株式会社 協同病理
M
最終更新日:2016.11.10
We are not selling antibodies. / Nous ne vendons pas d'anticorps. / Wir verkaufen keinen Antikorper.
No vendemos un anticuerpo. / 我們沒銷售抗體 / мы не продавать антило.
 抗体は販売していません。


Anti- 抗体名 略称 別名 HOST CLONE名 適用
Human MAC387, Macrophage MAC387   Mouse MAC387 P
Human Macrophage elastase MMP12 →MMP-12,→Elastase Mouse 82902 P
Mouse Macrophage, mouse F4/80 F4/80 mouse macrophage marker Rabbit SP115 P*
Human MAGE-1 MAGE1   Mouse 6C1 P*
Human Major Histocompatibility
complex classII,HLA-DR α
HLA-DR →HLA-DRα Mouse TAL1B5 P
Human Major Histocompatibility
complex classII,HLA-DR β
HLA-DR →HLA-DRβ Mouse DK-22 F
Human Mammaglobin MGB UGB2, H-MAM, SCGB2A2 Rabbit 31A5 P*
Human MAPK, p44/42 ERK →ERK Mouse E10 P
Human MAPK, JNK/SAPK JNK →JNK/SAPK Mouse G9 P
Human MAPK, p38 p38 →p38 MAPK Mouse 28B10 P
Human MART-1 MART1 →Melan A Mouse A103 P*
Human Maspin   Mammary specific serpin,SerpinB5 Mouse EAW24 P*
Human Mast cell tryptase Tryp (EC3.4.21.59)Mast cell protease II Mouse 10D11 P
Human Matrix metalloproteinase 1 MMP1 (EC3.4.24.7)Collagenase-1 Mouse 3B6 P*
Human Matrix metalloproteinase 2 MMP2 (EC3.4.24.24)Gelatinase A(GELA) Mouse 17B11 P*
Human Matrix metalloproteinase 3 MMP3 (EC3.4.24.17)Stromelysin 1,Transin-1 Sheep poly P*
Human Matrix metalloproteinase 3 MMP3 (EC3.4.24.17)Stromelysin 1,Transin-1 Mouse 1B4 P*
Human Matrix metalloproteinase 7 MMP7 (EC3.4.24.33)Matrilysin,Matrin,PUMP1 Rabbit poly P
Human Matrix metalloproteinase 9 MMP9 (EC3.4.24.35)Gelatinase B(GELB)
Type IV collagenase
Mouse 15W2 P*
Human Matrix metalloproteinase 12 MMP12 (EC3.4.24.65)→Elastase,Macrophage Mouse 82902 P
Human MB-1 CD45RA CD45RA Mouse X63 P
Human Melan A MART1 →MART-1 Mouse A103 P*
Human Mesothelin Meso   Mouse 5B2 P*
Human MET cMet →c-Met,HGF receptor Mouse 8F11 P*
Human MIB-1 Ki67 →Ki67 Mouse MIB-1 P*
Human MIC2 protein CD99 CD99,12E7,E2,FMC29,HuLy-m6,p30/32 Rabbit ERP3097 P*
Human Milk Fat Globule-1 HMFG1 →Human Milk Fat Globule-1 Mouse EDM45 P*
Human Mitochondria, human AMA
Mouse 113-1 P*
Human MLH 1 hMLH1 →hMLH1,HNPCC2,COCA2,FCC2 Mouse G168-728 P*
Human MOC-31 MOC31 Lung antigen,40kD membrane protein2 Mouse MOC-31 P*
Human MSH 2 hMSH2 →hMSH2,HNPCC1,COCA1,FCC1,BAT26 Mouse 3.14.A3 P*
Human MT-1 CD43 CD43,Leukosialin Mouse X63 P
Human Muc-1 core peptide Muc1c   Mouse Ma552 P*
Human Muc-1 glycoprotein Muc1 CD227 Mouse Ma695 P*
Human Muc-2 glycoprotein Muc2 Intestinal mucin Mouse Ccp58 P*
Human Muc-5AC glycoprotein Muc5AC   Mouse CLH2 P*
Human Muc-6 glycoprotein Muc6   Mouse CLH5 P*
Human Mucin,Gastric HGM →Gastric mucin Mouse 45M1 P*
Human Mucin,HIK1083 HIK1083 M-GGMC-1 Mouse HIK-1083 P*
Human Multiple myeloma oncogene-1 MUM 1 MUM1 IRF4, ICSAT, PIP Mouse MUM1p P*
Human Muscle actin HHF35 →Actin,→HHF35 Mouse HHF35 P
Human MutL homolog1 hMLH1 → hMLH1 Rabbit Poly P*
Human MutS homolog2 hMSH2 → hMSH2 Mouse 3.14.A3 P*
Human Muramidase Lys →Lysozyme Rabbit Poly P
  Mycobacterium bovis BCG →BCG Rabbit Poly P
Human Myelin basic protein MBP Myelin A1 protein Mouse 7H11 P*
Human Myeloperoxidase MPO MPO Mouse 59A5 P
Hu,Ms,Rt Myeloperoxidase MPO MPO Rabbit Poly P
Mouse* Myoblast determination protein 1 MyoD1 Myf-3,Rhabdomyosarcoma marker Mouse 5.8A P*
Human Myoglobin MyoG   Rabbit Poly P
Human Myosin Myo   Mouse MY32 P


Mac1(MAC-1) (別名:CD11b/CD18,Integrin αMβ,Complement receptor,type 3:CR3) (参考)
Mac-1
Mac-1 X400
Integrinのβ2ファミリーに属する細胞接着分子で、170kDのα鎖(Integrin αM,CD11b,1152aa,Gene:16p11-13)と95kDのβ鎖(Integrinβ2,CD18,Gene:21q22)からなるヘテロダイマー。補体C3b結合赤血球と単球との接着、ヒストプラズマ等の病原体に対するマクロファージ等の貪食作用を促進するほか、好中球と血管内皮細胞との接着、血管外遊走にもLFA-1と共に関与する。顆粒球、単球、リンパ球の一部(NK細胞など)に発現がみられ、結合するリガンドはICAM-1、Fibrinogen、Factor X、さらに補体C3b分解産物(iC3b)やとも結合し、 Complement receptor type3(CR3)とも呼ばれる。また、C5aにより好中球での発現が著名に増加することが知られている。ファミリーのLFA-1CR4(p150/95)とはβ鎖(CD18)が共通しており、α鎖(LFA-1は180kD:CD11a、CR4は150kD:CD11c)が異なる。 (リストより削除しました)

MAC387,Anti-Macrophage,histiocyte
MAC387
MAC387 皮膚 X400
Lysozyme
Lyso X400
F-XIIIa
F-XIIIa X400
Kp-1
Kp-1 X400
AAT
AAT X400
MAC387は抗体のクローンの名称で、メーカーによっては「抗単球/組織球抗体」として市販されているが、一般に、Lysozymeα-Antitrypsinα-AntichymotrypsinKp-1など組織球系細胞を認識する抗体には抗体の種類によって微妙な反応の差がある。
このclone:MAC387抗体が認識するのは好中球、単球及びマクロファージ/組織球の一部(下表参照)で、扁平上皮の一部にも反応する。
左図のうち、MAC387、Lysozyme、Antitrypsin(AT)は同一症例の標本であるが、MAC387は多核の巨細胞にはほとんど反応せず(ごく弱い反応は見られる)、その間に存在する小型の細胞に強く反応している。ホルマリン固定組織では酵素処理が有効。
またMAC387は他の動物との交差性が高く、イヌ、ネコ、ウマ、ブタなどと広く交差することが知られている。

  KP-1 MAC387 S100p CD1a CD34 F-XIIIa
Verruciform xanthoma
Papular xanthoma +/- +/-
Xanthoma Disseminatum
Juvenile xanthogranuloma +/-
Giant cell reticulohistiocytoma +/-
Eruptive histiocytoma +/-
Multicentric reticulohistiocytoma
Dermatofibroma +/-
Dermatofibrosarcoma protuberans +/-
Langerhans' cell histiocytoma
Sinus histiocytosis

MAGE-1
MAGE-1
MAGE-1 精巣腫瘍 X400
1991年にヒトのMelanoma細胞から発見された腫瘍関連抗原(TAA)で、Melanoma-associated antigenという意味からMAGEと名付けられたが、現在では肝細胞癌、胃癌など他の癌でも発現することが知られている。Melanomaでは形質転換があるためおよそ40%(30〜60%とも)ほどに発現がみられるという。一般に正常細胞では発現がみられないが、HLA(MHC)を発現しない精巣の細胞では発現がみられるため Cancer-Testis抗原群(CTA)とも呼ばれる。MART-1/Melan ATyrosinaseなどと共に HLA(MHC)class I と結合し細胞障害性Tリンパ球(CTL)によって標的として認識されることにより腫瘍免疫応答を誘導する。MAGE遺伝子には12種が知られているが、Xq28;MAGE1 のコードするMAGE-1蛋白はHLA-A24と結合し、MZ2-E抗原とも呼ばれ特異的免疫療法での標的分子とされている。ホルマリン固定組織では要熱処理で、主に核、弱く細胞質に反応する。
MSLEQRSLHC KPEEALEAQQ EALGLVCVQA ATSSSSPLVL GTLEEVPTAG STDPPQSPQG ASAFPTTINF TRQRQPSEGS SSREEEGPST 
SCILESLFRA VITKKVADLV GFLLLKYRAR EPVTKAEMLE SVIKNYKHCF PEIFGKASES LQLVFGIDVK EADPTGHSYV LVTCLGLSYD 
GLLGDNQIMP KTGFLIIVLV MIAMEGGHAP EEEIWEELSV MEVYDGREHS AYGEPRKLLT QDLVQEKYLE YRQVPDSDPA RYEFLWGPRA 
LAETSYVKVL EYVIKVSARV RFFFPSLREA ALREEEEGV 
        

■ Major histocompatibility complex (MHC) ■
Major histocompatibility complex (MHC),Class I, HLA-A (参考)
Major histocompatibility complex (MHC), Class II, HLA-DR(α-chain)
Major histocompatibility complex (MHC), Class II, HLA-DR(β-chain) (参考)
HLA-DRα
HLA-DRα 扁桃 X400
HLA-DRβ
HLA-DRβ 凍結 脾 X400
「主要組織適合複合体」(Major histocompatibility complex:MHC)は、輸血の際の適合血液型のように移植組織の適合性に関係するものとして1936年に発見されたもので、軟骨魚類以上の生物が持つ自己・非自己の免疫認識に重要な分子である。歴史的経緯から動物によって異なる呼び名がつけられており、ヒトでは白血球における血液型に相当する抗原としてヒト白血球抗原(Human leukocyte antigen:HLA)と呼ばれる。 HLAは複数の遺伝子によって決定され、各々が多数の対立遺伝子を有しており遺伝的多様性が強い。これらは第6染色体短腕(6p21付近)の長大な部分(ほぼ大腸菌の全遺伝子に相当する長さと言われる)に分布し、その位置が動原体に近い方からclass II、(III)、I の各領域に区分されているが、実際にはclass III 遺伝子は補体C4など他の分子の遺伝子であるため、一般にHLAはclass I、class II 遺伝子各々に規定されるclass I 抗原とclass II 抗原に分けられている。
Class I 抗原にはHLA-A〜G(主要なものはA〜Cで、「古典的class I」とか「Class Ia」と呼ばれる)があり、それぞれ亜型がある。赤血球を除くほとんどの細胞にみられ、その細胞がウィルスなどに感染して生成される蛋白抗原が分解されたペプチドをCD8陽性Tリンパ球(CTL)に提示し、自らへのperforinGramzymeによる攻撃を促す働きをする。
Class II 抗原にはHLA-DP,DQ,DRがあり、それぞれ亜型がある。主にB細胞・マクロファージ・樹状細胞など免疫に関係する細胞に発現がみられ、細菌などの蛋白抗原を分解したペプチドをCD4陽性T細胞に提示し、マクロファージを活性化したりBリンパ球の抗体産生を促す働きをする。 → See 【 H 】HLA (HLA-DRα鎖以外は現在リストより削除しています)

Mammaglobin   ( 別名:SCGB2A2, MGB1, Uteroglobin 2 )   
Mammaglobin
MGB 乳癌 X400
Mammaglobinは乳癌細胞から同定された93aa,約10kDaほどの分泌糖蛋白で、Geneは MGB1 :11q12.3-q13。CC10などと同様に、Secretoglobin(SCGB)-Uteroglobin(UGB) family に属し、SCGB2A2と呼ばれるほかUGB2やH-MAMなどとも呼ばれる。成人女性の乳腺組織においては腺房や乳管上皮細胞の一部に発現がみられ、GCDFP-15などと共に転移性乳癌の鑑別に用いられるが、皮膚や子宮内膜等にも反応するという報告もある。(Int J Clin Exp Pathol 2,384-389,2009) 使用抗体はRab.MAb、ホルマリン固定では要熱処理。
MKLLMVLMLA ALSQHCYAGS GCPLLENVIS KTINPQVSKT EYKELLQEFI DDNATTNAID ELKECFLNQT DETLSNVEVF MQLIYDSSLC 
DLF                                                                (Bos:52%, Rab:51%, Rat:40-42%)
        

Mammary specific serpin (Maspin)   ( 別名:Serpin B5 ) (参考)
Maspin
Maspin 乳癌 X400
SCCと同様に、Serine proteinase inhibitor(Serpin)family に属する375aa,約42kDaの分泌蛋白(18q21.3,7exon)で、血管新生を阻害し腫瘍抑制蛋白として働く。乳腺では筋上皮細胞で可溶性蛋白として産生され、Mammary specific serpin、略して Maspinと呼ばれるが、発現は乳腺に特異的ではなく、前立腺や消化管などでも発現が見られる。通常はEts,AP-1(Activator protein-1),p53などによって発現が制御されている。Serpin B5(SPB5,SERPB5)、Protease inhibitor 5(PI5)とも呼ばれる。clone:EAW24のEpitopeはN末端側、ホルマリン固定では要熱処理、細胞質および核にも陽性。特に腫瘍では反応性は不均質で核に強く過剰発現がみられたり、また細胞質ではびまん性〜偏在性の反応性を示すことがある。 (リストより削除しました)
MDALQLANSA FAVDLFKQLC EKEPLGNVLF SPICLSTSLS LAQVGAKGDT ANEIGQVLHF ENVKDIPFGF QTVTSDVNKL SSFYSLKLIK 
RLYVDKSLNL STEFISSTKR PYAKELETVD FKDKLEETKG QINNSIKDLT DGHFENILAD NSVNDQTKIL VVNAAYFVGK WMKKFPESET 
KECPFRLNKT DTKPVQMMNM EATFCMGNID SINCKIIELP FQNKHLSMFI LLPKDVEDES TGLEKIEKQL NSESLSQWTN PSTMANAKVK 
LSIPKFKVEK MIDPKACLEN LGLKHIFSED TSDFSGMSET KGVALSNVIH KVCLEITEDG GDSIEVPGAR ILQHKDELNA DHPFIYIIRH 
NKTRNIIFFG KFCSP                                                     (Mus:89%, Rat:88%)
        

■ MAPK (Mitogen activated protein kinase) family ■
ERK
ERK 肺癌 X400
pMAPK
pMAPK 乳癌 X400
蛋白をリン酸化する酵素で、分子量4万〜6万のセリン/スレオニンキナーゼ(EC3.1.3.16)のグループ。哺乳類ではERK1/2JNK/SAPK(1〜3)、p38(α〜δ)、ERK5が含まれる。物理的化学的なストレスやTNFαGM-CSFなどの炎症性サイトカイン、受容体型チロシンキナーゼを介した増殖刺激などにより活性化され、 c-Fos、c-Myc、c-Jun(AP-1)などの転写因子を燐酸化する。構造的にはキナーゼ活性を持つ11個のサブドメインを有し、その7番目と8番目の間にあるスレオニンとチロシン基が MAPK kinase(MAPKK)によって燐酸化されることによって活性化する。このMAPKKはさらにMAPKK kinase(MAPKKK)により燐酸化されて活性化するという燐酸化のカスケード(滝)の仕組みになっている。このシステムは酵母から哺乳類まで種を越えて広く共通しており、免疫組織化学的にもかなり広い種交差性がみられる。 (ERK, JNK, p38共に現在リストより削除しています)

MART-1 (Melan A)
MART-1
MART-1(MalanA) Melanoma
X400(AEC発色)
MART-1はMelanoma Antigen Recognized by T cells-1 の略で、HLA-Aと結合し細胞傷害性T細胞(CTL)によって認識される Melanoma関連抗原のひとつ(他にMAGE1、MAGE3、GAGE1、BAGE1、gp100、gp75、Tyrosinaseなどが知られている)であり、Melan Aとも言われ、MART1 遺伝子(9p24.1;MLANA)によりコードされる20kD(22kDとも)の蛋白。SK29-AA、LB39-AAと呼ばれる抗原も同じもの。Melanomaの他、Melanocytic nevus,Blue nevus など色素細胞性疾患のほとんどで陽性となるのでHMB-45(gp100)陰性の Melanoma(約20%程度といわれる)の診断などに有用だが、副腎・精巣・卵巣のステロイド産生腫瘍でも陽性となるといわれる。
MPREDAHFIY GYPKKGHGHS YTTAEEAAGI GILTVILGVL LLIGCWYCRR RNGYRALMDK SLHVGTQCAL TRRCPQEGFD HRDSKVSLQE 
KNCEPVVPNA PPAYEKLSAE QSPPPYSP
        
Melanin顆粒とDAB発色の鑑別
Melanoma-HE
Melanoma, HE
Melanoma-PAS
Melanoma, MelanA/PAS
Melanoma-giemsa
Melanoma, MelanA/Giemsa
Melanoma-TB
Melanoma, MelanA/T-blue
酵素抗体法を用いてMelanoma(悪性黒色腫)関連抗原を検出する際に問題となるのは、発色基質として一般的に使用されている3,3'-diaminobenzidine(DAB)の発色と色調が似ているメラニン色素 Melanin pigmentとの鑑別である。その対策としては、 1)いわゆる「脱メラニン」処理を事前に行う(過酸化水素水に1時間以上浸漬しておくだけでも効果はある)、 2)発色基質(あるいは標識酵素を含めて)を替えて異なる色調で発色させる という方法が一般的には用いられているが、DAB発色を選択せざるを得ない場合などには、3)DABまたはメラニンの色調を後から変換するという方法もあり、中でもメチレンブルー、トルイジンブルーあるいはギムザ液などで後染色するとメタクロマジーによってメラニン色素が青味がかった緑色に、 PAS(過ヨウ素酸-シップ反応)ではピンク〜赤紫色になることが知られている(「渡辺・中根 酵素抗体法」,p186,名倉宏・長村義之・堤寛編,学際企画,2002)。ただ、2)、3)の方法を用いても、実際にはMART-1のコラムに提示した画像のようにメラニン色素の少ない部分で評価・判定することになるので、上図に示すようにメラニンの産生・蓄積の強い症例で抗原の局在が完全に重なる場合には鑑別が容易でないこともある。HE染色での情報などをもとに事前に1)の処理をきちんとすることが、やはり基本と言えよう。
抗体の名称(2)
メーカーによって「MART-1」と「MelanA」の異なる名称で市販されている。かなり昔のことではあるが、実は同じものではないかとずっと思っていたので複数の会社の営業マンの方に質問してみたら「名称が違うので別のものじゃないですか」とか言われた。それで幾つかの抗体を購入したりサンプルを提供してもらったりして試してみたのだがどうしても納得できなかったというようなことがあった。市販されだした当初のことなので営業の方もあまり詳しくは知らなかったのだろうが、考えれば無駄なことをした。まあ、クローンが違えば「別のもの」と言っても嘘ではないのだが・・・結局、「抗体名」と言えども上市される以上は「商品名」であり、その命名は基本的にメーカーが行うのだということである。このような例は他にもあり、別名のある抗原蛋白や略号の場合には注意が必要であろう。

Matrix metalloproteinase  (MMP 1,MMP 2,MMP 3,MMP 7,MMP 9,MMP 12)
MMP-1
MMP-1 結腸癌 X400
MMP-2
MMP-2 結腸 X400
MMP-3
MMP-3 結腸癌 X400
MMP-7
MMP-7 胎盤 X400
MMP-9
MMP-9 結腸癌 X400
MMP-9
MMP-9 皮膚 X400
MMP-12
MMP-12 皮膚 X400
Matrix metalloproteinase(MMPs)は、最初、Gelatin分解酵素としてオタマジャクシの尾から発見された。CollagenElastinFibronectinLamininProteoglycanなどの細胞外基質(Extra cellular matrix:ECM)を基質とする蛋白分解酵素(proteinase/peptidase)の一群で、金属(Metal) イオンであるZn++とCa++が結合してその酵素活性を示すところから名前の由来となった。サイトカインなどの刺激により線維芽細胞、内皮細胞などから不活性型前駆体として分泌された後活性化する可溶性のもののほか、分泌されず細胞膜に固定されたもの(膜型:MT-MMP)も1994年に金沢大学のSatoらによって発見された。現在、脊椎動物のMMPは番号で呼ばれ、分解する基質によってCollagenaseやGelatinaseなどとして下表のように区分される。

MMP-1(EC3.4.24.7,前駆体として469aa,約57kDa,Gene:11q22.2)は、Collagenase-1(CLGN),Fibroblast collagenase,Interstitial collagenaseとも呼ばれ、 Collagen typeI, II, III, VII, VIII, X 等を基質とし、同じgelatinaseのMMP8,MMP13との間で50%以上の相同性があるといわれる。(MMP-1は抗体がなくなりました)
MMP-2(EC3.4.24.24,前駆体として660aa,約72kDa,Gene:16q12.2)は、Gelatinase A(GELA),72KD type IV collagenase(CLG4A),TBE-1,MONAとも呼ばれ、 Collagen typeI,IV,V,VII,X,XI,XIV,Fibronectin,Laminin,Elastin,Proteoglycan等を基質とする。
MMP-3(EC3.4.24.17,前駆体として477aa,約57kDa,Gene:11q22.3)は、Stromelysin1(SL-1,STR-1,STMY1),Transin-1、Proteoglycanase あるいはProgelatinaseとも呼ばれ、Collagen typeII,III,IV,V,IX,Fibronectin,Proteoglycan等を基質とする。
MMP-7(EC3.4.24.23,前駆体として267aa,約29kDa,Gene:11q22.2)は、Matrilysis,Matrin,Uterine metalloproteinase,PUMP-1などとも呼ばれ、Collagen typeIV,Elastin,Proteoglycan等を基質とする。
MMP-9(EC3.4.24.35,前駆体として707aa,約92kDa,Gene:20q12-13)は"92KD Type IV collagenase(CLG4B)あるいはGelatinase B(GELB)とも呼ばれ、 Collagen typeIV,V,VII,X,Elastin,Laminin,Proteoglycan等を基質とする。
MMP-12(EC3.4.24.65,前駆体として470aa,約54kDa,Gene:11q22.3)は、Metalloelastase,Macrophage elastase(ME,HME),Matrixinとも呼ばれ、Elastin,Fibronectin,Laminin,Collagen typeIV,Proteoglycan等を基質とする。
(See → 【 E 】Elastase, Macrophage

MMPの活性は阻害因子である TIMP(Tissue inhibitor of metalloproteinase)と結合して複合体となることによって抑制的に調節されているが、プラスミンなどによりMMPの産生は増強される。慢性関節リウマチにおける骨の破壊や分娩に際しての子宮の退縮などでのECMの分解のほか、肉芽形成や血管新生に際して線維芽細胞や血管平滑筋は増殖因子の刺激によりECMと共にMMPの産生も増加させる。また炎症に際して好中球、マクロファージなどでの産生も増加するほか、腫瘍細胞でも作られその間質浸潤や転移に関係している。いずれもホルマリン固定組織では熱処理が必要。細胞質にドット状〜びまん性に反応。

Collagenase family MMP1:Collagenase-1 MMP8:Collagenase-2 MMP13:Collagenase-3
Gelatinase family MMP2:Gelatinase A MMP9:Gelatinase B  
Stromelysin family MMP3:Stromelysin-1 MMP10:Stromelysin-2 MMP11:Stromelysin-3
Matrilysin family MMP7:Matrilysin-1 MMP26:Matrilysin-2  
Others MMP12:Φ-Elastase
MMP19
MMP20:Enamelysin
MMP21
MMP27
MMP28:Epilysin
Membrane type(MT) MMP14:MT1
MMP15:MT2
MMP16:MT3
MMP24:MT5
MMP23 MMP17:MT4
MMP25:MT6

MMP1:  (100-469) 
MHSFPPLLLL LFWGVVSHSF PATLETQEQD VDLVQKYLEK YYNLKNDGRQ VEKRRNSGPV VEKLKQMQEF FGLKVTGKPD AETLKVMKQP 
RCGVPDVAQF VLTEGNPRWE QTHLTYRIEN YTPDLPRADV DHAIEKAFQL WSNVTPLTFT KVSEGQADIM ISFVRGDHRD NSPFDGPGGN 
LAHAFQPGPG IGGDAHFDED ERWTNNFREY NLHRVAAHEL GHSLGLSHST DIGALMYPSY TFSGDVQLAQ DDIDGIQAIY GRSQNPVQPI 
GPQTPKACDS KLTFDAITTI RGEVMFFKDR FYMRTNPFYP EVELNFISVF WPQLPNGLEA AYEFADRDEV RFFKGNKYWA VQGQNVLHGY 
PKDIYSSFGF PRTVKHIDAA LSEENTGKTY FFVANKYWRY DEYKRSMDPG YPKMIAHDFP GIGHKVDAVF MKDGFFYFFH GTRQYKFDPK 
TKRILTLQKA NSWFNCRKN                                     (Bos:89%,Rab:88%,Sus:86%,Mus:60%,Rat:59%)
 
MMP2:  (110-660) 
MEALMARGAL TGPLRALCLL GCLLSHAAAA PSPIIKFPGD VAPKTDKELA VQYLNTFYGC PKESCNLFVL KDTLKKMQKF FGLPQTGDLD 
QNTIETMRKP RCGNPDVANY NFFPRKPKWD KNQITYRIIG YTPDLDPETV DDAFARAFQV WSDVTPLRFS RIHDGEADIM INFGRWEHGD 
GYPFDGKDGL LAHAFAPGTG VGGDSHFDDD ELWTLGEGQV VRVKYGNADG EYCKFPFLFN GKEYNSCTDT GRSDGFLWCS TTYNFEKDGK 
YGFCPHEALF TMGGNAEGQP CKFPFRFQGT SYDSCTTEGR TDGYRWCGTT EDYDRDKKYG FCPETAMSTV GGNSEGAPCV FPFTFLGNKY 
ESCTSAGRSD GKMWCATTAN YDDDRKWGFC PDQGYSLFLV AAHEFGHAMG LEHSQDPGAL MAPIYTYTKN FRLSQDDIKG IQELYGASPD 
IDLGTGPTPT LGPVTPEICK QDIVFDGIAQ IRGEIFFFKD RFIWRTVTPR DKPMGPLLVA TFWPELPEKI DAVYEAPQEE KAVFFAGNEY 
WIYSASTLER GYPKPLTSLG LPPDVQRVDA AFNWSKNKKT YIFAGDKFWR YNEVKKKMDP GFPKLIADAW NAIPDNLDAV VDLQGGGHSY 
FFKGAYYLKL ENQSLKSVKF GSIKSDWLGC              (Can:97%,Bos/Sus/Rab/Mus/Rat:96%,Gal:84%)
 
MMP3: (100-477)
MKSLPILLLL CVAVCSAYPL DGAARGEDTS MNLVQKYLEN YYDLKKDVKQ FVRRKDSGPV VKKIREMQKF LGLEVTGKLD SDTLEVMRKP 
RCGVPDVGHF RTFPGIPKWR KTHLTYRIVN YTPDLPKDAV DSAVEKALKV WEEVTPLTFS RLYEGEADIM ISFAVREHGD FYPFDGPGNV 
LAHAYAPGPG INGDAHFDDD EQWTKDTTGT NLFLVAAHEI GHSLGLFHSA NTEALMYPLY HSLTDLTRFR LSQDDINGIQ SLYGPPPDSP 
ETPLVPTEPV PPEPGTPANC DPALSFDAVS TLRGEILIFK DRHFWRKSLR KLEPELHLIS SFWPSLPSGV DAAYEVTSKD LVFIFKGNQF 
WAIRGNEVRA GYPRGIHTLG FPPTVRKIDA AISDKEKNKT YFFVEDKYWR FDEKRNSMEP GFPKQIAEDF PGIDSKIDAV FEEFGFFYFF 
TGSSQLEFDP NAKKVTHTLK SNSWLNC                    (Rab:84%,Can/Equ/Fel:82%,Sus:80%,Mus:78%,Rat:76%)
 
MMP7:  (95-267) 
MRLTVLCAVC LLPGSLALPL PQEAGGMSEL QWEQAQDYLK RFYLYDSETK NANSLEAKLK EMQKFFGLPI TGMLNSRVIE IMQKPRCGVP 
DVAEYSLFPN SPKWTSKVVT YRIVSYTRDL PHITVDRLVS KALNMWGKEI PLHFRKVVWG TADIMIGFAR GAHGDSYPFD GPGNTLAHAF 
APGTGLGGDA HFDEDERWTDGSSLGINFLY AATHELGHSL GMGHSSDPNA VMYPTYGNGD PQNFKLSQDD IKGIQKLYGK RSNSRKK 
                                                     (Sus:81%,Can:79%,Bos/Ovi:78%,Mus:70%,Rat:69%)
MMP9:  (94-707) 
MSLWQPLVLV LLVLGCCFAA PRQRQSTLVL FPGDLRTNLT DRQLAEEYLY RYGYTRVAEM RGESKSLGPA LLLLQKQLSL PETGELDSAT 
LKAMRTPRCG VPDLGRFQTF EGDLKWHHHN ITYWIQNYSE DLPRAVIDDA FARAFALWSA VTPLTFTRVY SRDADIVIQF GVAEHGDGYP 
FDGKDGLLAH AFPPGPGIQG DAHFDDDELW SLGKGVVVPT RFGNADGAAC HFPFIFEGRS YSACTTDGRS DGLPWCSTTA NYDTDDRFGF 
CPSERLYTRD GNADGKPCQF PFIFQGQSYS ACTTDGRSDG YRWCATTANY DRDKLFGFCP TRADSTVMGG NSAGELCVFP FTFLGKEYST 
CTSEGRGDGR LWCATTSNFD SDKKWGFCPD QGYSLFLVAA HEFGHALGLD HSSVPEALMY PMYRFTEGPP LHKDDVNGIR HLYGPRPEPE 
PRPPTTTTPQ PTAPPTVCPT GPPTVHPSER PTAGPTGPPS AGPTGPPTAG PSTATTVPLS PVDDACNVNI FDAIAEIGNQ LYLFKDGKYW 
RFSEGRGSRP QGPFLIADKW PALPRKLDSV FEEPLSKKLF FFSGRQVWVY TGASVLGPRR LDKLGLGADV AQVTGALRSG RGKMLLFSGR 
RLWRFDVKAQ MVDPRSASEV DRMFPGVPLD THDVFQYREK AYFCQDRFYW RVSSRSELNQ VDQVGYVTYD ILQCPED 
                  (against full-length  Rab:83%,Can/Bos/Equ:80%,Rat:73%.Mus:72%)
MMP12:  (106-470)
MKFLLILLLQ ATASGALPLN SSTSLEKNNV LFGERYLEKF YGLEINKLPV TKMKYSGNLM KEKIQEMQHF LGLKVTGQLD TSTLEMMHAP 
RCGVPDVHHF REMPGGPVWR KHYITYRINN YTPDMNREDV DYAIRKAFQV WSNVTPLKFS KINTGMADIL VVFARGAHGD FHAFDGKGGI 
LAHAFGPGSG IGGDAHFDED EFWTTHSGGT NLFLTAVHEI GHSLGLGHSS DPKAVMFPTY KYVDINTFRL SADDIRGIQS LYGDPKENQR 
LPNPDNSEPA LCDPNLSFDA VTTVGNKIFF FKDRFFWLKV SERPKTSVNL ISSLWPTLPS GIEAAYEIEA RNQVFLFKDD KYWLISNLRP 
EPNYPKSIHS FGFPNFVKKI DAAVFNPRFY RTYFFVDNQY WRYDERRQMM DPGYPKLITK NFQGIGPKID AVFYSKNKYY YFFQGSNQFE
YDFLLQRITK TLKSNSWFGC                        (Rab:75%,Can:72%,Sus:71%,Rat:66%,Mus:65%)
        

Merosin (Laminin2) (参考)
  Merosin(Gene:6q22;LamA2 Lamininファミリーに属する糖蛋白でLaminin2とも呼ばれる。 Laminin1(最初に発見されたいわゆる「ラミニン」)と基本構造が共通しA鎖がα2、B鎖がβ2サブユニットからなる。神経鞘、横紋筋の基底膜に存在し、筋細胞ではDystroglican複合体を介してDystrophinと結合し、細胞外マトリックス(ECM)とつないでおり、筋ジストロフィーの一型で常染色体劣性遺伝をするMerosin(Laminin2)欠損型CMDはこの欠損により生じる。本抗体(clone:Mer3/22B2)はα2鎖部分を認識している。    → See 【 D 】Dystrophin,【 L 】Laminin (抗体の期限切れに伴いリストより削除しました)

Mesothelin
Mesothelin
Mesothelin 胸膜 X400
Mesothelinは16p13.3上の遺伝子MSLN に支配される400kDのGlycosyl-phosphatidylinositol-linked (GPI)糖蛋白で、転写時のvariantであるMegakaryocyte potentiating factor(MPF)などとfamilyを形成する。中皮細胞の細胞膜に強く発現しており機能的には不明だが、おそらく接着分子として働いているものと考えられている。別名としてSMR、CAK-1などがある。中皮腫のマーカーとしてCalretininHBME-1とともに有用であるが、卵巣癌の多くのほか扁平上皮癌の一部とも反応する。CAK-1の項を参照)この抗体(clone:5B2)はホルマリン固定組織でも熱処理によって応用できる。
MALPTARPLL GSCGTPALGS LLFLLFSLGW VQPSRTLAGE TGQEAAPLDG VLANPPNISS LSPRQLLGFP CAEVSGLSTE RVRELAVALA 
QKNVKLSTEQ LRCLAHRLSE PPEDLDALPL DLLLFLNPDA FSGPQACTHF FSRITKANVD LLPRGAPERQ RLLPAALACW GVRGSLLSEA 
DVRALGGLAC DLPGRFVAES AEVLLPRLVS CPGPLDQDQQ EAARAALQGG GPPYGPPSTW SVSTMDALRG LLPVLGQPII RSIPQGIVAA 
WRQRSSRDPS WRQPERTILR PRFRREVEKT ACPSGKKARE IDESLIFYKK WELEACVDAA LLATQMDRVN AIPFTYEQLD VLKHKLDELY 
PQGYPESVIQ HLGYLFLKMS PEDIRKWNVT SLETLKALLE VNKGHEMSPQ VATLIDRFVK GRGQLDKDTL DTLTAFYPGY LCSLSPEELS 
SVPPSSIWAV RPQDLDTCDP RQLDVLYPKA RLAFQNMNGS EYFVKIQSFL GGAPTEDLKA LSQQNVSMDL ATFMKLRTDA VLPLTVAEVQ 
KLLGPHVEGL KAEERHRPVR DWILRQRQDD LDTLGLGLQG GIPNGYLVLD LSVQEALSGT PCLLGPGPVL TVLALLLAST LA(296-622)
        

Metallothionein (参考)
Metallothionein
MT 肝生検 X400

【参考】上図とは別の症例
Rhodanine
Rhodanine染色 肝生検 X400
Metallothionein(MT)は1957年に発見された61aa、分子量約6000ほどの蛋白で、チオール基(-SH)を側鎖にもつシステインに富む金属結合性蛋白であるところから名付られた。動植物から細菌までの多くの生物にみられ、ヒトの場合は遺伝子は16q13にあり多数のisoformがある。システインの硫黄(S)は亜鉛、銅などの金属原子と結合性が強く、 Zn++やCu++の運搬・代謝に関与しているほか、水銀、カドミウム、金、銀などの重金属と結合しこれらの毒性緩和や活性酸素の除去にも関係する一種の防御蛋白で、重金属投与、感染症、低温、酸化ストレスなどにより特に肝や腎で強く誘導合成される。免疫組織化学的には成人の肝では陰性か、極めて弱い反応しか見られないが、カドミウムや水銀中毒及び銅の代謝異常であるWilson病では細胞質及び核に強く発現する。他に甲状腺腫瘍や乳腺の筋上皮などで陽性となる。またMT陽性の腫瘍はシスプラチンなどの薬剤に対し感受性が低く予後が悪いと言われる。ホルマリン固定組織では熱処理が有効。 左(上)に呈示した画像はWilson病が疑われた方の肝生検材料で、肝細胞の核及びそれよりやや弱く細胞質にびまん性に反応し、所々で点状〜顆粒状に強い反応が見られた。対照として同時に行った他疾患の肝生検材料3例は全て陰性であった。また同時に行ったロダニン法による銅染色はこの症例では陰性であった。従って本抗体による反応は旧来の金属検出用特殊染色より鋭敏で特異性の高いものと考えられる。ただし、左上図に示すように組織内部の細胞に比して外側の細胞では明らかに反応が弱い。このことは本抗体による反応が過剰固定により負の修飾を受けやすいことを示唆しているので、その点注意すべきであろう。(リストより削除しました。)
A:  MDPNCSCATG GSCTCTGSCK CKECKCNSCK KSCCSCCPMS CAKCAQGCIC KGASEKCSCC A 
B:  MDPNCSCTTG GSCACAGSCK CKECKCTSCK KCCCSCCPVG CAKCAQGCVC KGSSEKCRCC A 
E:  MDPNCSCATG GSCTCAGSCK CKECKCTSCK KSCCSCCPVG CAKCAQGCVC KGASEKCSCC A 
F:  MDPNCSCAAG VSCTCAGSCK CKECKCTSCK KSCCSCCPVG CSKCAQGCVC KGASEKCSCC D 
        

MIC2 protein(CD99)  (別名:E2,12E7,FMC29,HuLy-m6)
MIC2
MIC2(CD99) 膵 X400
性染色体短腕(Xp22.32及びYp11.3)のMIC2 遺伝子にコードされる30/32kD(185aa)の糖蛋白。Tリンパ球の表面抗原としてヒツジ赤血球とのロゼット形成に関係しCD99として分類されている他、胸腺皮質、卵巣顆粒膜、精巣セルトリ細胞、膵ラ島細胞や内皮細胞の一部にも発現している。腫瘍ではEwing肉腫/PNET(末梢性未分化神経上皮腫 Peripheral primitive neuroectodermal tumor)のマーカーとして有名だが、横紋筋肉腫(胎児型)や滑膜肉腫、脳腫瘍では膠芽腫、上衣腫などでも陽性例があると言われる。またT-ALL細胞にも反応する。ホルマリン固定組織では熱処理が必要。 (2012.2.14 clone変更しました)
MARGAALALL LFGLLGVLVA APDGGFDLSD ALPDNENKKP TAIPKKPSAG DDFDLGDAVV DGENDDPRPP NPPKPMPNPN PNHPSSSGSF 
SDADLADGVS GGEGKGGSDG GGSHRKEGEE ADAPGVIPGI VGAVVVAVAG AISSFIAYQK KKLCFKENAE QGEVDMESHR NANAEPAVQR 
TLLEK
        

Mitochondria, human    
Mitochodria
Mitochondria 腸 X400
ミトコンドリアは、真核生物の殆どの細胞に含まれる直径0.5μm程度の球〜円筒形の細胞内器官で、そのmatrixには好気的エネルギー産生に関わる酵素群が含まれている。抗ミトコンドリア抗体(anti-mitochondrial antibody:AMA)というと、一般には原発性胆汁性肝硬変(primary biliary cirrhosis:PBC)等での自己抗体として知られるが、この抗体はヒト細胞のミトコンドリアと反応し、MouseやRatの細胞とは反応しないのでxenographic modelにおけるヒト細胞の確認に利用できるほか、mtDNAs変異によるMELAS(mitochondrial myopathy, encephalopathy, lactic acidosis and stroke-like episodes)、MERRF(myoclonus epilepsy associated with ragged-red fibers)等でも利用できる可能性がある。
MOC-31  (別名:40kD membrane associatedn protein 2, "Lung carcinoma cluster 2") (参考)
MOC-31
MOC-31肺癌 X400
MOC-31は抗体のクローン名称で、この抗体の認識するものは肺癌関連抗原のcluster IIに相当する40kDの細胞膜蛋白。 "Lung antigen"とか"Lung carcinoma antigen"とかという名称で呼ばれたりもするが、肺組織あるいは肺癌細胞に特異的ではなく、正常の気管支円柱上皮、唾液腺などの上皮細胞や血管内皮などにも反応するほか、副腎、脳でも染まる。また"全ての肺癌に反応する"と言うが、腺癌に比べ扁平上皮癌では反応は乏しいように思える。ただ、中皮細胞、中皮腫細胞には反応しないので体腔液中での腺癌と中皮腫の鑑別に有用と言われる。 (体腔液細胞診アトラス:亀井敏昭・海老原善郎,p184,篠原出版新社,2002) ホルマリン固定組織では反応が損なわれやすく熱処理が必要。(抗体残量僅少につきリストより削除しました。)

■ Mucin antigens ■
Muc-1 glycoprotein (MUC1)       Muc-2 glycoprotein (MUC2)
Muc-5AC glycoprotein (MUC5AC)   Muc-6 glycoprotein (MUC6)
Mucin,HIK1083 (M-GGMC-1)
(電話などでは接着分子のMac-1などと紛らわしいので「ムック」と発音してください。)
MUC1
MUC1 乳癌 ×400
MUC1c
MUC1core 乳癌 ×400
MUC2
MUC2 胃 ×400
MUC5AC
MUC5AC 胃 ×100
MUC6
MUC6 胃 ×100
糖蛋白は基本的に蛋白質に種々の糖鎖が結合(Glycosylation)したもので、結合部位がアスパラギン残基の糖鎖をN型、セリンまたはスレオニン残基のものをO型糖鎖という。所謂「ムチン(mucin)」とはO結合型オリゴ糖を含有する高分子糖蛋白で、糖鎖の修飾によって分子量は異なるが、基本構造としては Core peptideを中心とする直線的な構造にヒゲのように糖鎖が結合している。core peptideのアミノ酸配列中にセリン、スレオニンを多く含むタンデムリピート(tandem repeat)と呼ばれる独特な繰り返しがあって、その配列の違いからMUC1,2,3A,3B,4,5AC,5B,6,7,8・・・などに分けられ、現在MUC21くらいまで報告されている。これらにはMUC1,3,4,12などのように消化管や気道粘膜の上皮細胞の細胞膜に結合する膜結合型ムチン(T型膜貫通蛋白)と、MUC2,5AC,5B,6,7,19などのように細胞から分泌されゲル状(いわゆる粘液の成分)となって粘膜表面を覆う分泌型ムチンとがあり、 MUC1を除き大体が前者は7q22付近に、後者は11p15付近に遺伝子が集中している。 これらの発現増強にはIL-6INF-γなどのサイトカインや、細菌などのリポポリサッカロイド(LPS)が関わっているが、STATNFκBCDX2などの関与も疑われている。
 MUC1(CD227,Gene:1q21-23;MUC1)は膜結合型のApomucinで、Polymorphic epithelial mucin(PEM)、Peanut-reactive urinary mucin(PUM)などとも呼ばれたように多くの腺腔上皮に発現するが、Breast carcinoma-associated antigen DF32など「乳腺型」と呼ばれることもあるように主に乳癌や膵癌など Serous typeの広範な腺癌細胞の膜表面に過剰発現する。 EMA、CA15-3、HMFG-1など、さらにCA19-9DUPAN2に対する抗体が認識する糖鎖抗原も実はMUC1あるいはそのcore上にある。
 MUC2(Gene:11p15.5;MUC2)は、アミノ酸にして5000以上に及ぶ大型の分泌型Apomucinで、Intestinal mucin「腸型ムチン」とも呼ばれるように腸管や気道粘膜に発現している。粘膜消化管などの Mucinous typeの腺癌に陽性が多い。
胆管癌・膵癌などでは膨張性に発育するものではMUC1(-)MUC2(+)であるが、浸潤性発育を示す予後不良なものではMUC1(+)MUC2(-)が多く、 このことよりMUC1(膜結合型)の発現は予後不良因子、MUC2(分泌型)の過剰発現は予後良好因子とする報告がある。(Yonezawa et.al : "Expression of mucin antigens in human cancers and its relationship with malignancy potential"; Pathol.Int.47:813-830,1997) 胃・大腸癌でも同様にMUC1の発現の強いものは転移しやすいと言われる。(野元三治・米澤 傑:「消化管癌の悪性度とMUC1蛋白発現」;病理と臨床,23(9):954-959,2005に詳しく解説されている。)
 MUC5AC(Gene:11p15.5;MUC5AC)は分泌型ムチンで、Lewis B blood group antigen(LeB)とも呼ばれる。気道粘膜からも分泌されMajor airway glycoproteinなどとも言われるが、胃ではHuman gastric mucin抗体と同様に表層部腺窩細胞に反応し、「胃型ムチン」とも呼ばれる。一方、MUC6(Gene:11p15)や、ラット胃粘液に由来する1,4-GlcNAcを含むムチン型糖鎖を認識するHIK1083(M-GGMC-1)抗体の陽性細胞は、主に胃では幽門・噴門腺、Brunner腺(いわゆるIII型粘液)に見られる。  →【 G 】 Gastric Mucin の項参照
(MUC-1,2,4,5ACについては、米澤 傑ほか;病理と臨床,vol.29,臨時増刊:328-340,2011で、疾患別発現や分子標的治療まで具体的かつ解り易く解説されている)
Lectinと糖鎖
Con A
Con A 胃 X400
PNA
PNA 胃 X100
SBA
SBA 胃 X100
UEA-I
UEA-I 胃 X100
Lectinは特異的に糖鎖と結合する蛋白の総称で、ラテン語で「選択」を意味する"Legere"がその語源と言われる。もともと細胞を凝集させる物質として発見されたので凝集素(Agglutinin)と呼ばれていた経緯から、古くから知られている lectinには略号の末尾に”A”の付くものが多い。植物性 plant lectin、動物性 animal lectin、細菌性bacterial lectin など様々なものがあり、種類によって親和性の高い糖鎖が異なるので植物性Lectinなどは糖鎖の検出に試薬として利用される。(Lectinと糖鎖の結合反応そのものは免疫グロブリンを介した免疫的な反応ではないが、LectinにHRPやBiotinを標識しておけば酵素抗体法の試薬を利用して反応を可視化できる。)また、動物性LectinなどはLectin構造を含む蛋白自体を抗原として免疫組織化学的な検出対象となることもある。

Plant lectin - Legume lectin の例
略号 通 称 名 由 来 植 物  (学 名) 糖 鎖
Con A コンカナバリンA ナタ豆 Jack bean (Canavalia ensiformis) M-α-D-Man, D-Glc
PNA ピーナッツレクチン ピーナッツ Peanut (Arachis hypogaea) Galβ1-3GalNAc, D-Gal
SBA 大豆レクチン 大豆 Soy bean (Glycine max) GalNAcα1-3Gal
UEA-I   ヨーロッパハリエニシダ  Ulex europaeus α-L-Fuc
(Glc:Glucose,Gal:Galactose,Man:Mannose,Fuc:Fucose,NAc:N-Acethyl,M:Methyl)

Animal lectin の例 (本リスト掲載抗体)
分 類 通 称 名 参照項目 糖 鎖
C-type lectin Collectin
Selectin
Lung surfactant protein (SP-A)
CD62E, CD62L, CD62P

I -type lectin Siglec CD22, CD33
S-type lectin Galectin Galectin 3

MUC-1 (isoform1)
MTPGTQSPFF LLLLLTVLTV VTGSGHASST PGGEKETSAT QRSSVPSSTE KNAVSMTSSV LSSHSPGSGS STTQGQDVTL APATEPASGS AATWGQDVTS 
VPVTRPALGS TTPPAHDVTS APDNKPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS 
APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS 
APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS 
APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS 
APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS 
APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS 
APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS 
APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS 
APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDTRPAPGS TAPPAHGVTS APDNRPALGS TAPPVHNVTS ASGSASGSAS TLVHNGTSAR ATTTPASKST PFSIPSHHSD 
TPTTLASHST KTDASSTHHS SVPPLTSSNH STSPQLSTGV SFFFLSFHIS NLQFNSSLED PSTDYYQELQ RDISEMFLQI YKQGGFLGLS NIKFRPGSVV 
VQLTLAFREG TINVHDVETQ FNQYKTEAAS RYNLTISDVS VSDVPFPFSA QSGAGVPGWG IALLVLVCVL VALAIVYLIA LAVCQCRRKN YGQLDIFPAR 
DTYHPMSEYP TYHTHGRYVP PSSTDRSPYE KVSAGNGGSS LSYTNPAVAA TSANL 
 
MUC-2
MGLPLARLAA VCLALSLAGG SELQTEGRTR YHGRNVCSTW GNFHYKTFDG DVFRFPGLCD YNFASDCRGS YKEFAVHLKR GPGQAEAPAG VESILLTIKD 
DTIYLTRHLA VLNGAVVSTP HYSPGLLIEK SDAYTKVYSR AGLTLMWNRE DALMLELDTK FRNHTCGLCG DYNGLQSYSE FLSDGVLFSP LEFGNMQKIN 
QPDVVCEDPE EEVAPASCSE HRAECERLLT AEAFADCQDL VPLEPYLRAC QQDRCRCPGG DTCVCSTVAE FSRQCSHAGG RPGNWRTATL CPKTCPGNLV 
YLESGSPCMD TCSHLEVSSL CEEHRMDGCF CPEGTVYDDI GDSGCVPVSQ CHCRLHGHLY TPGQEITNDC EQCVCNAGRW VCKDLPCPGT CALEGGSHIT 
TFDGKTYTFH GDCYYVLAKG DHNDSYALLG ELAPCGSTDK QTCLKTVVLL ADKKKNAVVF KSDGSVLLNQ LQVNLPHVTA SFSVFRPSSY HIMVSMAIGV 
RLQVQLAPVM QLFVTLDQAS QGQVQGLCGN FNGLEGDDFK TASGLVEATG AGFANTWKAQ STCHDKLDWL DDPCSLNIES ANYAEHWCSL LKKTETPFGR 
CHSAVDPAEY YKRCKYDTCN CQNNEDCLCA ALSSYARACT AKGVMLWGWR EHVCNKDVGS CPNSQVFLYN LTTCQQTCRS LSEADSHCLE GFAPVDGCGC 
PDHTFLDEKG RCVPLAKCSC YHRGLYLEAG DVVVRQEERC VCRDGRLHCR QIRLIGQSCT APKIHMDCSN LTALATSKPR ALSCQTLAAG YYHTECVSGC 
VCPDGLMDDG RGGCVVEKEC PCVHNNDLYS SGAKIKVDCN TCTCKRGRWV CTQAVCHGTC SIYGSGHYIT FDGKYYDFDG HCSYVAVQDY CGQNSSLGSF 
SIITENVPCG TTGVTCSKAI KIFMGRTELK LEDKHRVVIQ RDEGHHVAYT TREVGQYLVV ESSTGIIVIW DKRTTVFIKL APSYKGTVCG LCGNFDHRSN 
NDFTTRDHMV VSSELDFGNS WKEAPTCPDV STNPEPCSLN PHRRSWAEKQ CSILKSSVFS ICHSKVDPKP FYEACVHDSC SCDTGGDCEC FCSAVASYAQ 
ECTKEGACVF WRTPDLCPIF CDYYNPPHEC EWHYEPCGNR SFETCRTING IHSNISVSYL EGCYPRCPKD RPIYEEDLKK CVTADKCGCY VEDTHYPPGA 
SVPTEETCKS CVCTNSSQVV CRPEEGKILN QTQDGAFCYW EICGPNGTVE KHFNICSITT RPSTLTTFTT ITLPTTPTSF TTTTTTTTPT SSTVLSTTPK 
LCCLWSDWIN EDHPSSGSDD GDREPFDGVC GAPEDIECRS VKDPHLSLEQ HGQKVQCDVS VGFICKNEDQ FGNGPFGLCY DYKIRVNCCW PMDKCITTPS 
PPTTTPSPPP TTTTTLPPTT TPSPPTTTTT TPPPTTTPSP PITTTTTPLP TTTPSPPIST TTTPPPTTTP SPPTTTPSPP TTTPSPPTTT TTTPPPTTTP 
SPPMTTPITP PASTTTLPPT TTPSPPTTTT TTPPPTTTPS PPTTTPITPP TSTTTLPPTT TPSPPPTTTT TPPPTTTPSP PTTTTPSPPT ITTTTPPPTT 
TPSPPTTTTT TPPPTTTPSP PTTTPITPPT STTTLPPTTT PSPPPTTTTT PPPTTTPSPP TTTTPSPPIT TTTTPPPTTT PSSPITTTPS PPTTTMTTPS 
PTTTPSSPIT TTTTPSSTTT PSPPPTTMTT PSPTTTPSPP TTTMTTLPPT TTSSPLTTTP LPPSITPPTF SPFSTTTPTT PCVPLCNWTG WLDSGKPNFH 
KPGGDTELIG DVCGPGWAAN ISCRATMYPD VPIGQLGQTV VCDVSVGLIC KNEDQKPGGV IPMAFCLNYE INVQCCECVT QPTTMTTTTT ENPTPPTTTP 
ITTTTTVTPT PTPTGTQTPT TTPITTTTTV TPTPTPTGTQ TPTTTPITTT TTVTPTPTPT GTQTPTTTPI TTTTTVTPTP TPTGTQTPTT TPITTTTTVT 
PTPTPTGTQT PTTTPITTTT TVTPTPTPTG TQTPTTTPIT TTTTVTPTPT PTGTQTPTTT PITTTTTVTP TPTPTGTQTP TTTPITTTTT VTPTPTPTGT 
QTPTTTPITT TTTVTPTPTP TGTQTPTTTP ITTTTTVTPT PTPTGTQTPT TTPITTTTTV TPTPTPTGTQ TPTTTPITTT TTVTPTPTPT GTQTPTTTPI 
TTTTTVTPTP TPTGTQTPTT TPITTTTTVT PTPTPTGTQT PTTTPITTTT TVTPTPTPTG TQTPTTTPIT TTTTVTPTPT PTGTQTPTTT PITTTTTVTP 
TPTPTGTQTP TTTPITTTTT VTPTPTPTGT QTPTTTPITT TTTVTPTPTP TGTQTPTTTP ITTTTTVTPT PTPTGTQTPT TTPITTTTTV TPTPTPTGTQ 
TPTTTPITTT TTVTPTPTPT GTQTPTTTPI TTTTTVTPTP TPTGTQTPTT TPITTTTTVT PTPTPTGTQT PTTTPITTTT TVTPTPTPTG TQTPTTTPIT 
TTTTVTPTPT PTGTQTPTTT PITTTTTVTP TPTPTGTQTP TTTPITTTTT VTPTPTPTGT QTPTTTPITT TTTVTPTPTP TGTQTPTTTP ITTTTTVTPT 
PTPTGTQTPT TTPITTTTTV TPTPTPTGTQ TPTTTPITTT TTVTPTPTPT GTQTPTTTPI TTTTTVTPTP TPTGTQTPTT TPITTTTTVT PTPTPTGTQT 
PTTTPITTTT TVTPTPTPTG TQTPTTTPIT TTTTVTPTPT PTGTQTPTTT PITTTTTVTP TPTPTGTQTP TTTPITTTTT VTPTPTPTGT QTPTTTPITT 
TTTVTPTPTP TGTQTPTTTP ITTTTTVTPT PTPTGTQTPT TTPITTTTTV TPTPTPTGTQ TPTTTPITTT TTVTPTPTPT GTQTPTTTPI TTTTTVTPTP 
TPTGTQTPTT TPITTTTTVT PTPTPTGTQT PTTTPITTTT TVTPTPTPTG TQTPTTTPIT TTTTVTPTPT PTGTQTPTTT PITTTTTVTP TPTPTGTQTP 
TTTPITTTTT VTPTPTPTGT QTPTTTPITT TTTVTPTPTP TGTQTPTTTP ITTTTTVTPT PTPTGTQTPT TTPITTTTTV TPTPTPTGTQ TPTTTPITTT 
TTVTPTPTPT GTQTPTTTPI TTTTTVTPTP TPTGTQTPTT TPITTTTTVT PTPTPTGTQT PTTTPITTTT TVTPTPTPTG TQTPTTTPIT TTTTVTPTPT 
PTGTQTPTTT PITTTTTVTP TPTPTGTQTP TTTPITTTTT VTPTPTPTGT QTPTTTPITT TTTVTPTPTP TGTQTPTTTP ITTTTTVTPT PTPTGTQTPT 
TTPITTTTTV TPTPTPTGTQ TPTTTPITTT TTVTPTPTPT GTQTPTTTPI TTTTTVTPTP TPTGTQTPTT TPITTTTTVT PTPTPTGTQT PTTTPITTTT 
TVTPTPTPTG TQTPTTTPIT TTTTVTPTPT PTGTQTPTTT PITTTTTVTP TPTPTGTQTP TTTPITTTTT VTPTPTPTGT QTPTTTPITT TTTVTPTPTP 
TGTQTPTTTP ITTTTTVTPT PTPTGTQTPT TTPITTTTTV TPTPTPTGTQ TPTTTPITTT TTVTPTPTPT GTQTPTTTPI TTTTTVTPTP TPTGTQTPTT 
TPITTTTTVT PTPTPTGTQT PTTTPITTTT TVTPTPTPTG TQTPTTTPIT TTTTVTPTPT PTGTQTPTTT PITTTTTVTP TPTPTGTQTP TTTPITTTTT 
VTPTPTPTGT QTPTTTPITT TTTVTPTPTP TGTQTPTTTP ITTTTTVTPT PTPTGTQTPT TTPITTTTTV TPTPTPTGTQ TPTTTPITTT TTVTPTPTPT 
GTQTPTTTPI TTTTTVTPTP TPTGTQTPTT TPITTTTTVT PTPTPTGTQT PTTTPITTTT TVTPTPTPTG TQTPTTTPIT TTTTVTPTPT PTGTQTPTTT 
PITTTTTVTP TPTPTGTQTP TTTPITTTTT VTPTPTPTGT QTPTTTPITT TTTVTPTPTP TGTQTPTTTP ITTTTTVTPT PTPTGTQTPT TTPITTTTTV 
TPTPTPTGTQ TPTTTPITTT TTVTPTPTPT GTQTPTTTPI TTTTTVTPTP TPTGTQTPTT TPITTTTTVT PTPTPTGTQT PTTTPITTTT TVTPTPTPTG 
TQTPTTTPIT TTTTVTPTPT PTGTQTPTTT PITTTTTVTP TPTPTGTQTP TTTPITTTTT VTPTPTPTGT QTPTTTPITT TTTVTPTPTP TGTQTGPPTH 
TSTAPIAELT TSNPPPESST PQTSRSTSSP LTESTTLLST LPPAIEMTST APPSTPTAPT TTSGGHTLSP PPSTTTSPPG TPTRGTTTGS SSAPTPSTVQ 
TTTTSAWTPT PTPLSTPSII RTTGLRPYPS SVLICCVLND TYYAPGEEVY NGTYGDTCYF VNCSLSCTLE FYNWSCPSTP SPTPTPSKST PTPSKPSSTP 
SKPTPGTKPP ECPDFDPPRQ ENETWWLCDC FMATCKYNNT VEIVKVECEP PPMPTCSNGL QPVRVEDPDG CCWHWECDCY CTGWGDPHYV TFDGLYYSYQ 
GNCTYVLVEE ISPSVDNFGV YIDNYHCDPN DKVSCPRTLI VRHETQEVLI KTVHMMPMQV QVQVNRQAVA LPYKKYGLEV YQSGINYVVD IPELGVLVSY 
NGLSFSVRLP YHRFGNNTKG QCGTCTNTTS DDCILPSGEI VSNCEAAADQ WLVNDPSKPH CPHSSSTTKR PAVTVPGGGK TTPHKDCTPS PLCQLIKDSL 
FAQCHALVPP QHYYDACVFD SCFMPGSSLE CASLQAYAAL CAQQNICLDW RNHTHGACLV ECPSHREYQA CGPAEEPTCK SSSSQQNNTV LVEGCFCPEG 
TMNYAPGFDV CVKTCGCVGP DNVPREFGEH FEFDCKNCVC LEGGSGIICQ PKRCSQKPVT HCVEDGTYLA TEVNPADTCC NITVCKCNTS LCKEKPSVCP 
LGFEVKSKMV PGRCCPFYWC ESKGVCVHGN AEYQPGSPVY SSKCQDCVCT DKVDNNTLLN VIACTHVPCN TSCSPGFELM EAPGECCKKC EQTHCIIKRP 
DNQHVILKPG DFKSDPKNNC TFFSCVKIHN QLISSVSNIT CPNFDASICI PGSITFMPNG CCKTCTPRNE TRVPCSTVPV TTEVSYAGCT KTVLMNHCSG 
SCGTFVMYSA KAQALDHSCS CCKEEKTSQR EVVLSCPNGG SLTHTYTHIE SCQCQDTVCG LPTGTSRRAR RSPRHLGSG 
 
MUC-5AC
MSVGRRKLAL LWALALALAC TRHTGHAQDG SSESSYKHHP ALSPIARGPS GVPLRGATVF PSLRTIPVVR ASNPAHNGRV CSTWGSFHYK TFDGDVFRFP 
GLCNYVFSEH CGAAYEDFNI QLRRSQESAA PTLSRVLMKV DGVVIQLTKG SVLVNGHPVL LPFSQSGVLI QQSSSYTKVE ARLGLVLMWN HDDSLLLELD 
TKYANKTCGL CGDFNGMPVV SELLSHNTKL TPMEFGNLQK MDDPTEQCQD PVPEPPRNCS TGFGICEELL HGQLFSGCVA LVDVGSYLEA CRQDLCFCED 
TDLLSCVCHT LAEYSRQCTH AGGLPQDWRG PDFCPQKCPN NMQYHECRSP CADTCSNQEH SRACEDHCVA GCFCPEGTVL DDIGQTGCVP VSKCACVYNG 
AAYAPGATYS TDCTNCTCSG GRWSCQEVPC PDTCSVLGGA HFSTFDGKQY TVHGDCSYVL TKPCDSSAFT VLAELRRCGL TDSETCLKSV TLSLDGAQTV 
VVIKASGEVF LNQIYTQLPI SAANVTIFRP STFFIIAQTS LGLQLNLQPV PTMQLFMQLA PKLRGQTCGL CGNFNSIQAD DFRTLSGVVE ATAAAFFNTF 
KTQAACPNIR NSFEDPCSLS VENEKYAQHW CSQLTDADGP FGRCHAAVKP GTYYSNCVFD TCNCERSEDC LCAALSSYVH ACAAKGVQLG GWRDGVCTKP 
MTTCPKSMTY HYHVSTCQPT CRSLSEGDIT CSVGFIPVDG CICPKGTFLD DTGKCVQASN CPCYHRGSMI PNGESVHDSG AICTCTHGKL SCIGGQAPAP 
VCAAPMVFFD CRNATPGDTG AGCQKSCHTL DMTCYSPQCV PGCVCPDGLV ADGEGGCITA EDCPCVHNEA SYRAGQTIRV GCNTCTCDSR MWRCTDDPCL 
ATCAVYGDGH YLTFDGQSYS FNGDCEYTLV QNHCGGKDST QDSFRVVTEN VPCGTTGTTC SKAIKIFLGG FELKLSHGKV EVIGTDESQE VPYTIQQMGI 
YLVVDTDIGL VLLWDKKTSI FINLSPEFKG RVCGLCGNFD DIAVNDFATR SRSVVGDVLE FGNSWKLSPS CPDALAPKDP CTANPFRKSW AQKQCSILHG 
PTFAACHAHV EPARYYEACV NDACACDSGG DCECFCTAVA AYAQACHEVG LCVCLRTPSI CPLFCDYYNP EGQCEWHYQP CGVPCLRTCR NPRGDCLRDV 
RGLEGCYPKC PPEAPIFDED KMQCVATCPT PPLPPRCHVH GKSYRPGAVV PSDKNCQSCL CTERGVECTY KAEACVCTYN GQRFHPGDVI YHTTDGTGGC 
ISARCGANGT IERRVYPCSP TTPVPPTTFS FSTPPLVVSS THTPSNGPSS AHTGPPSSAW PTTAGTSPRT RLPTASASLP PVCGEKCLWS PWMDVSRPGR 
GTDSGDFDTL ENLRAHGYRV CESPRSVECR AEDAPGVPLR ALGQRVQCSP DVGLTCRNRE QASGLCYNYQ IRVQCCTPLP CSTSSSPAQT TPPTTSKTTE 
TRASGSSAPS STPGTVSLST ARTTPAPGTA TSVKKTFSTP SPPPVPATST SSMSTTAPGT SVVSSKPTPT EPSTSSCLQE LCTWTEWIDG SYPAPGINGG 
DFDTFQNLRD EGYTFCESPR SVQCRAESFP NTPLADLGQD VICSHTEGLI CLNKNQLPPI CYNYEIRIQC CETVNVCRDI TRLPKTVATT RPTPHPTGAQ 
TQTTFTTHMP SASTEQPTAT SRGGPTATSV TQGTHTTLVT RNCHPRCTWT KWFDVDFPSP GPHGGDKETY NNIIRSGEKI CRRPEEITRV QCRAKSHPEV 
SIEHLGQVVQ CSREEGLVCR NQDQQGPFKM CLNYEVRVLC CETPRGCHMT STPGSTSSSP AQTTPSTTSK TTEIQASGSS APSSTPGTVS LSTARTTPAP 
GTATSVKKTF STPSPPPVPA TSTSSMSTTA PGTSVVSSKP TPTEPSTSSC LQELCTWTEW IDGSYPAPGI NGGDFDTFQN LRDEGYTFCE SPRSVQCRAE 
SFPNTPLGRL GQDVICSHTE GLICLNKNQL PPICYNYEIR IQCCETVNVC RDITRPPKTV ATTRPTPHPT GAQTQTTFTT HMPSASTEQP TATSRGGPTA 
TSVTQGTHTT PVTRNCHPRC TWTTWFDVDF PSPGPHGGDK ETYNNIIRSG EKICRRPEEI TRLQCRAKSH PEVSIEHLGQ VVQCSREEGL VCRNQDQQGP 
FKMCLNIEVR VLCCETPKGC PVTSTPVTAP STPSGRAISP TQSTSSWQKS RTTTLVTTST TSTPQTSTTY AHTTSTTSAP TARTTSAPTT STTSVPTTST 
ISGPKTTPSP VPTTSTTSAA TTSTISAPTT STTSVPGTTP SPVLTTSTTS APTTRTTSAS PAGTTSGPGN TPSPVPTTST ISAPTTSITS APTTSTTSAP 
TSSTTSGPGT TPSPVPTTSI TSAPTTSTTS APTTSTTSAP TTSTTSAPTT STTSAPTTST TSTPTSSTTS TPQTSTTSAS TTSITSGPGT TPSPVPTTST 
TSAPTTSTTS AATTSTISAP TTSTTSAPTT STTSASTASK TSGLGTTPSP IPTTSTTSPP TTSTTSASTA SKTSGPGTTP SPVPTTSTIF APRTSTTSAS 
TTSTTPGPGT TPSPVPTTST ASVSKTSTSH VSISKTTHSQ PVTRDCHLRC TWTKWFDVDF PSPGPHGGDK ETYNNIIRSG EKICRRPEEI TRLQCRAESH 
PEVSIEHLGQ VVQCSREEGL VCRNQDQQGP FKMCLNYEVR VLCCETPKGC PVTSTPVTAP STPSGRATSP TQSTSSWQKS RTTTLVTTST TSTPQTSTTS 
APTTSTTSAP TTSTTSAPTT STTSTPQTSI SSAPTSSTTS APTSSTISAR TTSIISAPTT STTSSPTTST TSATTTSTTS APTSSTTSTP QTSKTSAATS 
STTSSSGTTP SPVTTTSTAS VSKTSTSHVS VSKTTHSQPV TRDCHPRCTW TKWFDVDFPS PGPHGGDKET YNNIIRSGEK ICRRPQEITR LQCRAKSHPE 
VSIEHLGQVV QCSREEGLVC RNQDQQGPFK MCLNYEVRVL CCETPKGCPV TSTSVTAPSP LVGEPPAQTQ STSSWQKSRT TTLVTSSITS TTQTSTTSAP 
TTSTTPASIP STTSAPTTST TSAPTTSTTS APTTSTTSTP QTTTSSAPTS STTSAPTTST ISAPTTSTIS APTTSTTSAP TASTTSAPTS TSSAPTTNTT 
SAPTTSTTSA PITSTISAPT TSTTSTPQTS TISSPTTSTT PTPQTSTTSS PTTSTTSAPT TSTTSAPTTS TTSTPQTSIS SAPTSSTTSA PTASTISAPT 
TSTTSFHTTS TTSPPTSSTS STPQTSKTSA ATSSTTSGSG TTPSPVPTTS TASVSKTSTS HVSVSKTTHS QPVTRDCHPR CTWTKWFDVD FPSPGPHGGD 
KETYNNIIRS GEKICRRPEE ITRLQCRAES HPEVSIEHLG QVVQCSREEG LVCRNQDQQG PFKMCLNYEV RVLCCETPKG CPVTSTPVTA PSTPSGRATS 
PTQSTSSWQK SRTTTLVTTS TTSTPQTSTT SAPTTSTIPA STPSTTSAPT TSTTSAPTTS TTSAPTHRTT SGPTTSTTLA PTTSTTSAPT TSTNSAPTTS 
TISASTTSTI SAPTTSTISS PTSSTTSTPQ TSKTSAATSS TTSGSGTTPS PVPTTSTTSA STTSTTSAPT TSTTSGPGTT PSPVPSTSIT SAATTSTTSA 
PTTRTTSAPT SSMTSGPGTT PSPVPTTSTT SAPTTSTTSG PGTTPSPVPT TSTTSAPITS TTSGPGSTPS PVPTTSTTSA PTTSTTSAST ASTTSGPTTS 
TTSASTTSTI SPLTTSTTSA PITSMPSGPG TTPSPVPTTS TTSAPTTSTT SGPGTTPSPV PTTSTTSAPT TSTTSASTAS TTSGPGTTPS PVPTTSTTSA 
PTTSTTSAST ASTTSGPGTS LSPVPTTSTT SAPTTSTTSG PGTTPSPVPT TSTTSAPTTS TTSGPGTTPS PVPTTSTTPV SKTSTSHLSV SKTTHSQPVT 
SDCHPLCAWT KWFDVDFPSP GPHGGDKETY NNIIRSGEKI CRRPEEITRL QCRAESHPEV NIEHLGQVVQ CSREEGLVCR NQDQQGPFKM CLNYEVRVLC 
CETPRGCPVT SVTPYGTSPT NALYPSLSTS MVSASVASTS VASSSVASSS VAYSTQTCFC NVADRLYPAG STIYRHRDLA GHCYYALCSQ DCQVVRGVDS 
DCPSTTLPPA PATSPSISTS EPVTELGCPN AVPPRKKGET WATPNCSEAT CEGNNVISLS PRTCPRVEKP TCANGYPAVK VADQDGCCHH YQCQCVCSGW 
GDPHYITFDG TYYTFLDNCT YVLVQQIVPV YGHFRVLVDN YFCGAEDGLS CPRSIILEYH QDRVVLTRKP VHGVMTNEII FNNKVVSPGF RKNGIVVSRI 
GVKMYATIPE LGVQVMFSGL IFSVEVPFSK FANNTEGQCG TCTNDRKDEC RTPRGTVVAS CSEMSGLWNV SIPDQPACHR PHPTPTTVGP TTVGSTTVGP 
TTVGSTTVGP TTPPAPCLPS PICHLILSKV FEPCHTVIPP LLFYEGCVFD RCHMTDLDVV CSSLELYAAL CASHDICIDW RGRTGHMCPF TCPADKVYQP 
CGPSNPSYCY GNDSASLGAL REAGPITEGC FCPEGMTLFS TSAQVCVPTG CPRCLGPHGE PVKVGHTVGM DCQECTCEAA TWTLTCRPKL CPLPPACPLP 
GFVPVPAAPQ AGQCCPQYSC ACNTSRCPAP VGCPEGARAI PTYQEGACCP VQNCSWTVCS INGTLYQPGA VVSSSLCETC RCELPGGPPS DAFVVSCETQ 
ICNTHCPVGF EYQEQSGQCC GTCVQVACVT NTSKSPAHLF YPGETWSDAG NHCVTHQCEK HQDGLVVVTT KKACPPLSCS LDEARMSKDG CCRFCPLPPP 
PYQNQSTCAV YHRSLIIQQQ GCSSSEPVRL AYCRGNCGDS SSMYSLEGNT VEHRCQCCQE LRTSLRNVTL HCTDGSSRAF SYTEVEECGC MGRRCPAPGD 
TQHSEEAEPE PSQEAESGSW ERGVPVSPMH 
 
MUC-6
MVQRWLLLSC CGALLSAGLA NTSYTSPGLQ RLKDSPQTAP DKGQCSTWGA GHFSTFDHHV YDFSGTCNYI FAATCKDAFP TFSVQLRRGP DGSISRIIVE 
LGASVVTVSE AIISVKDIGV ISLPYTSNGL QITPFGQSVR LVAKQLELEL EVVWGPDSHL MVLVERKYMG QMCGLCGNFD GKVTNEFVSE EGKFLEPHKF 
AALQKLDDPG EICTFQDIPS THVRQAQHAR ICTQLLTLVA PECSVSKEPF VLSCQADVAA APQPGPQNSS CATLSEYSRQ CSMVGQPVRR WRSPGLCSVG 
QCPANQVYQE CGSACVKTCS NPQHSCSSSC TFGCFCPEGT VLNDLSNNHT CVPVTQCPCV LHGAMYAPGE VTIAACQTCR CTLGRWVCTE RPCPGHCSLE 
GGSFVTTFDA RPYRFHGTCT YILLQSPQLP EDGALMAVYD KSGVSHSETS LVAVVYLSRQ DKIVISQDEV VTNNGEAKWL PYKTRNITVF RQTSTHLQMA 
TSFGLELVVQ LRPIFQAYVT VGPQFRGQTR GLCGNFNGDT TDDFTTSMGI AEGTASLFVD SWRAGNCPAA LERETDPCSM SQLNKVCAET HCSMLLRTGT 
VFERCHATVN PAPFYKRCVY QACNYEETFP HICAALGDYV HACSLRGVLL WGWRSSVDNC TIPCTGNTTF SYNSQACERT CLSLSDRATE CHHSAVPVDG 
CNCPDGTYLN QKGECVRKAQ CPCILEGYKF ILAEQSTVIN GITCHCINGR LSCPQRPQMF LASCQAPKTF KSCSQSSENK FGAACAPTCQ MLATGVACVP 
TKCEPGCVCA EGLYENADGQ CVPPEECPCE FSGVSYPGGA ELHTDCRTCS CSRGRWACQQ GTHCPSTCTL YGEGHVITFD GQRFVFDGNC EYILATDVCG 
VNDSQPTFKI LTENVICGNS GVTCSRAIKI FLGGLSVVLA DRNYTVTGEE PHVQLGVTPG ALSLVVDISI PGRYNLTLIW NRHMTILIRI ARASQDPLCG 
LCGNFNGNMK DDFETRSRYV ASSELELVNS WKESPLCGDV SFVTDPCSLN AFRRSWAERK CSVINSQTFA TCHSKVYHLP YYEACVRDAC GCDSGGDCEC 
LCDAVAAYAQ ACLDKGVCVD WRTPAFCPIY CGFYNTHTQD GHGEYQYTQE ANCTWHYQPC LCPSQPQSVP GSNIEGCYNC SQDEYFDHEE GVCVPCMPPT 
TPQPPTTPQL PTTGSRPTQV WPMTGTSTTI GLLSSTGPSP SSNHTPASPT QTPLLPATLT SSKPTASSGE PPRPTTAVTP QATSGLPPTA TLRSTATKPT 
VTQATTRATA STASPATTST AQSTTRTTMT LPTPATSGTS PTLPKSTNQE LPGTTATQTT GPRPTPASTT GPTTPQPGQP TRPTATETTQ TRTTTEYTTP 
QTPHTTHSPP TAGSPVPSTG PVTATSFHAT TTYPTPSHPE TTLPTHVPPF STSLVTPSTH TVITPTHAQM ATSASNHSAP TGTIPPPTTL KATGSTHTAP 
PITPTTSGTS QAHSSFSTNK TPTSLHSHTS STHHPEVTPT STTTITPNPT STRTRTPVAH TNSATSSRPP PPFTTHSPPT GSSPFSSTGP MTATSFKTTT 
TYPTPSHPQT TLPTHVPPFS TSLVTPSTHT VITPTHAQMA TSASIHSMPT GTIPPPTTLK ATGSTHTAPT MTLTTSGTSQ ALSSLNTAKT STSLHSHTSS 
THHAEATSTS TTNITPNPTS TGTPPMTVTT SGTSQSRSSF STAKTSTSLH SHTSSTHHPE VTSTSTTSIT PNHTSTGTRT PVAHTTSATS SRLPTPFTTH 
SPPTGTTPIS STGPVTATSF QTTTTYPTPS HPHTTLPTHV PSFSTSLVTP STHTVIIPTH TQMATSASIH SMPTGTIPPP TTIKATGSTH TAPPMTPTTS 
GTSQSPSSFS TAKTSTSLPY HTSSTHHPEV TPTSTTNITP KHTSTGTRTP VAHTTSASSS RLPTPFTTHS PPTGSSPFSS TGPMTATSFQ TTTTYPTPSH 
PQTTLPTHVP PFSTSLVTPS THTVIITTHT QMATSASIHS TPTGTVPPPT TLKATGSTHT APPMTVTTSG TSQTHSSFST ATASSSFISS SSWLPQNSSS 
RPPSSPITTQ LPHLSSATTP VSTTNQLSSS FSPSPSAPST VSSYVPSSHS SPQTSSPSVG TSSSFVSAPV HSTTLSSGSH SSLSTHPTTA SVSASPLFPS 
SPAASTTIRA TLPHTISSPF TLSALLPIST VTVSPTPSSH LASSTIAFPS TPRTTASTHT APAFSSQSTT SRSTSLTTRV PTSGFVSLTS GVTGIPTSPV 
TNLTTRHPGP TLSPTTRFLT SSLTAHGSTP ASAPVSSLGT PTPTSPGVCS VREQQEEITF KGCMANVTVT RCEGACISAA SFNIITQQVD ARCSCCRPLH 
SYEQQLELPC PDPSTPGRRL VLTLQVFSHC VCSSVACGD 
        

Multiple myeloma oncogene-1(MUM 1) (別名: Interferon regulatory factor 4:IRF4)
MUM-1
MUM 1 LN X400(右:拡大)
MUM 1(451aa, 約50kDa,Gene:MUM1/IRF4, 6p25-p23, 14446bp)は、 t(6;14)(p25;q32)転座を有する多発性骨髄腫から同定されたInterferon調節因子(IFN-regulatory factor)ファミリーのひとつ(IRF4)。JAK-STATシグナル伝達系における転写促進因子であり、 Interferon Consensus Sequence binding protein for Activated T cells(ICSAT)とかPU.1 Interaction Partner(PIP)などとも呼ばれる。リンパ節胚中心のbcl-6陽性細胞から形質細胞などCD138陽性細胞までの分化段階に発現がみられ、diffuse large B cell lymphoma(DLBCL)などB細胞腫瘍の分類に利用されるが、CD4陽性の活性T細胞やホジキン病のRS細胞などにも発現が認められている。ホルマリン固定組織(FFPE)では要熱処理。
MNLEGGGRGG EFGMSAVSCG NGKLRQWLID QIDSGKYPGL VWENEEKSIF RIQWKHAGKQ DYNREEDAAL FKAWALFKGK FREGIDKPGP 
PTWKTRLRCA LNKSNDFEEL VERSQLDISD PYKVYRIVPE GAKKGAKQLT LEDPQMSMSH PYTMTTPYPS LPAQQVHNYM MPPLDRSWRD 
YVPDQPHPEI PYQCPMTFGP RGHHWQGPAC ENGCQVTGTF YACAPPESQA PGVPTEPSIR SAEALAFSDC RLHICLYYRE ILVKELTTSS 
PEGCRISHGH TYDASNLDQV LFPYPEDNGQ RKNIEKLLSH LERGVVLWMA PDGLYAKRLC QSRIYWDGPL ALCNDRPNKL ERDQTCKLFD 
TQQFLSELQA FAHHGRSLPR FQVTLCFGEE FPDPQRQRKL ITAHVEPLLA RQLYYFAQQN SGHFLRGYDL PEHISNPEDY HRSIRHSSIQ 
E                                                                                      (Mus:93%)
        

Myelin basic protein(MBP) (参考)
MBP
MBP 神経横断 X400
パラフィン切片でミエリンを染める方法
【参考】Os-Tb染色 X400
髄鞘(Myelin sheath)は脂質に富んだ膜が密な層構造を形成して神経軸索(Axon)を幾重にも取り囲んだもので、中枢神経系では乏突起膠細胞(Oligodendrocyte)により、末梢ではSchwann細胞により形成される。構成成分の70%近くが脂質であるため親水性イオンの通過を妨げ電気的絶縁効果を持つと共に軸索上のイオンチャネルをその切れ目であるランヴィエ絞輪に集積させている。ミエリン塩基性蛋白(MBP)は、Myelin proteolipid protein(PLP)と共に中枢神経系ミエリンの主要な構成蛋白であり、Myelin A1 protein、 Myelin membrane encephalitogenic proteinとも呼ばれる304aa,33kDaほど(スプライシングによるisoformあり)のホモ二量体構造をとるリポ蛋白(Gene:18q23;MBP,7exon)である。 なお、多発性硬化症(Multiple sclerosis:MS)では髄鞘が破壊され髄液中のMBPが増加することが知られている。左図はホルマリン固定脳組織で、熱処理をしている。軸索の走行方向に対して縦断面では線状に、輪断面では輪状に反応しておりLFB染色やToluidine-blue染色に代わり得る。(電顕用の準超薄切片と混同されているが、特別な処理をせず通常の方法で処理されたホルマリン固定−パラフィン切片でTluidine-blue染色をしてもミエリンは左図のようには綺麗に染まらない。)ホルマリン固定組織では反応が損なわれやすく熱処理が必要。  (抗体をほとんど使い切ったので削除しました)
MGNHAGKREL NAEKASTNSE TNRGESEKKR NLGELSRTTS EDNEVFGEAD ANQNNGTSSQ DTAVTDSKRT ADPKNAWQDA HPADPGSRPH 
LIRLFSRDAP GREDNTFKDR PSESDELQTI QEDSAATSES LDVMASQKRP SQRHGSKYLA TASTMDHARH GFLPRHRDTG ILDSIGRFFG 
GDRGAPKRGS GKDSHHPART AHYGSLPQKS HGRTQDENPV VHFFKNIVTP RTPPPSQGKG RGLSLSRFSW GAEGQRPGFG YGGRASDYKS 
AHKGFKGVDA QGTLSKIFKL GGRDSRSGSP MARR 
        

Myeloperoxidase (MPO)
MPO
MPO 骨髄 ×400
Myeloperoxidase(MPO)は過酸化水素と塩素イオンから次亜塩素酸ラジカルを発生させる反応の触媒となる酵素(EC1.11.1.7)で、その主な生理的意義は生体内に生じる過酸化水素を基質として分解することと生成されるラジカルの殺菌作用による生体の防御であるが、他にも様々な生体物質の代謝に関係しているらしい。また生成されるラジカルは組織障害性をも持つ。 17q23.1上の遺伝子に支配されるヘム蛋白で、特に好中球では各2本の軽鎖(13.5kD)・重鎖(59kD)から成る四量体を形成し細胞質顆粒のmajor component(細胞内蛋白の5%を占めるといわれる)として強く発現する(これに比べ単球はやや弱い)が、骨髄系細胞に幼弱な段階から一貫して発現しており骨髄生検での細胞鑑別に利用される。ホルマリン固定組織でも可能で、左図のように脱灰処理をした組織でもやや反応が弱いが細胞の鑑別には充分耐える。ただし常染色体劣性遺伝であるMPO欠損症では陰性か、極めて弱い反応しかみられない。 なお、自己抗体である抗好中球細胞質抗体(ANCA:Anti-neutrophil cytoplasmic autoantibody)のうち、p-ANCAの抗原はこのMPOである。
MGVPFFSSLR CMVDLGPCWA GGLTAEMKLL LALAGLLAIL ATPQPSEGAA PAVLGEVDTS LVLSSMEEAK QLVDKAYKER RESIKQRLRS 
GSASPMELLS YFKQPVAATR TAVRAADYLH VALDLLERKL RSLWRRPFNV TDVLTPAQLN VLSKSSGCAY QDVGVTCPEQ DKYRTITGMC 
NNRRSPTLGA SNRAFVRWLP AEYEDGFSLP YGWTPGVKRN GFPVALARAV SNEIVRFPTD QLTPDQERSL MFMQWGQLLD HDLDFTPEPA 
ARASFVTGVN CETSCVQQPP CFPLKIPPND PRIKNQADCI PFFRSCPACP GSNITIRNQI NALTSFVDAS MVYGSEEPLA RNLRNMSNQL 
GLLAVNQRFQ DNGRALLPFD NLHDDPCLLT NRSARIPCFL AGDTRSSEMP ELTSMHTLLL REHNRLATEL KSLNPRWDGE RLYQEARKIV 
GAMVQIITYR DYLPLVLGPT AMRKYLPTYR SYNDSVDPRI ANVFTNAFRY GHTLIQPFMF RLDNRYQPME PNPRVPLSRV FFASWRVVLE 
GGIDPILRGL MATPAKLNRQ NQIAVDEIRE RLFEQVMRIG LDLPALNMQR SRDHGLPGYN AWRRFCGLPQ PETVGQLGTV LRNLKLARKL 
MEQYGTPNNI DIWMGGVSEP LKRKGRVGPL LACIIGTQFR KLRDGDRFWW ENEGVFSMQQ RQALAQISLP RIICDNTGIT TVSKNNIFMS 
NSYPRDFVNC STLPALNLAS WREAS (165-745)
        

Myoblast determination protein 1 (MyoD1,MYOD,Myod-1)
(別名:Myogenic differentiation 1,Myogenic factor 3:Myf-3,MYF3,PUM,Rhabdomyosarcoma marker)
MyoD1
MyoD1 横紋筋肉腫×400
MyoD1(Gene:11p15.4,2.52kb,3 Exon)は塩基性Helix-loop-helix(bHLH)モチーフと呼ばれる構造(下記の1次配列の122-161)を持ち、bHLH family のMyogenic factor subfamilyに属する319aa、約34.5 kDの蛋白。線維芽細胞から筋芽細胞への分化の早期に発現する筋原性の転写因子で、胎生期の骨格筋、心筋細胞の核にみられるほか、筋組織の損傷修復にも不可欠なものといわれる。病理学的には横紋筋肉腫の診断マーカーとして用いられ、ホルマリン固定組織でも熱処理により核内に反応する。
MELLSPPLRD VDLTAPDGSL CSFATTDDFY DDPCFDSPDL RFFEDLDPRL MHVGALLKPE EHSHFPAAVH PAPGAREDEH VRAPSGHHQA 
GRCLLWACKA CKRKTTNADR RKAATMRERR RLSKVNEAFE TLKRCTSSNP NQRLPKVEIL RNAIRYIEGL QALLRDQDAA PPGAAAFYAP 
GPLPPGRGGE HYSGDSDASS PRSNCSDGMM DYSGPPSGAR RRNCYEGAYY NEAPSEPRPG KSAAVSSLDY LSSIVERIST ESPAAPALLL 
ADVPSESPPR RQEAAAPSEG ESSGDPTQSP DAAPQCPAGA NPNPIYQVL    (Can:89.9%,Rat:84.7%,Mus:85.3%,Gal:72.7%)
        

Myoglobin
Myoglobin
Myoglobin 横紋筋肉腫×400
Myoglobinは22q13.1に位置するMB 遺伝子に支配される低分子量(17,200)の蛋白。ヘモグロビンと同様に鉄イオンを含むヘム蛋白質で、骨格筋・心筋の筋細胞内に存在し血中の酸素を細胞内に運搬・貯蔵する機能を担っている。ホルマリン固定組織でも使用可能だが、長期固定により反応が減弱したり周囲に拡散するようなこともある。主に横紋筋由来の腫瘍の鑑別に使用されるが、分化の低いものでは陰性のことがある。また腫瘍の場合は陽性の場合でも一部の細胞のみ反応したり、反応が弱いこともあるので、例えばActin HHF35Sarcomeric actin(Sr-1)MyoD1TroponinSERCAなどとの併用が望ましい。 (Myoglobinは比較的肉腫での明瞭な陽性例は案外少ない。それに対してActinは分化が低くても陽性になりやすい。)
GLSDGEWQLV LNVWGKVEAD IPGHGQEVLI RLFKGHPETL EKFDKFKHLK SEDEMKASED LKKHGATVLT ALGGILKKKG HHEAEIKPLA 
QSHATKHKIP VKYLEFISEC IIQVLQSKHP GDFGADAQGA MNKALELFRK DMASNYKELG FQG
        

Myosin

Myosinは筋肉を構成する主要な蛋白として骨格筋から単離されたが、筋繊維に多量に存在しその収縮に関与するMyosin Uの他に様々ものがあり、細胞内の物質輸送、細胞の分裂や運動など多様な機能を持つとともに細菌から動植物まで広く分布している。その機能とアミノ酸構造からローマ数字表記で19のクラスに分類されているが分子量は種により異なる。基本的構造として重鎖と軽鎖からなり、Ca++依存性に軽鎖のリン酸化酵素(myosin light chain kinase:MLCK)が活性化されると自身がリン酸化されてATPを加水分解しつつアクチン線維上を移動するモーター蛋白または分子モーターとして知られる。

Myosin Heavy chain, smooth muscle isoform (SMMHC,smMHC,MYH11) (参考)
Myosin,heavy chain
SMMHC 乳腺筋上皮 ×400
Myosin II は、2本の重鎖と必須軽鎖(Essential light chain:ELC)、調節軽鎖(Regulatory light chain:RLC)各2本からなる6量体をしており、平滑筋型、骨格筋型などのisoformがある。heavy chain 11(MYH11)と呼ばれる平滑筋型重鎖(SMMHC,Gene:16p13.13-13.12;MYH11,29 Exon)は 1972aa,約230kD、球状の「頭部」と線維状の「尾部」からなり、2分子が互いに尾部を絡ませた2つの精子のような恰好をしている。頭部はActin結合部やATP結合部を含み、首を振るように動いて筋肉を収縮させるのでモーター蛋白あるいは分子モーターと呼ばれている。ホルマリン固定組織:要熱処理。  (現在、リスト非掲載です)

MAQKGQLSDD EKFLFVDKNF INSPVAQADW AAKRLVWVPS EKQGFEAASI KEEKGDEVVV ELVENGKKVT VGKDDIQKMN PPKFSKVEDM AELTCLNEAS 
VLHNLRERYF SGLIYTYSGL FCVVVNPYKH LPIYSEKIVD MYKGKKRHEM PPHIYAIADT AYRSMLQDRE DQSILCTGES GAGKTENTKK VIQYLAVVAS 
SHKGKKDTSI TGELEKQLLQ ANPILEAFGN AKTVKNDNSS RFGKFIRINF DVTGYIVGAN IETYLLEKSR AIRQARDERT FHIFYYMIAG AKEKMRSDLL 
LEGFNNYTFL SNGFVPIPAA QDDEMFQETV EAMAIMGFSE EEQLSILKVV SSVLQLGNIV FKKERNTDQA SMPDNTAAQK VCHLMGINVT DFTRSILTPR 
IKVGRDVVQK AQTKEQADFA VEALAKATYE RLFRWILTRV NKALDKTHRQ GASFLGILDI AGFEIFEVNS FEQLCINYTN EKLQQLFNHT MFILEQEEYQ 
REGIEWNFID FGLDLQPCIE LIERPNNPPG VLALLDEECW FPKATDKSFV EKLCTEQGSH PKFQKPKQLK DKTEFSIIHY AGKVDYNASA WLTKNMDPLN 
DNVTSLLNAS SDKFVADLWK DVDRIVGLDQ MAKMTESSLP SASKTKKGMF RTVGQLYKEQ LGKLMTTLRN TTPNFVRCII PNHEKRSGKL DAFLVLEQLR 
CNGVLEGIRI CRQGFPNRIV FQEFRQRYEI LAANAIPKGF MDGKQACILM IKALELDPNL YRIGQSKIFF RTGVLAHLEE ERDLKITDVI MAFQAMCRGY 
LARKAFAKRQ QQLTAMKVIQ RNCAAYLKLR NWQWWRLFTK VKPLLQVTRQ EEEMQAKEDE LQKTKERQQK AENELKELEQ KHSQLTEEKN LLQEQLQAET 
ELYAEAEEMR VRLAAKKQEL EEILHEMEAR LEEEEDRGQQ LQAERKKMAQ QMLDLEEQLE EEEAARQKLQ LEKVTAEAKI KKLEDEILVM DDQNNKLSKE 
RKLLEERISD LTTNLAEEEE KAKNLTKLKN KHESMISELE VRLKKEEKSR QELEKLKRKL EGDASDFHEQ IADLQAQIAE LKMQLAKKEE ELQAALARLD 
DEIAQKNNAL KKIRELEGHI SDLQEDLDSE RAARNKAEKQ KRDLGEELEA LKTELEDTLD STATQQELRA KREQEVTVLK KALDEETRSH EAQVQEMRQK 
HAQAVEELTE QLEQFKRAKA NLDKNKQTLE KENADLAGEL RVLGQAKQEV EHKKKKLEAQ VQELQSKCSD GERARAELND KVHKLQNEVE SVTGMLNEAE 
GKAIKLAKDV ASLSSQLQDT QELLQEETRQ KLNVSTKLRQ LEEERNSLQD QLDEEMEAKQ NLERHISTLN IQLSDSKKKL QDFASTVEAL EEGKKRFQKE 
IENLTQQYEE KAAAYDKLEK TKNRLQQELD DLVVDLDNQR QLVSNLEKKQ RKFDQLLAEE KNISSKYADE RDRAEAEARE KETKALSLAR ALEEALEAKE 
ELERTNKMLK AEMEDLVSSK DDVGKNVHEL EKSKRALETQ MEEMKTQLEE LEDELQATED AKLRLEVNMQ ALKGQFERDL QARDEQNEEK RRQLQRQLHE 
YETELEDERK QRALAAAAKK KLEGDLKDLE LQADSAIKGR EEAIKQLRKL QAQMKDFQRE LEDARASRDE IFATAKENEK KAKSLEADLM QLQEDLAAAE 
RARKQADLEK EELAEELASS LSGRNALQDE KRRLEARIAQ LEEELEEEQG NMEAMSDRVR KATQQAEQLS NELATERSTA QKNESARQQL ERQNKELRSK 
LHEMEGAVKS KFKSTIAALE AKIAQLEEQV EQEAREKQAA TKSLKQKDKK LKEILLQVED ERKMAEQYKE QAEKGNARVK QLKRQLEEAE EESQRINANR 
RKLQRELDEA TESNEAMGRE VNALKSKLRR GNETSFVPSR RSGGRRVIEN ADGSEEETDT RDADFNGTKA SE  
                                                                                  (Rab:86%,Mus:84%,Gal:79%)