株式会社 協同病理
細胞外基質・分解酵素
最終更新日:2013.05.11

■ 細胞外基質蛋白 ■ Extracellular Matrix
Anti- 抗体名 略称 別名 HOST CLONE名 適用
Human Collagen type I Col-1   Goat Poly P*
Human Collagen type II Col-2   Rabbit Poly P*
Human Collagen type III Col-3   Rabbit Poly P*
Human Collagen type IV Col-4   Mouse CIV22 P*
Human Collagen type IV Col-4   Mouse PHM-12 P*
Human Elastin     Mouse BA-4 P*
Bovine* Elastin   LFA-2,T11 Rabbit Poly P*
Human Fibronectin Fnec   Mouse 568 P
Human Laminin Lam   Mouse LAM-89 P*
Human Osteopontin OP   Mouse OP3N P*
Human Tenascin C TN-C   Mouse 49 P*
Hyaluronic acid  
Human HCAM CD44 Hyalronate receptor,Pgp-1 Mouse F10-44-2 F/P*
Hyaluronic acid binding protein HABP 厳密には免疫反応ではありません。
詳細はアルファベット索引を参照下さい。
Bovin   P*
Proteoglycan(膜型を含む)  
  Proteoglycan ΔDi-4S PG4S Chondroitin sulfate A Mouse 2B6 P
  Proteoglycan ΔDi-6S PG6S Chondroitin sulfate C Mouse 3B3 P
Human Glypican-3 GPC3 MXR7, OCI5 Mouse 1G12 P*
Human Syndecan-1 CD138 CD138 Mouse 5F7 P*
Matrix metalloproteinase  
Human Matrix metalloproteinase 1 MMP1 (EC3.4.24.7)Collagenase-1 Mouse 3B6 P*
Human Matrix metalloproteinase 2 MMP2 (EC3.4.24.24)Type IV collagenase,
Gelatinase A
Mouse 17B11 P*
Human Matrix metalloproteinase 3 MMP3 (EC3.4.24.17)Stromelysin 1,
Proteoglycanase
Mouse 1B4 P*
Human Matrix metalloproteinase 7 MMP7 (EC3.4.24.33)Matrilysin,PUMP-1 Rabbit poly P
Human Matrix metalloproteinase 9 MMP9 (EC3.4.24.35)Type IV collagenase,
Gelatinase B
Mouse 2C3 P*
Human Matrix metalloproteinase 12 MMP12 (EC3.4.24.65)Macrophage elastase Mouse 82902 P


■ Extracellular Matrix ■
細胞外基質 (Extracellular matrix:ECM)は大量の水分を含みゲル状となった多糖類及びその蛋白複合体であるProteoglycanと、Collagenなどの線維状蛋白から成り、皮膚、骨、軟骨などの結合織や粘膜間質に主に見られる。これらの分子は単に細胞間を埋めたり、細胞を固定するだけの存在ではなく、細胞に様々な情報を伝えその分化や増殖を促す働きをしている。また、細胞はECM成分を生産するとともにMatrix metalloproteinase(MMP)などECMを分解する酵素も産生分泌しており、ECMの代謝が行われている。

Proteoglycan(PG)は中心を成すコア蛋白core proteinにGlycosaminoglycan(GAG)と呼ばれる多糖類(単糖2種以上から構成される複合多糖:Heteroglycan。動物の結合組織や体液中に含まれるものは「ムコ多糖類」とも呼ばれアミノ酸を含む)がヒゲ状に多数共有結合したもので、Hyaluron酸Collagenなどと結合してECMを形成している。 Versican,Decorin,Biglycan,Neurocan,Phosphacanなど異なったコア蛋白を持つPGが分かっており、Collagenのtype IXや基底膜のPerlecan、上皮細胞膜(膜型Proteoglycanと呼ばれる)のSyndecanGlypicanなどもProteoglycan familyに含まれる。(これらは蛋白分子としての分類)

・一方、GAGは主にウロン酸(uronic acid:UA)と総称されるD-グルクロン酸(glucuronic acid:GlcA)またはL-イズロン酸(iduronic acid:IdoA)と、アセチル化されたgalactosamine(GalNAc)またはglucosamine(GlcNAc)から成り(ケラタン硫酸を除く)、コンドロイチン硫酸(Chondroitin sulfate:ChS,CS)/デルマタン硫酸(Dermatan sulfate:DS)、ヘパラン硫酸(Heparan sulfate:HS)/ヘパリン(Heparin:HP)、ケラタン硫酸(Keratan sulafate:KS)、、ヒアルロン酸(Hyaluronic acid:HA)などがある。硫酸基を持たないHAを除き、core蛋白と結合してPGの成分となり、含まれる硫酸基・カルボキシル基により大量の水分を保持している。従ってPGはGAGの種類によってCSPG、DSPG、HSPG、KSPGにも分類できる。(これは多糖類からの分類)
CSはGlcAとGalNAcから成り、硫酸基の結合位置の違いによりA〜Eがある。(DSはCSのうちのコンドロイチン硫酸B)CSを含むPGにはNeurocan、Phosphacan、Bikunin、Versicanや、HAと巨大複合体を形成するAggrecanなどがあり、主に関節軟骨・骨や象牙質に含まれ、DSを含むPGは主に皮膚に分布し、BiglycanやDecorinなどがある。HPとHSはGlcAα1-4GlcNAcとIdoAα1-4GlcNAcの2種類があり、前者ではIdoAが、後者はGlcAが多い。HSを含むPGは肥満細胞などに含まれGlypican、Perlecanなどがある。KS(Galβ1-4GlcNAc)はUAの代わりにGalactoseを有しており角膜や軟骨、椎間板などに含まれ、KSPGにはkeratocan、lumicanなどがある。 HAはGlcAとGlcNAcが交互に直鎖状に連なった高分子で硝子体、関節、皮膚などに含まれる。

なお、これらの多糖類はカルボキシル基を含むUAや硫酸エステルに富むため「酸性粘液(ムコ)多糖類」とも呼ばれ、Alcian blue/green染色や高鉄ジアミン(HID)染色などでよく染められ、種類の同定のためにはChodroitinase(A,B,C)やHyaluronidaseなどの酵素による消化試験が用いられる。また、GalactosamineやGlucosamineの末端にシアル酸(sialic acid)を含む場合もNeuraminidaseによる消化試験が用いられる。

・線維状の蛋白としては膠原線維などに含まれるCollagen(type1)、弾性線維に含まれるElastin、基底膜に含まれるLamininやCollagen typeIV、軟骨基質に含まれるCollagen typeII、骨基質に含まれるOsteopontin、皮膚や血漿に含まれるVitronectinやFibronectinなどがある。

Glycosaminoglycan(GAG)とProteoglycan(PG)
Glycosaminoglycan 基本糖鎖 主なProteoglycan
Hyaluronic acid GlcAβ1-3GlcNAc  
Chondroitin sulfate GlcAβ1-3GalNAc Aggrecan,Versican,Biglycan,Neurocan,Brevicanなど
Dermatan sulfate IdoAβ1-3GalNAc Biglycan,Decorinなど
Heparan sulfate GlcAα1-4GlcNAc
IdoAα1-4GlcNAc
Perlecan,Syndecan,Glypicanなど
Keratan sulfate Galβ1-4GlcNAc Lumican,Keratocanなど
Matrix metalloproteinase (MMP)の分類
Collagenase family MMP1:Collagenase-1 MMP8:Collagenase-2 MMP13:Collagenase-3
Gelatinase family MMP2:Gelatinase A MMP9:Gelatinase B (Type IV collagenaseとも)
Stromelysin family MMP3:Stromelysin-1 MMP10:Stromelysin-2
MMP11:Stromelysin-3
 
その他 MMP7:Matrilysin MMP12:Macophage Elastase MMP20:Enamelysin
Membrane type(MT)
膜結合型
MMP14:MT1,MMP15:MT2,MMP16:MT3,MMP17:MT4,
MMP24:MT5,MMP25:MT6
Matrix metalloproteinase (MMP)の基質
細胞外基質 接着分子 receptor 分解酵素 protease
Collagen I VLA1,VLA2,VLA3など MMP1,MMP8,MMP9,MMP13,MMP14,MMP15,MMP16
Collagen II VLA1,VLA2,VLA3など MMP1,MMP3,MMP8,MMP13,MMP14,MMP15
Collagen III VLA1,VLA2,VLA3など MMP1,MMP8,MMP9,MMP13,MMP14,MMP15,MMP16
Collagen IV VLA1,VLA2,VLA3など MMP2,MMP3,MMP7,MMP9,MMP10,MMP13
Collagen V VLA1,VLA2,VLA3など MMP1,MMP2,MMP8,MMP13
Fibronectin VLA4,VLA5,VLA8 MMP2,MMP3,MMP10,MMP13,MMP14,MMP15,MMP16,MMP17
Laminin VLA3,VLA6,VLA7など MMP2,MMP9,MMP10,MMP13,MMP14
Elastin   MMP2,MMP7,MMP9,MMP12(Elastase)
Vitronectin Integrinαv,β3など MMP14,MMP15,MMP16
Proteoglycan   MMP2,MMP3,MMP7,MMP9,MMP10,MMP14,MMP19,MMP20
Matrix metalloproteinase (MMP)の別名
MMP1 EC 3.4.24.7:Collagenase-1,Fibroblast collagenase,Interstitial collagenase,Tissue collagenase
MMP2 EC 3.4.24.24:Gelatinase A,72kD gelatinase,Type IV collagenase,TBE-1
MMP3 EC 3.4.24.17:Stromelysin-1(SL-1),Procollagenase,PTR1 protein SL-1,Transin-1
MMP7 EC 3.4.24.33:Matrilysin, Matrin,PUMP-1 protease,Uterine metalloproteinase
MMP8 EC 3.4.24.34:Collagenase-2,Neutrophil collagenase,PMNL collagenase
MMP9 EC 3.4.24.35:Gelatinase B,92kD gelatinase,92kD gelatinase/Type IV collagenase
MMP10 EC 3.4.24.22:Stromelysin-2,SL-2,Transin-2
MMP11 Stromelysin-3,SL-2,Transin-2
MMP12 EC 3.4.24.65:Macrophage metalloproteinase,Macrophage elastase,MME,HME
MMP13 Collagenase-3
MMP14 Membrane type1-MMP(MT1-MMP)
MMP15 Membrane type2-MMP(MT2-MMP)
MMP16 Membrane type3-MMP(MT3-MMP)
MMP17 Membrane type4-MMP(MT4-MMP)
MMP18 Xenopus collagenase-4(x-Col4)
MMP19 RASI-1
MMP20 Enamelysin
MMP23 CA-MMP
MMP24 Membrane type5-MMP(MT5-MMP)
(資料によって若干の食い違いがあります。)