT
TTR 肝 X400
Transthyretin(Gene:18q12.1;TTR )は Prealbuminとも呼ばれる約55kDaの血漿蛋白で、血中半減期の短い所謂 rapid turnover proteinとして知られるが、脳脊髄液や眼房水にも含まれる。甲状腺ホルモンであるThyroxinやVitamin AのひとつであるRetinolの輸送担体として働くことからこの名称で呼ばれるようになった。 Amyloidosisでの沈着蛋白のひとつで、老人性全身アミロイドーシス(senile systemic amyloidosis:SSA)では野生型が、家族性アミロイドポリニューロパシー(familial amyloidpolyneuropathy:FAP)では変異型が沈着するといわれる。 
MASHRLLLLC LAGLVFVSEA GPTGTGESKC PLMVKVLDAV RGSPAINVAV HVFRKAADDT WEPFASGKTS ESGELHGLTT 
EEEFVEGIYK VEIDTKSYWK ALGISPFHEH AEVVFTANDS GPRRYTIAAL LSPYSYSTTA VVTNPKE 

Troponin T,Fast skeletal muscle (TnTf, fTnT) (参考)
TnT
TnT 骨格筋 X400
Troponin(Tn)は、Tropomyosinと共にActin分子と結合し横紋筋のI帯(明帯)のthin filamentsを形成する構造蛋白(筋線維の約5%ほどを占めると言われる)であると同時に筋肉収縮の調節蛋白でもあり、 Tropomyosinと結合するTnT(約34kDa)、カルシウムイオンと結合し筋肉の収縮を開始させるTnC(18kD) 及びその働きを抑制するTnI(約21kDa)の3つのサブユニットが複合体を形成している。TnTは心筋と骨格筋とでアミノ酸配列が異なり、この抗体(clone:T1/61)は骨格筋のFast muscle(白筋、ATPase染色のtype II 線維にほぼ相当する)のTnTf(βTNTf,Gene:11p15.5;TNT3 )に反応し、心筋には反応しない。横紋筋性腫瘍の分化マーカーとして利用できる他、SERCAと組合せて筋生検への応用が期待できる。(左図の染まっていない部分がslow muscle)ホルマリン固定組織でも可能で、反応が弱い時にはトリプシンなど蛋白分解酵素処理が有効。 (リストより削除しました)
beta TnT Fast skeletal muscle
SDEEVEQVEE QYEEEEEAQE EAAEVHEEVH EPEEVQEDTA EEDAEEEKPR PKLTAPKIPE GEKVDFDDIQ KKRQNKDLME 
LQALIDSHFE ARKKEEEELV ALKERIEKRR AERAEQQRIR AEKERERQNR LAEEKARREE EDAKRRAEDD LKKKKALSSM 
GANYSSYLAK ADQKRGKKQT AREMKKKILA ERRKPLNIDH LGEDKLRDKA KELWETLHQL EIDKFEFGEK LKRQKYDITT 
LRSRIDQAQK HSKKAGTPAK GKVGGRWK  	     (Rab:70% Bos:69% Sus:69% Rat:70% Mus:70%)

Tryptase, Mast cell ( 別名:Mast cell protease II )
Tryptase
Tryptase 腸粘膜 X400
TryptaseはTrypsin様の活性をもつserine proteaseに属する蛋白分解酵素(EC3.4.21.59,Gene:16p13.3,約132kDa)。β1,2,3などのisoformがあり4量体をなす。主に肥満細胞(Mast cell:MC)の細胞内顆粒に含まれ(細胞蛋白中の約20%を占めるという)比較的細胞特異性が高いためMast cellのマーカーとされるが、好塩基球や気管支クララ細胞の分泌顆粒にもわずかに含まれる。MCの脱顆粒を促進し、細胞外に放出されると好酸球や好中球の遊走を誘導する。ヒトのMCにはTryptaseを有するMCT(粘膜に多い)と、Tryptaseと共にChymaseをもつMCTC(結合織に多い)があり、アトピー性皮膚炎や強皮症では前者の割合が増加すると言われている。ホルマリン固定組織で可能。 (リストに復活しました)
β2
MLNLLLLALP VLASRAYAAP APGQALQRVG IVGGQEAPRS KWPWQVSLRV HGPYWMHFCG GSLIHPQWVL TAAHCVGPDV 
KDLAALRVQL REQHLYYQDQ LLPVSRIIVH PQFYTAQIGA DIALLELEEP VKVSSHVHTV TLPPASETFP PGMPCWVTGW 
GDVDNDERLP PPFPLKQVKV PIMENHICDA KYHLGAYTGD DVRIVRDDML CAGNTRRDSC QGDSGGPLVC KVNGTWLQAG 
VVSWGEGCAQ PNRPGIYTRV TYYLDWIHHY VPKKP 	       (Can:78% Bos:76% Mus:77% Rat:74%)

Tumor necrosis factor-α (TNF-α) ( 別名:Cachectin )
TNF-α
TNF-α LNホルマリン固定 X400
Cytokineの一種で、155個または157個のアミノ酸から成る17kDaほどの蛋白(膜結合型は233aa,25kDa)で体内では三量体を形成する。遺伝子は6p21.3。マクロファージ・T細胞・B細胞・NK細胞などから産生されるが標的となる細胞は多岐にわたる。名前の通り腫瘍に壊死を惹起する物質として細菌感染動物の血中より発見されたが、IL-1TGF-βCSFなどのCytokine、IL-2RHLACox-2VCAM-1Selectinなどの接着因子の発現誘導、好中球のElastase産生促進、Thrombomodulin活性の抑制による血栓形成、NFκBの活性化さらにInsulin抵抗性への関与など多彩な作用を持つことが判ってきている。悪液質を起こす作用もあるため Cachectinとも呼ばれるほか、細胞膜の受容体TNFR1(p75,CD120b)及びTNFR2(p55,CD120a)と結合するとアダプター分子を介してCaspaseを活性化しApoptosisを誘導するところからDeath foctorとも言われる。 なお、TNFにはαの他にβ(Lymphotoxin)があり、αとはアミノ酸配列に30%の相同性があるといわれる。
MSTESMIRDV ELAEEALPKK TGGPQGSRRC LFLSLFSFLI VAGATTLFCL LHFGVIGPQR EEFPRDLSLI SPLAQAVRSS 
SRTPSDKPVA HVVANPQAEG QLQWLNRRAN ALLANGVELR DNQLVVPSEG LYLIYSQVLF KGQGCPSTHV LLTHTISRIA 
VSYQTKVNLL SAIKSPCQRE TPEGAEAKPW YEPIYLGGVF QLEKGDRLSA EINRPDYLDF AESGQVYFGI IAL 
(77-233:soluble form) (Can:87% Fel:87% Sus:83% Equ:83% Bos:76% Rab:75% Rat:75% Mus:75%)

Tubulin-β (参考)
Beta-tubulin
β-tubulin X400
Tubulinは、細胞骨格のひとつである微小管(Microtubules)を構成する蛋白として名づけられた。α〜εとそのsubtypeも含め、遺伝子の異なる蛋白から成る small gene familyを構成するが、各遺伝子は種を超えて真核生物に広く保存されている。 β-tubulin(Gene:TUBB, 6p21.33)は444aa、約55kDaの球状蛋白で、α-tubulin(Gene:12q)とヘテロ二量体を形成し、これがフィラメント状に重合したものが13本結合して外径約25nm、内径約15nmの管状構造を成して微小管を形成する。 また、β-tubulinはGTP(グアノシン-5'-三リン酸)結合蛋白であり、GTPの結合による重合の促進と加水分解による脱重合によって微小管の伸長と短縮が調節されている。 (リスト非掲載です)
MREIVHIQAG QCGNQIGAKF WEVISDEHGI DPTGTYHGDS DLQLDRISVY YNEATGGKVV PRAILVDLEP GTMDSVRSGP 
FGQIFRPDNF VFGQSGAGNN WAKGHYTEGA ELVDSVLDVV RKEAESCDCL QGFQLTHSLG GGTGSGMGTL LISKIREEYP 
DRIMNTFSVV PSPKVSDTVV EPYNATLSVH QLVENTDETY CIDNEALYDI CFRTLKLTTP TYGDLNHLVS ATMSGVTTCL 
RFPGQLNADL RKLAVNMVPF PRLHFFMPGF APLTSRGSQQ YRALTVPELT QQVFDAKNMM AACDPRHGRY LTVAAVFRGR 
MSMKEVDEQM LNVQNKNSSY FVEWIPNNVK TAVCDIPPRG LKMAVTFIGN STAIQELFKR ISEQFTAMFR RKAFLHWYTG 
EGMDEMEFTE AESNMNDLVS EYQQYQDATA EEEEDFGEEA EEEA 

Tyrosinase (参考)
Tyrosinase
Tyrosinase Melanoma X400
AEC発色 (赤色が陽性反応で、黒っぽい褐色に見えるのはメラニン顆粒)
Tyrosinase(Gene:11q14.3)はPhenolase,Phenol oxidaseとも呼ばれ、動植物の色素産生に関わる銅を含む酸化還元酵素(EC1.14.18.1)。色素細胞(メラノサイト)に特異的に発現し、メラノソームにおいてメラニン合成の初期段階に芳香族アミノ酸のチロシンが加水分解されて3,4−ジヒドロキシフェニルアラニン[DOPA]になる反応、さらにDOPAが酸化されてDOPA quinoneとなる反応を触媒する。MAGE-1MART-1等とともにMelanoma関連抗原であり、SK29-AB、LB24-ABとも呼ばれる。HLA-Aと結合し細胞障害性Tリンパ球(CTL)に認識されることによって腫瘍免疫応答を誘導する「腫瘍拒絶抗原」(Tumor rejection antigen)でもある。ホルマリン固定組織では熱処理で細胞質に小顆粒〜ドット状びまん性に反応する。 メラニン産生細胞ではメラニン顆粒と局在が重なることが多く発色基質はDAB以外が望ましい。(別に気にならなければDABでも良い) 旧来のDOPA反応に代わり得る。 (リストより削除しました)
MLLAVLYCLL WSFQTSAGHF PRACVSSKNL MEKECCPPWS GDRSPCGQLS GRGSCQNILL SNAPLGPQFP FTGVDDRESW 
PSVFYNRTCQ CSGNFMGFNC GNCKFGFWGP NCTERRLLVR RNIFDLSAPE KDKFFAYLTL AKHTISSDYV IPIGTYGQMK 
NGSTPMFNDI NIYDLFVWMH YYVSMDALLG GSEIWRDIDF AHEAPAFLPW HRLFLLRWEQ EIQKLTGDEN FTIPYWDWRD 
AEKCDICTDE YMGGQHPTNP NLLSPASFFS SWQIVCSRLE EYNSHQSLCN GTPEGPLRRN PGNHDKSRTP RLPSSADVEF 
CLSLTQYESG SMDKAANFSF RNTLEGFASP LTGIADASQS SMHNALHIYM NGTMSQVQGS ANDPIFLLHH AFVDSIFEQW 
LRRHRPLQEV YPEANAPIGH NRESYMVPFI PLYRNGDFFI SSKDLGYDYS YLQDSDPDSF QDYIKSYLEQ ASRIWSWLLG 
AAMVGAVLTA LLAGLVSLLC RHKRKQLPEE KQPLLMEKED YHSLYQSHL (19-529)
               (Sus:87% Can:85% Fel:85% Rab:86% Bos:83% Mus:82% Gal:71%)